HOME 国内

2024.04.29

織田記念 男子100mに多田修平や山縣亮太が参戦 110mH村竹ラシッドと高山峻野が激突 女子100mHが激戦か
織田記念 男子100mに多田修平や山縣亮太が参戦 110mH村竹ラシッドと高山峻野が激突 女子100mHが激戦か

左から多田修平、山縣亮太、三浦龍司、村竹ラシッド

◇第58回織田幹雄記念(4月29日/広島広域公園陸上競技場)

日本グランプリシリーズグレード1の第58回織田幹雄記念国際大会は4月29日、広島市の広島広域公園陸上競技場(ホットスタッフフィールド広島)で行われる。1928年アムステルダム五輪男子三段跳で日本オリンピック史上初の金メダリストとなった織田幹雄(1905年~98年)の名前を冠した大会だ。世界陸連のコンチネンタルツアーブロンズ大会でもあり、グランプリ(GP)種目を13種目(男子7種目、女子6種目)を実施する。

男子100mは2021年東京五輪に出場した多田修平(住友電工)や山縣亮太(セイコー)が出場。日本世界リレー大会出場などで勢いがある若手が不在のなか、どんな走りを見せるか注目だ。

男子110mハードルには、昨年日本記録(13秒04)に並んだ村竹ラシッド(JAL)が登場。すでにパリ五輪参加標準記録(13秒27)を突破しているなか、今季初戦をどのようなレースをするか。また、地元出身の高山峻野(ゼンリン)も出場。村竹とのマッチレースに持ち込むか。

男子3000m障害には三浦龍司(SUBARU)がエントリー。男子やり投は国際大会経験者がそろい激戦が予想される。

女子100mハードルは、田中佑美(富士通)と青木益未(七十七銀行)のブダペスト世界選手権代表に加え、日本記録(12秒73)保持者の福部真子(日本建設工業)もおり、混戦となりそうだ。

このほか、女子三段跳は髙島真織子(九電工)、女子やり投は斉藤真理菜(スズキ)、上田百寧(ゼンリン)ら、昨年の世界選手権に出場したアスリートがどんなパフォーマンスを見せるか。

グランプリ種目以外にもセイコーチャレンジ100mや高校生による長距離種目や4×100mリレー、中学生対象レースなども行われる。

大会の模様はU-NEXTでライブ配信される。

◇第58回織田幹雄記念(4月29日/広島広域公園陸上競技場) 日本グランプリシリーズグレード1の第58回織田幹雄記念国際大会は4月29日、広島市の広島広域公園陸上競技場(ホットスタッフフィールド広島)で行われる。1928年アムステルダム五輪男子三段跳で日本オリンピック史上初の金メダリストとなった織田幹雄(1905年~98年)の名前を冠した大会だ。世界陸連のコンチネンタルツアーブロンズ大会でもあり、グランプリ(GP)種目を13種目(男子7種目、女子6種目)を実施する。 男子100mは2021年東京五輪に出場した多田修平(住友電工)や山縣亮太(セイコー)が出場。日本世界リレー大会出場などで勢いがある若手が不在のなか、どんな走りを見せるか注目だ。 男子110mハードルには、昨年日本記録(13秒04)に並んだ村竹ラシッド(JAL)が登場。すでにパリ五輪参加標準記録(13秒27)を突破しているなか、今季初戦をどのようなレースをするか。また、地元出身の高山峻野(ゼンリン)も出場。村竹とのマッチレースに持ち込むか。 男子3000m障害には三浦龍司(SUBARU)がエントリー。男子やり投は国際大会経験者がそろい激戦が予想される。 女子100mハードルは、田中佑美(富士通)と青木益未(七十七銀行)のブダペスト世界選手権代表に加え、日本記録(12秒73)保持者の福部真子(日本建設工業)もおり、混戦となりそうだ。 このほか、女子三段跳は髙島真織子(九電工)、女子やり投は斉藤真理菜(スズキ)、上田百寧(ゼンリン)ら、昨年の世界選手権に出場したアスリートがどんなパフォーマンスを見せるか。 グランプリ種目以外にもセイコーチャレンジ100mや高校生による長距離種目や4×100mリレー、中学生対象レースなども行われる。 大会の模様はU-NEXTでライブ配信される。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.29

弘前実が男子4×100mRで40秒58 1500m田中翔が3分52秒74の大会新V 野上源道は跳躍2種目制覇/IH青森県大会

7月の福岡インターハイに向けた都府県大会が5月上旬から各地で行われ、高校生たちが熱い戦いを繰り広げている。 青森県大会は5月24日~27日の4日間、青森市の新青森県総合総合運動公園競技場で行われた。 大会初日に行われた男 […]

NEWS インターハイ都府県大会は最終週 近畿5府県、四国3県、岡山、長崎、熊本で順次開幕 地区大会進出者が出そろう

2024.05.29

インターハイ都府県大会は最終週 近畿5府県、四国3県、岡山、長崎、熊本で順次開幕 地区大会進出者が出そろう

福岡インターハイ(7月28日~8月1日/東平尾公園博多の森陸上競技場)を目指して、明日5月30日から週明けにかけて11の府県大会が開催される。これで、今年度の都府県46大会が終わり、北海道地区の支部大会を含め、6月中旬に […]

NEWS 日本学生個人に栁田大輝、山本亜美ら登録!アツオビン、山形、米澤ら各地区からエントリー箱根駅伝Vの青学大勢も

2024.05.29

日本学生個人に栁田大輝、山本亜美ら登録!アツオビン、山形、米澤ら各地区からエントリー箱根駅伝Vの青学大勢も

日本学連は5月29日、2024日本学生個人選手権(6月14日~16日/神奈川・レモンガススタジアム平塚)のエントリー選手を発表した。 男子100mにブダペスト世界選手権代表の栁田大輝(東洋大)がエントリー。1年時には同大 […]

NEWS 高橋駿士が八種競技5643点の県高校新!円盤投・小野大輝45m70! 総合優勝は男女ともに日大東北/IH福島県大会

2024.05.29

高橋駿士が八種競技5643点の県高校新!円盤投・小野大輝45m70! 総合優勝は男女ともに日大東北/IH福島県大会

7月の福岡インターハイに向けた都府県大会が5月上旬から各地で行われ、高校生たちが熱い戦いを繰り広げている。 福島県大会は5月24日~27日の4日間、福島市のとうほうみんなのスタジアムで行われた。 男子では八種競技は3年前 […]

NEWS 喜久里彩吹3年連続3冠達成、三段跳12m35の県高校新 やり投は赤嶺勝永と上里将平が60mオーバー/IH沖縄県大会

2024.05.29

喜久里彩吹3年連続3冠達成、三段跳12m35の県高校新 やり投は赤嶺勝永と上里将平が60mオーバー/IH沖縄県大会

福岡インターハイ(7月28日~8月1日)に向けた都府県大会が5月上旬から各地で行われ、高校生たちが熱い戦いを繰り広げている。 沖縄県大会は5月24日~27日の4日間、タピック県総ひやごんスタジアム(県総合運動公園陸上競技 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top