HOME 国内、大学

2024.05.12

男子1部5000m日本人トップは東海大・兵藤ジュダ!自己新13分49秒98「これを弾みにしたい」/関東IC
男子1部5000m日本人トップは東海大・兵藤ジュダ!自己新13分49秒98「これを弾みにしたい」/関東IC

関東インカレ5000mで日本人トップの3位を占めた兵藤ジュダ

◇第103回関東インカレ(5月9~12日/東京・国立競技場)4日目

関東インカレの最終日が行われ、男子1部5000mはヴィクター・キムタイ(城西大4)が13分37秒62で、シャドラック・キップケメイ(日大2)との競り合いを制し、チームを1部残留に導く優勝を飾った。

日本人トップの3位争いも混戦となり、ラスト1周で前に出た兵藤ジュダ(東海大3)が、同学年の山口智規(早大)の追い上げを0.14秒差でかわす13分49秒98の自己新で制した。

2日前に予定されていた予選がなくなり、40人の一発決勝に。「人数が多かったので難しかったですが、前のほうでレースをしようと思っていました。上がったり下がったりしたところはあったけど、うまくはまったと思います」。残り4周で1年生の岡田開成(中大)、残り2周からは武田和馬(法大4)が仕掛ける中で冷静に対応し、ラスト1周、残り300mの2段階でスパートして逃げ切った。

静岡・東海大翔洋高3年時にインターハイ800m優勝、1500m2位の実績を残しているが、距離を延ばしつつある大学では「思うような結果がなかなか出せませんでした」。日本人トップについては「素直にうれしいですし、これを弾みにしたい」と振り返る。

初日の10000mでは同期の花岡寿哉が、レースの主導権を握る場面を作って5位に入賞。その走りに、チームメイトとして頼もしく、ライバルとしては大きな刺激を受けた。「勝ちにこだわる」をスローガンに掲げるチームに合って、「ここで日本人を相手に勝つというのは大きい」と胸を張る。

1区を走った今年の箱根駅伝後は、体調不良やケガなどで継続したトレーニングをなかなか積めなかった。その中でも、臀部を中心とした補強に取り組んだという。3月中旬からトレーニングも流れに乗っているが、「腰高のフォームになっていきています」と効果を実感。それまで多かった膝下のケガもなくなり、「タイムはまだまだ伸ばせる」と手応えを感じている。

「5000mは13分30秒切り、10000mは27分台を出したい」と兵藤。花岡とともに、「チームの勢いをつけられるようにしていきたい」と意気込みを語った。

◇第103回関東インカレ(5月9~12日/東京・国立競技場)4日目 関東インカレの最終日が行われ、男子1部5000mはヴィクター・キムタイ(城西大4)が13分37秒62で、シャドラック・キップケメイ(日大2)との競り合いを制し、チームを1部残留に導く優勝を飾った。 日本人トップの3位争いも混戦となり、ラスト1周で前に出た兵藤ジュダ(東海大3)が、同学年の山口智規(早大)の追い上げを0.14秒差でかわす13分49秒98の自己新で制した。 2日前に予定されていた予選がなくなり、40人の一発決勝に。「人数が多かったので難しかったですが、前のほうでレースをしようと思っていました。上がったり下がったりしたところはあったけど、うまくはまったと思います」。残り4周で1年生の岡田開成(中大)、残り2周からは武田和馬(法大4)が仕掛ける中で冷静に対応し、ラスト1周、残り300mの2段階でスパートして逃げ切った。 静岡・東海大翔洋高3年時にインターハイ800m優勝、1500m2位の実績を残しているが、距離を延ばしつつある大学では「思うような結果がなかなか出せませんでした」。日本人トップについては「素直にうれしいですし、これを弾みにしたい」と振り返る。 初日の10000mでは同期の花岡寿哉が、レースの主導権を握る場面を作って5位に入賞。その走りに、チームメイトとして頼もしく、ライバルとしては大きな刺激を受けた。「勝ちにこだわる」をスローガンに掲げるチームに合って、「ここで日本人を相手に勝つというのは大きい」と胸を張る。 1区を走った今年の箱根駅伝後は、体調不良やケガなどで継続したトレーニングをなかなか積めなかった。その中でも、臀部を中心とした補強に取り組んだという。3月中旬からトレーニングも流れに乗っているが、「腰高のフォームになっていきています」と効果を実感。それまで多かった膝下のケガもなくなり、「タイムはまだまだ伸ばせる」と手応えを感じている。 「5000mは13分30秒切り、10000mは27分台を出したい」と兵藤。花岡とともに、「チームの勢いをつけられるようにしていきたい」と意気込みを語った。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.29

弘前実が男子4×100mRで40秒58 1500m田中翔が3分52秒74の大会新V 野上源道は跳躍2種目制覇/IH青森県大会

7月の福岡インターハイに向けた都府県大会が5月上旬から各地で行われ、高校生たちが熱い戦いを繰り広げている。 青森県大会は5月24日~27日の4日間、青森市の新青森県総合総合運動公園競技場で行われた。 大会初日に行われた男 […]

NEWS インターハイ都府県大会は最終週 近畿5府県、四国3県、岡山、長崎、熊本で順次開幕 地区大会進出者が出そろう

2024.05.29

インターハイ都府県大会は最終週 近畿5府県、四国3県、岡山、長崎、熊本で順次開幕 地区大会進出者が出そろう

福岡インターハイ(7月28日~8月1日/東平尾公園博多の森陸上競技場)を目指して、明日5月30日から週明けにかけて11の府県大会が開催される。これで、今年度の都府県46大会が終わり、北海道地区の支部大会を含め、6月中旬に […]

NEWS 日本学生個人に栁田大輝、山本亜美ら登録!アツオビン、山形、米澤ら各地区からエントリー箱根駅伝Vの青学大勢も

2024.05.29

日本学生個人に栁田大輝、山本亜美ら登録!アツオビン、山形、米澤ら各地区からエントリー箱根駅伝Vの青学大勢も

日本学連は5月29日、2024日本学生個人選手権(6月14日~16日/神奈川・レモンガススタジアム平塚)のエントリー選手を発表した。 男子100mにブダペスト世界選手権代表の栁田大輝(東洋大)がエントリー。1年時には同大 […]

NEWS 高橋駿士が八種競技5643点の県高校新!円盤投・小野大輝45m70! 総合優勝は男女ともに日大東北/IH福島県大会

2024.05.29

高橋駿士が八種競技5643点の県高校新!円盤投・小野大輝45m70! 総合優勝は男女ともに日大東北/IH福島県大会

7月の福岡インターハイに向けた都府県大会が5月上旬から各地で行われ、高校生たちが熱い戦いを繰り広げている。 福島県大会は5月24日~27日の4日間、福島市のとうほうみんなのスタジアムで行われた。 男子では八種競技は3年前 […]

NEWS 喜久里彩吹3年連続3冠達成、三段跳12m35の県高校新 やり投は赤嶺勝永と上里将平が60mオーバー/IH沖縄県大会

2024.05.29

喜久里彩吹3年連続3冠達成、三段跳12m35の県高校新 やり投は赤嶺勝永と上里将平が60mオーバー/IH沖縄県大会

福岡インターハイ(7月28日~8月1日)に向けた都府県大会が5月上旬から各地で行われ、高校生たちが熱い戦いを繰り広げている。 沖縄県大会は5月24日~27日の4日間、タピック県総ひやごんスタジアム(県総合運動公園陸上競技 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top