月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【400mH】イブラヒム愛紗56秒50日本歴代6位の快走で初V/日本選手権


◇第104回日本選手権(10月1日~3日/新潟・デンカビッグスワンスタジアム)最終日
女子400mハードルで上り調子のハードラーが快走を見せた。日本インカレでも自己新の57秒50をマークして優勝していたイブラヒム愛紗(札幌国際大)が、さらに1秒自己記録を更新する日本歴代6位の56秒50で初優勝を飾った。

「目標は57秒前半だった」というイブラヒム。決勝は身体も動き、「いつも8台目までを16歩で行くのですが、15歩で行きました」と、課題としていた局面でのスピードダウンを抑えたことが勝利へとつながった。

今季好調の理由は「わかりません」と照れ笑い。神奈川出身。北海道の札幌国際大に進学してから「がむしゃらだった走りが、しっかり考える部分が増えたと思います」と言う。「まだまだ走力もハードル技術も足りないので、修正して自分の走りを磨いていきたい」と目を輝かせていた。

4着に入った高校生の山本亜美(京都橘高)が57秒43の高校歴代2位をマークした。

■女子400mH成績
イブラヒム愛紗(札幌国際大)56.50
宇都宮絵莉(長谷川体育施設)57.09
伊藤 明子(セレスポ)   57.34
山本 亜美(京都橘高)   57.43
小山 佳奈(早大)     57.44
関本 萌香(早大)   57.89
津川 瑠衣(早大)     58.21
川村 優佳(早大)     58.38

■400mH日本歴代7傑
55.34久保倉里美11年
55.89吉田真希子03年
55.94青木沙弥佳08年
55.99田子 雅10年
56.21米田 知美12年
56.50イブラヒム愛紗20年
56.63吉良 愛美14年



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com