HOME 高校

2024.05.14

1年生・菅野翔唯 男子100m制覇 800m山鹿快琉は大会新V 小館なみえが女子投てき3冠/IH群馬県大会
1年生・菅野翔唯 男子100m制覇 800m山鹿快琉は大会新V 小館なみえが女子投てき3冠/IH群馬県大会

23年U18大会男子800mに出場した山鹿快琉

7月から8月にかけて行われる福岡インターハイに向けた都府県大会が5月上旬から各地で行われ、高校生たちが熱い戦いを繰り広げている。

群馬県大会は5月10日~13日の4日間、正田醤油スタジアム群馬(群馬県立敷島公園陸上競技場)で行われた。

男子4×100mリレーでは東農大二が予選から40秒52と大会記録を更新。翌日の決勝では予選のタイムをさらに上回る40秒43の大会新記録で優勝した。また、1走を務めた1年の菅野翔唯が、100mでも10秒78(-1.6)の好記録でV。昨年10秒72の県中学記録を打ち立てたルーキーが、早くも高校で結果を残している。

初日の男子400mを47秒76で制した山鹿快琉(前橋育英3)は、その勢いのまま13日の800mも1分51秒97の大会新でフィニッシュした。

ハードル種目では、U18大会男子110mハードルで優勝している橋本悠(東農大二3)が、男子110mハードルの準決勝で14秒52(+1.2)の大会新をマークし、自身が持つ大会記録を0.10秒更新。決勝では記録更新には及ばなかったが14秒78(-0.7)で3連覇を果たすと、400mハードル(51秒48)でも頂点に立ち2種目で優勝を飾った。橋本は4×400mリレーでもアンカーとして東農大二の優勝に貢献している。

女子100mハードルでは、横山涼葉(共愛学園3)が予選で14秒01(-0.4)と大会新。決勝では追い風を味方にさらに記録を伸ばし13秒75(+0.9)で3連覇を果たした。横山は4×100mリレー(47秒08/3走)と4×400mリレー(3分54秒31/2走)でも活躍し、共愛学園の総合優勝に貢献した。

投てき種目では小館なみえ(樹徳2)が、女子砲丸投(11m85)と円盤投(34m29)、やり投(47m14)の3種目でトップに輝いた。

男子総合はリレーなどトラック種目で活躍の目立った東農大二が97.5点と2位の前橋育英と大差をつけて圧倒的な勝利を飾った。女子はトラック種目や混成種目で得点を重ねた共愛学園が89.5点で優勝している。

北関東大会は6月14日から4日間、東京都の駒沢競技場で行われる。

7月から8月にかけて行われる福岡インターハイに向けた都府県大会が5月上旬から各地で行われ、高校生たちが熱い戦いを繰り広げている。 群馬県大会は5月10日~13日の4日間、正田醤油スタジアム群馬(群馬県立敷島公園陸上競技場)で行われた。 男子4×100mリレーでは東農大二が予選から40秒52と大会記録を更新。翌日の決勝では予選のタイムをさらに上回る40秒43の大会新記録で優勝した。また、1走を務めた1年の菅野翔唯が、100mでも10秒78(-1.6)の好記録でV。昨年10秒72の県中学記録を打ち立てたルーキーが、早くも高校で結果を残している。 初日の男子400mを47秒76で制した山鹿快琉(前橋育英3)は、その勢いのまま13日の800mも1分51秒97の大会新でフィニッシュした。 ハードル種目では、U18大会男子110mハードルで優勝している橋本悠(東農大二3)が、男子110mハードルの準決勝で14秒52(+1.2)の大会新をマークし、自身が持つ大会記録を0.10秒更新。決勝では記録更新には及ばなかったが14秒78(-0.7)で3連覇を果たすと、400mハードル(51秒48)でも頂点に立ち2種目で優勝を飾った。橋本は4×400mリレーでもアンカーとして東農大二の優勝に貢献している。 女子100mハードルでは、横山涼葉(共愛学園3)が予選で14秒01(-0.4)と大会新。決勝では追い風を味方にさらに記録を伸ばし13秒75(+0.9)で3連覇を果たした。横山は4×100mリレー(47秒08/3走)と4×400mリレー(3分54秒31/2走)でも活躍し、共愛学園の総合優勝に貢献した。 投てき種目では小館なみえ(樹徳2)が、女子砲丸投(11m85)と円盤投(34m29)、やり投(47m14)の3種目でトップに輝いた。 男子総合はリレーなどトラック種目で活躍の目立った東農大二が97.5点と2位の前橋育英と大差をつけて圧倒的な勝利を飾った。女子はトラック種目や混成種目で得点を重ねた共愛学園が89.5点で優勝している。 北関東大会は6月14日から4日間、東京都の駒沢競技場で行われる。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.25

P-T-Sミーティング・女子走幅跳で秦澄美鈴が2位 男子200m西裕大が3位/WAコンチネンタルツアー

世界陸連(WA)コンチネンタルツアーシルバーのP-T-Sミーティングが5月24日、スロバキアのバンスカー・ビストリツァで行われ、女子走幅跳で秦澄美鈴(住友電工)が6m52(+0.3)で2位だった。 日本記録(6m97)保 […]

NEWS 女子10000m競歩・柳井綾音が日本学生新でV3! 「この場で記録を出すことができてうれしい」/関西IC

2024.05.25

女子10000m競歩・柳井綾音が日本学生新でV3! 「この場で記録を出すことができてうれしい」/関西IC

◇第101回関西インカレ(5月22日~25日/京都・たけびしスタジアム京都) 関西インカレのT&Fの部最終日が行われ、競歩の男女混合リレーでパリ五輪代表に内定している柳井綾音(立命大3)が女子10000m競歩で44分21 […]

NEWS 米国留学の石井優吉が800mで1分46秒22! 日本人男子でサニブラウン以来の全米学生選手権へ

2024.05.25

米国留学の石井優吉が800mで1分46秒22! 日本人男子でサニブラウン以来の全米学生選手権へ

全米学生選手権出場を懸けた東部地区予選の男子800mに石井優吉(ペンシルベニア州立大)が出場し、3組行われた決勝ラウンドの1組目で1分46秒22の日本歴代7位タイをマークした。 各組3着までと記録上位3人がラウンドを通過 […]

NEWS 女子やり投・篠田佳奈が自己新V 57m63で堂々3連覇 「60m近くの感触があった」/関西IC

2024.05.25

女子やり投・篠田佳奈が自己新V 57m63で堂々3連覇 「60m近くの感触があった」/関西IC

◇第101回関西インカレ(5月22日~25日/京都・たけびしスタジアム京都) 関西インカレのT&Fの部3日目が行われ、女子やり投で4年生の篠田佳奈(京大)が4投目に57m63の自己ベストを投げ大会3連覇を飾った。 昨年は […]

NEWS サニブラウン主催「DAWN GAMES」本格始動!小中高100m大会、6月に東西で予選

2024.05.24

サニブラウン主催「DAWN GAMES」本格始動!小中高100m大会、6月に東西で予選

男子100m2大会連続世界選手権ファイナリストのサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)と契約するマネジメント会社UDN SPORTSは、小中高生を対象とした100mの競技会「DAWN GAMES(ドーンゲームス)」を開 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top