HOME 国内、大学

2024.05.10

400m豊田兼が45秒82で初優勝!慶大主将として覚悟の激走/関東IC
400m豊田兼が45秒82で初優勝!慶大主将として覚悟の激走/関東IC

関東インカレ400mを制した豊田兼(慶大)

◇第103回関東インカレ(5月9~12日/東京・国立競技場)2日目

関東インカレの2日目に男子1部400m決勝が行われ、豊田兼(慶大)が45秒82で、自身関東インカレ初優勝を飾った。

準決勝で学生歴代10位の45秒57をマークしていた豊田。その際に「200mから300mで課題があったので、そこで少し頑張り過ぎてしまった」と、後半は伸びきらず。タイムは落としたが、左脚に違和感があったこともあり、「高望みせずに優勝することを目標に置いていたのでうれしい」と笑顔を見せる。前回2位だった悔しさを晴らし「満足しています」。

400mハードルでパリ五輪の参加標準記録(48秒70)を突破している豊田。6月の日本選手権で3位以内に入れば、父の祖国・フランスが舞台のオリンピックが決まる。また、13秒29を持つ110mハードルとの2種目で五輪を目指す。

この3レースで「バックストレートでの力感などはヨンパーにも生きてくる」と手応えをつかんだ。脚に違和感がありつつも、慶大競走部の主将として覚悟を示し、「1部の中で上位で戦うためにも、自分の得点が重要になるので1着を取るのが僕の使命だと思っていました」。

フラットレースで45秒台をそろえ、4×400mリレーでも十分にメンバー入りできる力があるが、「パリ五輪の後は、日本代表にも貢献できるように」と見据えている。

次戦は1週間後、同じ国立競技場で行われるセイコーゴールデングランプリの予定。セイコーとはサポート契約を締結し、「Team Seiko」の一員である豊田だが、まずは脚の状態を見つつ「高望みせずしっかり勝負を意識して、48秒後半を狙っていきたい」と語った。

※一部、内容に誤りがあり修正しました。

◇第103回関東インカレ(5月9~12日/東京・国立競技場)2日目 関東インカレの2日目に男子1部400m決勝が行われ、豊田兼(慶大)が45秒82で、自身関東インカレ初優勝を飾った。 準決勝で学生歴代10位の45秒57をマークしていた豊田。その際に「200mから300mで課題があったので、そこで少し頑張り過ぎてしまった」と、後半は伸びきらず。タイムは落としたが、左脚に違和感があったこともあり、「高望みせずに優勝することを目標に置いていたのでうれしい」と笑顔を見せる。前回2位だった悔しさを晴らし「満足しています」。 400mハードルでパリ五輪の参加標準記録(48秒70)を突破している豊田。6月の日本選手権で3位以内に入れば、父の祖国・フランスが舞台のオリンピックが決まる。また、13秒29を持つ110mハードルとの2種目で五輪を目指す。 この3レースで「バックストレートでの力感などはヨンパーにも生きてくる」と手応えをつかんだ。脚に違和感がありつつも、慶大競走部の主将として覚悟を示し、「1部の中で上位で戦うためにも、自分の得点が重要になるので1着を取るのが僕の使命だと思っていました」。 フラットレースで45秒台をそろえ、4×400mリレーでも十分にメンバー入りできる力があるが、「パリ五輪の後は、日本代表にも貢献できるように」と見据えている。 次戦は1週間後、同じ国立競技場で行われるセイコーゴールデングランプリの予定。セイコーとはサポート契約を締結し、「Team Seiko」の一員である豊田だが、まずは脚の状態を見つつ「高望みせずしっかり勝負を意識して、48秒後半を狙っていきたい」と語った。 ※一部、内容に誤りがあり修正しました。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.29

弘前実が男子4×100mRで40秒58 1500m田中翔が3分52秒74の大会新V 野上源道は跳躍2種目制覇/IH青森県大会

7月の福岡インターハイに向けた都府県大会が5月上旬から各地で行われ、高校生たちが熱い戦いを繰り広げている。 青森県大会は5月24日~27日の4日間、青森市の新青森県総合総合運動公園競技場で行われた。 大会初日に行われた男 […]

NEWS インターハイ都府県大会は最終週 近畿5府県、四国3県、岡山、長崎、熊本で順次開幕 地区大会進出者が出そろう

2024.05.29

インターハイ都府県大会は最終週 近畿5府県、四国3県、岡山、長崎、熊本で順次開幕 地区大会進出者が出そろう

福岡インターハイ(7月28日~8月1日/東平尾公園博多の森陸上競技場)を目指して、明日5月30日から週明けにかけて11の府県大会が開催される。これで、今年度の都府県46大会が終わり、北海道地区の支部大会を含め、6月中旬に […]

NEWS 日本学生個人に栁田大輝、山本亜美ら登録!アツオビン、山形、米澤ら各地区からエントリー箱根駅伝Vの青学大勢も

2024.05.29

日本学生個人に栁田大輝、山本亜美ら登録!アツオビン、山形、米澤ら各地区からエントリー箱根駅伝Vの青学大勢も

日本学連は5月29日、2024日本学生個人選手権(6月14日~16日/神奈川・レモンガススタジアム平塚)のエントリー選手を発表した。 男子100mにブダペスト世界選手権代表の栁田大輝(東洋大)がエントリー。1年時には同大 […]

NEWS 高橋駿士が八種競技5643点の県高校新!円盤投・小野大輝45m70! 総合優勝は男女ともに日大東北/IH福島県大会

2024.05.29

高橋駿士が八種競技5643点の県高校新!円盤投・小野大輝45m70! 総合優勝は男女ともに日大東北/IH福島県大会

7月の福岡インターハイに向けた都府県大会が5月上旬から各地で行われ、高校生たちが熱い戦いを繰り広げている。 福島県大会は5月24日~27日の4日間、福島市のとうほうみんなのスタジアムで行われた。 男子では八種競技は3年前 […]

NEWS 喜久里彩吹3年連続3冠達成、三段跳12m35の県高校新 やり投は赤嶺勝永と上里将平が60mオーバー/IH沖縄県大会

2024.05.29

喜久里彩吹3年連続3冠達成、三段跳12m35の県高校新 やり投は赤嶺勝永と上里将平が60mオーバー/IH沖縄県大会

福岡インターハイ(7月28日~8月1日)に向けた都府県大会が5月上旬から各地で行われ、高校生たちが熱い戦いを繰り広げている。 沖縄県大会は5月24日~27日の4日間、タピック県総ひやごんスタジアム(県総合運動公園陸上競技 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top