HOME 高校

2024.05.20

ガードナ・レイチェル麻由が七種県高校新の5061点 菊田響生が3冠 向田泰誠が長距離2種目大会新/IH神奈川県大会
ガードナ・レイチェル麻由が七種県高校新の5061点 菊田響生が3冠 向田泰誠が長距離2種目大会新/IH神奈川県大会

ガードナ・レイチェル麻由(法政二2)

福岡インターハイ(7月28日~8月1日)に向けた都府県大会が5月上旬から各地で行われ、高校生たちが熱い戦いを繰り広げている。

神奈川県大会は5月11日~12日、18日~19日の4日間、三ッ沢公園陸上競技場で行われ、各種目に好記録が生まれた。

ガードナ・レイチェル麻由(法政二2)は大会1日目の走高跳で1m69の自己新で2位と好調。さらに昨年のインターハイで5位に入っている七種競技では、前半4種目のうち100mハードル、砲丸投、200mで自己新、走高跳も混成内自己タイと快進撃を見せた。

後半3種目に自己新はなかったものの、最終種目800mは直後にある4×400mリレーを見据えながらのレース。神奈川県高校記録(5026点/藤沼朱音・希望ケ丘)を11年ぶりに更新する5061点で優勝した。「今回の目標は大会記録(4834)で、県高校新はインターハイまでの目標だったのでびっくりしています」とガードナ。アンカーを務めた4×400mリレーは2位に入っている。

高水準の男子トラックでは、菊田響生(法政二3)が3冠を達成。ホームストレートが強い向かい風が吹くなか、400m47秒14、400mハードル51秒03(大会新)と、全国トップクラスの走り。2走を務めた4×400mリレーは相洋を抑えてトップに立ち、3分11秒72の好記録に貢献した。

男子長距離は向田泰誠(三浦学苑3)が3000m障害と5000mの2種目を大会新で制覇。3000m障害は序盤から後続をちぎり9分01秒17。5000m(14分24秒83)は残り400mからの強力なスパートで他を圧倒した。

また、男子3種目を制覇した保土ケ谷。男子200mは榎陸斗(3年)が強い向かい風(-2.5)の中で21秒37。男子800mは末吉琉衣(3年)が競り勝ち、自己記録をおよそ3秒更新する1分51秒68。男子5000m競歩の及川集雅(3年)は2位に1分11秒余りの差をつける21分32秒94で歩き切った。

女子は畑優希(相洋3)がただ1人の個人2冠。100mハードル13秒88(-0.4)、400mハードル59秒84と全国に通じる記録をそろえた。リレーを含む2冠は3人で、4×100mリレー制覇の東海大相模メンバーから、望月美希(1年)とカン高橋アディーナ(3年)。100mで望月とカン高橋が100分の1秒差でのワン・ツー。200mはカン高橋が制した。もう1人は400mVの富田絢華(相洋)。相洋の4×400mリレーは富田ら、高水準のメンバーが力を見せつけ3分40秒71。2019年に同校がマークした大会記録まであと0.42秒と迫った。

また、全国大会優勝経験者が着実に1位をもぎ取り、好発進。全中女子走高跳覇者の鴨田るな(東海大相模1)がガードナを試技差で抑えた(1m69)。女子やり投はU18大会Vの吉田さくら(相模原弥栄3)は46m79を放ち、全国を見据えている。

学校対抗では男女ともに法政二が総合優勝を果たした。男子は、最終種目4×400mリレーの優勝で川崎橘を逆転し、88点を獲得。両校は1点差だった。女子は14種目で得点を挙げて124点。ただ1校だけ100点を越えた。

南関東大会は6月14日から4日間、東京・駒沢競技場で行われる。
文/奥村 崇

福岡インターハイ(7月28日~8月1日)に向けた都府県大会が5月上旬から各地で行われ、高校生たちが熱い戦いを繰り広げている。 神奈川県大会は5月11日~12日、18日~19日の4日間、三ッ沢公園陸上競技場で行われ、各種目に好記録が生まれた。 ガードナ・レイチェル麻由(法政二2)は大会1日目の走高跳で1m69の自己新で2位と好調。さらに昨年のインターハイで5位に入っている七種競技では、前半4種目のうち100mハードル、砲丸投、200mで自己新、走高跳も混成内自己タイと快進撃を見せた。 後半3種目に自己新はなかったものの、最終種目800mは直後にある4×400mリレーを見据えながらのレース。神奈川県高校記録(5026点/藤沼朱音・希望ケ丘)を11年ぶりに更新する5061点で優勝した。「今回の目標は大会記録(4834)で、県高校新はインターハイまでの目標だったのでびっくりしています」とガードナ。アンカーを務めた4×400mリレーは2位に入っている。 高水準の男子トラックでは、菊田響生(法政二3)が3冠を達成。ホームストレートが強い向かい風が吹くなか、400m47秒14、400mハードル51秒03(大会新)と、全国トップクラスの走り。2走を務めた4×400mリレーは相洋を抑えてトップに立ち、3分11秒72の好記録に貢献した。 男子長距離は向田泰誠(三浦学苑3)が3000m障害と5000mの2種目を大会新で制覇。3000m障害は序盤から後続をちぎり9分01秒17。5000m(14分24秒83)は残り400mからの強力なスパートで他を圧倒した。 また、男子3種目を制覇した保土ケ谷。男子200mは榎陸斗(3年)が強い向かい風(-2.5)の中で21秒37。男子800mは末吉琉衣(3年)が競り勝ち、自己記録をおよそ3秒更新する1分51秒68。男子5000m競歩の及川集雅(3年)は2位に1分11秒余りの差をつける21分32秒94で歩き切った。 女子は畑優希(相洋3)がただ1人の個人2冠。100mハードル13秒88(-0.4)、400mハードル59秒84と全国に通じる記録をそろえた。リレーを含む2冠は3人で、4×100mリレー制覇の東海大相模メンバーから、望月美希(1年)とカン高橋アディーナ(3年)。100mで望月とカン高橋が100分の1秒差でのワン・ツー。200mはカン高橋が制した。もう1人は400mVの富田絢華(相洋)。相洋の4×400mリレーは富田ら、高水準のメンバーが力を見せつけ3分40秒71。2019年に同校がマークした大会記録まであと0.42秒と迫った。 また、全国大会優勝経験者が着実に1位をもぎ取り、好発進。全中女子走高跳覇者の鴨田るな(東海大相模1)がガードナを試技差で抑えた(1m69)。女子やり投はU18大会Vの吉田さくら(相模原弥栄3)は46m79を放ち、全国を見据えている。 学校対抗では男女ともに法政二が総合優勝を果たした。男子は、最終種目4×400mリレーの優勝で川崎橘を逆転し、88点を獲得。両校は1点差だった。女子は14種目で得点を挙げて124点。ただ1校だけ100点を越えた。 南関東大会は6月14日から4日間、東京・駒沢競技場で行われる。 文/奥村 崇

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.18

女子短距離の山中日菜美が地元・滋賀のマリングレイスとスポンサー契約を締結

女子短距離の山中日菜美(滋賀陸協)と株式会社マリングレイスがスポンサー契約を締結したことを発表した。 山中は滋賀県出身の27歳。立命大を経て、大学卒業1年目の2019年には世界リレー代表にも選出された。2022年に実業団 […]

NEWS サニブラウン主宰「DAWN GAMES」東日本予選にもバドミントンの桃田賢斗がゲスト参加!小学校低学年50mも追加

2024.06.18

サニブラウン主宰「DAWN GAMES」東日本予選にもバドミントンの桃田賢斗がゲスト参加!小学校低学年50mも追加

男子100m2大会連続世界選手権ファイナリストでパリ五輪代表に内定しているサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)が主宰する小中高生を対象とした100mの競技会「DAWN GAMES(ドーンゲームス)」の東日本エリア予選 […]

NEWS サニブラウン主宰の「DAWN GAMES」西日本予選が開催!約400人が参加、各カテゴリー4人が決勝大会へ

2024.06.18

サニブラウン主宰の「DAWN GAMES」西日本予選が開催!約400人が参加、各カテゴリー4人が決勝大会へ

男子短距離のサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)が企画した100mの競技会「DAWN GAMES」の西日本予選が去る6月9日、大阪・ヤンマースタジアム長居で行われた。 この大会は「陸上人口を増やし、層を厚くしたい」「 […]

NEWS 【プレゼント】ニシ・スポーツの 「ジャカードレーシングTシャツ」&「WGレーシングショートタイツ」/2024年7月号

2024.06.18

【プレゼント】ニシ・スポーツの 「ジャカードレーシングTシャツ」&「WGレーシングショートタイツ」/2024年7月号

ニシ・スポーツから新登場した2024年春夏モデルの「HIGH TECH LINE」シリーズが好評だ。 なかでも、機能性を追求した「ジャカードレーシングTシャツ」は、胸・背・脇に配したエアーダクトホール、吸汗速乾性のある素 […]

NEWS 中島佑気ジョセフがバハマで45秒49 シーズンベストで優勝 日本選手権前に弾み

2024.06.18

中島佑気ジョセフがバハマで45秒49 シーズンベストで優勝 日本選手権前に弾み

WAコンチネンタルツアー・チャレンジャーのNACACニューライフ招待が6月16日にバハマで行われ、男子400mに中島佑気ジョセフ(富士通)が出場。45秒49のシーズンベストで優勝した。 中島は、東洋大4年だった昨年の日本 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top