HOME 国内、大学

2024.05.10

男子4継・早大が12年ぶりV!!エース・井上直紀「先輩からの思いと去年の悔しさ」ぶつける/関東IC
男子4継・早大が12年ぶりV!!エース・井上直紀「先輩からの思いと去年の悔しさ」ぶつける/関東IC

関東インカレ1部4×100mRを制した早大

◇第103回関東インカレ(5月9~12日/東京・国立競技場)2日目

関東インカレの2日目に男子4×100mリレー決勝が行われ、早大が39秒06をマークして優勝。早大としては第91回(2012年)に九鬼巧らを擁して以来、12年ぶりの関東インカレのタイトルだった。

走順に髙須楓翔(2年)、千田杜真寿(4年)、関口裕太(2年)、井上直紀(3年)のオーダー。成田高時代から世代トップとして活躍する髙須は「1走らしいスタートができました」と先輩へつなぐ。今季好調の千田はただ1人の4年生。予選から「体幹、骨盤周りを動かすように」修正した走りで差を広げる。

2年前のインターハイ、国体の100mチャンプの関口は100m個人の準決勝で10秒36を出すなど調子を上げてきて「よい流れで走れました」。コーナーも「アップの段階で作り上げられました」と巧みな走りでエースの井上につないだ。

シーズンイン直前にケガと体調不良が重なり、「出遅れた」という井上。100mも本来の走りではないなかでの2位だった。今回の優勝も「チームに感謝」と話すも、仲間たちは「エースに渡せば勝てる」という思いが詰まったバトンをしっかりフィニッシュに一番で持ち帰った。

「今年は六大学対校、関東インカレ、日本インカレ、日本選手権リレー、全部勝つのが目標。2つ達成できてよかった」と千田。12年ぶりというのも聞かされていたようで、「プレッシャーもありましたが、僕らは力に代えることができる」と胸を張った。

井上は「先輩たちもずっと優勝候補でも勝てていない状況が続いていたので、先輩たちの思いもありますし、去年は自分が貢献できなかった悔しさもあり、勝ちたいと思って冬季からずっとやってきました」と話す。

臙脂の伝統と強さを示した12年ぶり4継V。個々が本来の力を取り戻せば、さらなる歴史を作る可能性を秘めたチームであることを証明するリレーだった。

◇第103回関東インカレ(5月9~12日/東京・国立競技場)2日目 関東インカレの2日目に男子4×100mリレー決勝が行われ、早大が39秒06をマークして優勝。早大としては第91回(2012年)に九鬼巧らを擁して以来、12年ぶりの関東インカレのタイトルだった。 走順に髙須楓翔(2年)、千田杜真寿(4年)、関口裕太(2年)、井上直紀(3年)のオーダー。成田高時代から世代トップとして活躍する髙須は「1走らしいスタートができました」と先輩へつなぐ。今季好調の千田はただ1人の4年生。予選から「体幹、骨盤周りを動かすように」修正した走りで差を広げる。 2年前のインターハイ、国体の100mチャンプの関口は100m個人の準決勝で10秒36を出すなど調子を上げてきて「よい流れで走れました」。コーナーも「アップの段階で作り上げられました」と巧みな走りでエースの井上につないだ。 シーズンイン直前にケガと体調不良が重なり、「出遅れた」という井上。100mも本来の走りではないなかでの2位だった。今回の優勝も「チームに感謝」と話すも、仲間たちは「エースに渡せば勝てる」という思いが詰まったバトンをしっかりフィニッシュに一番で持ち帰った。 「今年は六大学対校、関東インカレ、日本インカレ、日本選手権リレー、全部勝つのが目標。2つ達成できてよかった」と千田。12年ぶりというのも聞かされていたようで、「プレッシャーもありましたが、僕らは力に代えることができる」と胸を張った。 井上は「先輩たちもずっと優勝候補でも勝てていない状況が続いていたので、先輩たちの思いもありますし、去年は自分が貢献できなかった悔しさもあり、勝ちたいと思って冬季からずっとやってきました」と話す。 臙脂の伝統と強さを示した12年ぶり4継V。個々が本来の力を取り戻せば、さらなる歴史を作る可能性を秘めたチームであることを証明するリレーだった。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.22

7/27開催 日本初上陸トラックイベント『On Track Nights: MDC』の観戦チケットが発売スタート!

スイスのスポーツブランド「On(オン)」が合同で開催する⽇本初上陸のトラックイベント「On Track Nights: MDC (オン トラック ナイツ: エムディーシー)」は7月27日に東京・世田谷区の大蔵運動公園陸上 […]

NEWS 関西王座を懸けて、関西ICきょう5/22開幕!注目は五輪代表・柳井綾音、前回MVP松井健斗、ブダペスト代表・山本亜美、甲南大ら

2024.05.22

関西王座を懸けて、関西ICきょう5/22開幕!注目は五輪代表・柳井綾音、前回MVP松井健斗、ブダペスト代表・山本亜美、甲南大ら

第101回関西インカレのT&Fの部は今日5月22日に開幕。25日までの4日間、京都市のたけびしスタジアム京都・東寺ハウジングフィールド西京極で行われる。 4月18日のハーフマラソンの部は大阪市のヤンマーフィール […]

NEWS 女子4×400mRは3位 3分35秒45でパリ五輪出場ラインには届かず/アジアリレー

2024.05.21

女子4×400mRは3位 3分35秒45でパリ五輪出場ラインには届かず/アジアリレー

第1回アジアリレー選手権が5月20、21日にタイ・バンコクで行われ、日本は女子4×400mリレーに出場し3分35秒45で3位だった。 日本は久保山晴菜(今村病院)、井戸アビゲイル風果(東邦銀行)、岩田優奈(スズキ)、森山 […]

NEWS ダイヤモンドリーグが中国の自動車ブランド「Zeekr」と公式モビリティパートナー締結

2024.05.21

ダイヤモンドリーグが中国の自動車ブランド「Zeekr」と公式モビリティパートナー締結

ダイヤモンドリーグは5月21日、​​電気自動車メーカーのZeekrと公式モビリティパートナーとして契約したと発表した。 「Zeekr(ジーカー)」は中国の吉利汽車が所有する電気自動車ブランドで2021年に設立。この後に控 […]

NEWS インターハイ都府県大会 週末は大阪で開催 東北、北信越、東海、中国、九州でも行われ一挙23府県で実施

2024.05.21

インターハイ都府県大会 週末は大阪で開催 東北、北信越、東海、中国、九州でも行われ一挙23府県で実施

福岡インターハイ(7月28日~8月1日/東平尾公園博多の森陸上競技場)を目指して、各地で行われているインターハイ都府県大会。明日5月22日の石川を皮切りに、来週前半までに23府県で開幕する。 北から順に、東北では青森、岩 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top