HOME 国内、駅伝、大学

2024.05.12

青学大・鶴川正也が圧巻のスパートで初優勝! 留学生を逆転し「やっと自分の力が発揮できた」/関東IC
青学大・鶴川正也が圧巻のスパートで初優勝! 留学生を逆転し「やっと自分の力が発揮できた」/関東IC

24年関東インカレ2部5000mを制した鶴川正也

◇第103回関東インカレ(5月9~12日/東京・国立競技場)4日目

関東インカレの最終日が行われ、男子2部5000mは鶴川正也(青学大4)が13分36秒41で初優勝を飾った。

2年連続3位だった関東インカレの舞台。最終学年で迎えた鶴川が圧巻のラストスパートを披露した。

序盤から先頭集団レースを進め、3000mを8分20秒で通過。その後、留学生がペースを上げて4000m付近で7人にまで絞られた。「自分の武器はラスト1周のキレと、ラスト100mの負けない走り」と自覚する鶴川。ラスト1周まで留学生に食らいついた。

残り150mで力尽きたかに思われたが、「絶対に勝ってやると思っていました。ラスト100mで動かし始めたら、脚が動いてくれました」。強烈なギアチェンジで2人の留学生を追い抜くと、観客のボルテージが高まる中で、両腕を広げてゴールした。「自分の走りに集中していたので、終わった後に『わー』となっていたことに気がつきました」。

昨年は悔しいシーズンとなった。アンカーを務めた出雲駅伝で区間7位にとどまった悔しさから練習量を増やし過ぎ、3週間後に大腿骨の疲労骨折が発覚。全日本大学駅伝や箱根駅伝への出場はならなかった。夜中に寝られない日もあったほどで、仲間たちが躍動する姿に「素直に応援できなくて。うれしかったですけど、9.9割ぐらい悔しかったです」と吐露した。

箱根後はケガから復調し、「余裕を持ってこなせるようになりました」と順調に練習を消化。最終学年となって「チームを引っ張っていかないといけない」と自覚も芽生え、まずは春のトラックレースで結果を残した。

秋の駅伝シーズンに向けて、一つ弾みが付く結果となった。「箱根駅伝で区間賞を取って、チームに貢献するのが目標です。今日だけは喜んで、明日からはケガをしないように練習していきたいです」。最初で最後となる箱根路への挑戦はまだまだ始まったばかりだ。

◇第103回関東インカレ(5月9~12日/東京・国立競技場)4日目 関東インカレの最終日が行われ、男子2部5000mは鶴川正也(青学大4)が13分36秒41で初優勝を飾った。 2年連続3位だった関東インカレの舞台。最終学年で迎えた鶴川が圧巻のラストスパートを披露した。 序盤から先頭集団レースを進め、3000mを8分20秒で通過。その後、留学生がペースを上げて4000m付近で7人にまで絞られた。「自分の武器はラスト1周のキレと、ラスト100mの負けない走り」と自覚する鶴川。ラスト1周まで留学生に食らいついた。 残り150mで力尽きたかに思われたが、「絶対に勝ってやると思っていました。ラスト100mで動かし始めたら、脚が動いてくれました」。強烈なギアチェンジで2人の留学生を追い抜くと、観客のボルテージが高まる中で、両腕を広げてゴールした。「自分の走りに集中していたので、終わった後に『わー』となっていたことに気がつきました」。 昨年は悔しいシーズンとなった。アンカーを務めた出雲駅伝で区間7位にとどまった悔しさから練習量を増やし過ぎ、3週間後に大腿骨の疲労骨折が発覚。全日本大学駅伝や箱根駅伝への出場はならなかった。夜中に寝られない日もあったほどで、仲間たちが躍動する姿に「素直に応援できなくて。うれしかったですけど、9.9割ぐらい悔しかったです」と吐露した。 箱根後はケガから復調し、「余裕を持ってこなせるようになりました」と順調に練習を消化。最終学年となって「チームを引っ張っていかないといけない」と自覚も芽生え、まずは春のトラックレースで結果を残した。 秋の駅伝シーズンに向けて、一つ弾みが付く結果となった。「箱根駅伝で区間賞を取って、チームに貢献するのが目標です。今日だけは喜んで、明日からはケガをしないように練習していきたいです」。最初で最後となる箱根路への挑戦はまだまだ始まったばかりだ。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.25

P-T-Sミーティング・女子走幅跳で秦澄美鈴が2位 男子200m西裕大が3位/WAコンチネンタルツアー

世界陸連(WA)コンチネンタルツアーシルバーのP-T-Sミーティングが5月24日、スロバキアのバンスカー・ビストリツァで行われ、女子走幅跳で秦澄美鈴(住友電工)が6m52(+0.3)で2位だった。 日本記録(6m97)保 […]

NEWS 女子10000m競歩・柳井綾音が日本学生新でV3! 「この場で記録を出すことができてうれしい」/関西IC

2024.05.25

女子10000m競歩・柳井綾音が日本学生新でV3! 「この場で記録を出すことができてうれしい」/関西IC

◇第101回関西インカレ(5月22日~25日/京都・たけびしスタジアム京都) 関西インカレのT&Fの部最終日が行われ、競歩の男女混合リレーでパリ五輪代表に内定している柳井綾音(立命大3)が女子10000m競歩で44分21 […]

NEWS 米国留学の石井優吉が800mで1分46秒22! 日本人男子でサニブラウン以来の全米学生選手権へ

2024.05.25

米国留学の石井優吉が800mで1分46秒22! 日本人男子でサニブラウン以来の全米学生選手権へ

全米学生選手権出場を懸けた東部地区予選の男子800mに石井優吉(ペンシルベニア州立大)が出場し、3組行われた決勝ラウンドの1組目で1分46秒22の日本歴代7位タイをマークした。 各組3着までと記録上位3人がラウンドを通過 […]

NEWS 女子やり投・篠田佳奈が自己新V 57m63で堂々3連覇 「60m近くの感触があった」/関西IC

2024.05.25

女子やり投・篠田佳奈が自己新V 57m63で堂々3連覇 「60m近くの感触があった」/関西IC

◇第101回関西インカレ(5月22日~25日/京都・たけびしスタジアム京都) 関西インカレのT&Fの部3日目が行われ、女子やり投で4年生の篠田佳奈(京大)が4投目に57m63の自己ベストを投げ大会3連覇を飾った。 昨年は […]

NEWS サニブラウン主催「DAWN GAMES」本格始動!小中高100m大会、6月に東西で予選

2024.05.24

サニブラウン主催「DAWN GAMES」本格始動!小中高100m大会、6月に東西で予選

男子100m2大会連続世界選手権ファイナリストのサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)と契約するマネジメント会社UDN SPORTSは、小中高生を対象とした100mの競技会「DAWN GAMES(ドーンゲームス)」を開 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top