HOME 国内、日本代表

2024.02.19

藤井菜々子 2大会連続五輪決める自己新V「パリまでにもっと記録を出したい」/日本選手権20km競歩
藤井菜々子 2大会連続五輪決める自己新V「パリまでにもっと記録を出したい」/日本選手権20km競歩

24年日本選手権20km競歩、優勝の藤井(左)と2位の岡田

◇第107回日本選手権20km競歩(2月18日/兵庫県神戸市・六甲アイランド)

パリ五輪代表選考会となる第107回日本選手権20km競歩が行われ、女子は藤井菜々子(エディオン)が1時間27分59秒の大会新記録で2年連続3度目の優勝。派遣設定記録(1時間28分30秒)を突破して優勝したことで、パリ五輪代表に内定した。

広告の下にコンテンツが続きます

「今日は派遣設定記録の突破と優勝での内定が目標だったのでホッとしています」と藤井。「10kmまで4分25秒前後で押していって、そこから少しずつ上げられれば1時間27分台、と思っていました。その通りのレースができました」。

岡田久美子(富士通/1時間27分41秒=日本記録)に次ぐ、日本女子2人目の1時間28分切りは、5年ぶりの自己ベストだった。

「呼吸も乱れず、身体も動いて余裕がありました」。5kmは岡田、柳井綾音(立命大)と3人の集団で22分03秒。徐々に前を引くと、10kmは44分02秒で通過した。「15km過ぎから暑さも風も出てきたので、ラスト3kmはきつくて(1km)4分28秒とかに落ちてしまいました。そこが課題です」と振り返る。

19年ドーハ世界選手権7位、22年オレゴン世界選手権6位と本番での強さを持つ一方、そのポテンシャルから見れば記録面では殻を破れていなかった。14位に終わった昨年のブダペスト世界選手権は「速いペースでまったく戦えなかったのがショックでした」。

広告の下にコンテンツが続きます

それ以降は「(1km)4分20~25秒のレースペースを身体に刻み込んできた」と藤井。秋からはカーボン入りのやや底に厚みのあるシューズを履き、「結構、反発をもらえています」。1月のナショナルチーム合宿で「4分25秒で長い距離を歩けていたので、これは(記録が)出るかな」と手応えをつかんでスタートラインに立っていた。

3年前の東京五輪は「挑戦者の気持ち」で臨んだが、今回は「エースとして引っ張っていく立場」と自覚を持つ。

パリ五輪では「上位入賞」を目指す。そのためには「もっと国際レースに出て学びたい。後半にラップが上がったり、揺さぶりがあったり。強い選手は連戦しているので、そうしたところで学んでいきたい」。

記録を持って世界大会に臨むことで、「自信になります。先頭集団に食らいつきたい」。この後は国際レースを数本積む予定で「パリまでにもっと記録を」と、日本記録更新も見据えている。

広告の下にコンテンツが続きます

2位に入った岡田は1時間29分03秒をマークし、派遣設定記録には届かなかったものの、参加標準記録(1時間29分20秒)をクリア。自己3番目の好記録だった。前日本競歩能美大会で派遣設定記録を突破する選手が現われなければ、3大会連続オリンピック代表をたぐり寄せそうだ。

昨年は腰のケガにより35km競歩で出場予定だったブダペスト世界選手権を欠場。一時は引退もよぎったが、北口榛花(JAL)と話す機会があり、その際に身体を一から見直して蘇った。「ここから半年で強度を上げていきたい」と、3度目のオリンピックに視線を向けていた。

◇第107回日本選手権20km競歩(2月18日/兵庫県神戸市・六甲アイランド) パリ五輪代表選考会となる第107回日本選手権20km競歩が行われ、女子は藤井菜々子(エディオン)が1時間27分59秒の大会新記録で2年連続3度目の優勝。派遣設定記録(1時間28分30秒)を突破して優勝したことで、パリ五輪代表に内定した。 「今日は派遣設定記録の突破と優勝での内定が目標だったのでホッとしています」と藤井。「10kmまで4分25秒前後で押していって、そこから少しずつ上げられれば1時間27分台、と思っていました。その通りのレースができました」。 岡田久美子(富士通/1時間27分41秒=日本記録)に次ぐ、日本女子2人目の1時間28分切りは、5年ぶりの自己ベストだった。 「呼吸も乱れず、身体も動いて余裕がありました」。5kmは岡田、柳井綾音(立命大)と3人の集団で22分03秒。徐々に前を引くと、10kmは44分02秒で通過した。「15km過ぎから暑さも風も出てきたので、ラスト3kmはきつくて(1km)4分28秒とかに落ちてしまいました。そこが課題です」と振り返る。 19年ドーハ世界選手権7位、22年オレゴン世界選手権6位と本番での強さを持つ一方、そのポテンシャルから見れば記録面では殻を破れていなかった。14位に終わった昨年のブダペスト世界選手権は「速いペースでまったく戦えなかったのがショックでした」。 それ以降は「(1km)4分20~25秒のレースペースを身体に刻み込んできた」と藤井。秋からはカーボン入りのやや底に厚みのあるシューズを履き、「結構、反発をもらえています」。1月のナショナルチーム合宿で「4分25秒で長い距離を歩けていたので、これは(記録が)出るかな」と手応えをつかんでスタートラインに立っていた。 3年前の東京五輪は「挑戦者の気持ち」で臨んだが、今回は「エースとして引っ張っていく立場」と自覚を持つ。 パリ五輪では「上位入賞」を目指す。そのためには「もっと国際レースに出て学びたい。後半にラップが上がったり、揺さぶりがあったり。強い選手は連戦しているので、そうしたところで学んでいきたい」。 記録を持って世界大会に臨むことで、「自信になります。先頭集団に食らいつきたい」。この後は国際レースを数本積む予定で「パリまでにもっと記録を」と、日本記録更新も見据えている。 2位に入った岡田は1時間29分03秒をマークし、派遣設定記録には届かなかったものの、参加標準記録(1時間29分20秒)をクリア。自己3番目の好記録だった。前日本競歩能美大会で派遣設定記録を突破する選手が現われなければ、3大会連続オリンピック代表をたぐり寄せそうだ。 昨年は腰のケガにより35km競歩で出場予定だったブダペスト世界選手権を欠場。一時は引退もよぎったが、北口榛花(JAL)と話す機会があり、その際に身体を一から見直して蘇った。「ここから半年で強度を上げていきたい」と、3度目のオリンピックに視線を向けていた。

【動画】パリ五輪内定!藤井菜々子のしなやかで力強い歩き

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.14

大迫傑 GMOインターネットGとの契約は8月末で満了「スケジュール考慮」し継続せず

ボストンマラソンに出場する大迫傑(Nike)が自身のSNSを更新し、GMOインターネットグループとのパートナーシップ契約をを更新しないことを明かした。 大迫は22年秋に同チームとパートナーシップ契約を締結し、チームに参画 […]

NEWS サニブラウン 2レース連続10秒0台!ライルズらを中盤までリードし10秒04

2024.04.14

サニブラウン 2レース連続10秒0台!ライルズらを中盤までリードし10秒04

トム・ジョーンズ招待が米国・フロリダ州で行われ、男子100mにサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)が出場。10秒04(+1.7)をマークした。 昨年のブダペスト世界選手権で100m、200mを制しているノア・ライルズ […]

NEWS 【男子110mH】髙城昊紀(宮崎西高1)14秒32=高1歴代3位タイ

2024.04.14

【男子110mH】髙城昊紀(宮崎西高1)14秒32=高1歴代3位タイ

4月13日、第1回宮崎県記録会の1日目が宮崎市の宮崎県総合運動公園競技場で行われ、男子110mハードルで高校1年生の髙城昊紀(宮崎西高)が14秒32(+0.8)をマークした。この記録は高1歴代3位タイとなる。 髙城は昨年 […]

NEWS 五輪マラソン代表の赤﨑暁が5000mサードベストの13分30秒62 女子3000mは山本有真がV/金栗記念

2024.04.14

五輪マラソン代表の赤﨑暁が5000mサードベストの13分30秒62 女子3000mは山本有真がV/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、男子5000mにパリ五輪マラソン代表の赤﨑暁(九電工)が出場し、13分30秒62と自己3番 […]

NEWS 学法石川高・増子陽太が5000m13分34秒60の高2最高!!「海外の選手にも負けない気持ちで臨んだ」/日体大長距離競技会

2024.04.13

学法石川高・増子陽太が5000m13分34秒60の高2最高!!「海外の選手にも負けない気持ちで臨んだ」/日体大長距離競技会

4月13日、第312回日体大長距離競技会が神奈川県の日体大健志台競技場で行われ、男子5000mの最終組で6着に入った増子陽太(学法石川高2福島)が高校歴代6位、高2歴代最高となる13分34秒60をマークした。 増子は鏡石 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top