HOME 駅伝、箱根駅伝

2024.02.06

【第100回箱根駅伝】出場全230人の証言~中大~吉居大和「ふさわしい走りができず」湯浅「必ず強い中大を」
【第100回箱根駅伝】出場全230人の証言~中大~吉居大和「ふさわしい走りができず」湯浅「必ず強い中大を」

中大の吉居大和と中野翔太

記念すべき第100回目の箱根駅伝に出場した23チームの、出走全230人にアンケートを実施。出走したすべての選手たちの声を刻みます!

【アンケート項目】
(1)大会を終えての感想、コースの攻略法など
(2)今だから話せる裏話
(3)監督車からの声掛けで心の残ったもの
(4)4年生から後輩たちへ/来年度への意気込み

広告の下にコンテンツが続きます

●中大
総合13位(往路13位、復路13位) 11時間01分58秒
監督:藤原正和

1区 溜池一太(2年) 区間19位
(1)シードを落としてしまって非常に申し訳ないです。六郷橋を終えてからがきつかったです。
(2)4日前に体調不良
(3)――
(4)まずは確実に予選会を突破して、全日本大学駅伝、箱根駅伝は区間賞を取ります。

2区 吉居大和(4年) 区間15位
(1)個人としてはエース区間を走る選手にふさわしい走りができず情けないです。15km以降にペースを維持したり、アップしたりするのがポイントでした。
(2)――
(3)楽しんでこい
(4)強さを証明できる走りを期待しています。

3区 中野翔太(4年) 区間20位
(1)良くなかったです。
(2)風邪が蔓延していた。
(3)湯浅が待ってるから
(4)頑張ってください

広告の下にコンテンツが続きます

4区 湯浅仁(4年) 区間3位
(1)個人としては4年間の頑張りを形にできたと思います。チームとしては非常に悔しい結果となりました。4区は残り3kmがポイントです。何より、勝ちたいという気持ちをどれだけ強く持てるか。
(2)12月に2回体調を崩しました
(3)――
(4)今年度はチームとして結果を残せず悔しい思いをしているかと思いますが、自分たちの取り組みを見直し、必ず強い中大を作り上げてほしいです。

5区 山﨑草太(1年) 区間14位
(1)チームに貢献することができなくて悔しいです。4km過ぎくらいから大平台の上り、宮ノ下から最高点まで、一度下ってから上る場所がきつかったです。また、本格的に下り始めてからの1km、ラスト2km…すべてがきつい。上りで使い切ってしまうと下りでタイムが稼げないので少し余力を残して下りに入るのも大事だと思いました。
(2)――
(3)「この夏色んな山走ってきたんだからこんなのきつくないよ、いけるよ」夏のきつい練習を思い出して元気が出たました
(4)1位で予選会を通過して来年の箱根でリベンジします。

6区 浦田優斗(3年) 区間5位
(1)完璧な状態ではなかったので、落ち着いて入ってまとめる走りをすることも考えましたが、自分らしい走りをしてチームに勢いと勇気を与えたいと思い、初めから突っ込みました。後半は失速してしまい区間賞を取ることはできませんでしたが、最低限の仕事はでき、来年にもつながる走りができだと思います。チームとしては悔しい結果になりましたが、全員があの時点の状態での最大限の力を出しきれたと思います。コース攻略法は宮ノ下で一度平坦になるところ。前半突っ込んでしまうと必ずきつくなるところだと思いますが、記録を伸ばすには常にハイペースで押し続けら必要があると思います。
(2)ずっと同じグループでお世話になっていた4年生の濵田さんが小田原で待っていてくれて、僕がゴールした後に泣いてくれました。
(3)「3年間のすべてぶつけろ」この1年間で一気に成長できたが、その裏には思うように走れていなかった1、2年目の積み上げがあってここを走れていると感じました。
(4)必ず6区で区間賞を取ります。

7区 吉居駿恭(2年) 区間賞
(1)思うように走れなかったですが、狙っていた区間賞が取れたので満足しています。ただ、チームに関しては目標に遠く及ばず悔しい結果となりました。コースはアップダウンがきつかったです。攻略法は『頑張る』しかありません。
(2)――
(3)「パリオリンピック」パリオリンピックは1番の目標なので気合が入りました
(4)パリオリンピック出場

広告の下にコンテンツが続きます

8区 阿部陽樹(3年)区間22位
(1)体調が整わず申し訳なかったです。遊行寺まで余裕を持つのが大事だと感じました。
(2)――
(3)「無理しなくていい」と言われ、少し心に余裕ができました。
(4)今年のリベンジをしたいです

9区 白川陽大(2年) 区間16位
(1)次頑張ります。ポイントは権太坂です。
(2)朝起きるのが怖かった
(3)「タスキをつなごう」チームのためにと思えたからです。
(4)予選会勝ってまた強いチームにします。

10区 柴田大地(1年) 区間9位
(1)状態が良くない中ではまとめることができましたが、アンカーとしてチームをシード権獲得の10位より上の順位でゴールすることができず悔しいです。10区は距離が長いため後半はきつく感じました。年間を通しての走り込みがコース攻略のカギになると感じました。
(2)付き添いに高校時代の同期が来てくれて半年振りくらいに会いました。
(3)「自分から行かないと!」と声をかけてもらって、最後まで気持ちを切らさず前を追い続けることができました。来年度の結果で今年のチームがやってきたことは間違ってなかったと証明できるように頑張ります。

記念すべき第100回目の箱根駅伝に出場した23チームの、出走全230人にアンケートを実施。出走したすべての選手たちの声を刻みます! 【アンケート項目】 (1)大会を終えての感想、コースの攻略法など (2)今だから話せる裏話 (3)監督車からの声掛けで心の残ったもの (4)4年生から後輩たちへ/来年度への意気込み ●中大 総合13位(往路13位、復路13位) 11時間01分58秒 監督:藤原正和 1区 溜池一太(2年) 区間19位 (1)シードを落としてしまって非常に申し訳ないです。六郷橋を終えてからがきつかったです。 (2)4日前に体調不良 (3)―― (4)まずは確実に予選会を突破して、全日本大学駅伝、箱根駅伝は区間賞を取ります。 2区 吉居大和(4年) 区間15位 (1)個人としてはエース区間を走る選手にふさわしい走りができず情けないです。15km以降にペースを維持したり、アップしたりするのがポイントでした。 (2)―― (3)楽しんでこい (4)強さを証明できる走りを期待しています。 3区 中野翔太(4年) 区間20位 (1)良くなかったです。 (2)風邪が蔓延していた。 (3)湯浅が待ってるから (4)頑張ってください 4区 湯浅仁(4年) 区間3位 (1)個人としては4年間の頑張りを形にできたと思います。チームとしては非常に悔しい結果となりました。4区は残り3kmがポイントです。何より、勝ちたいという気持ちをどれだけ強く持てるか。 (2)12月に2回体調を崩しました (3)―― (4)今年度はチームとして結果を残せず悔しい思いをしているかと思いますが、自分たちの取り組みを見直し、必ず強い中大を作り上げてほしいです。 5区 山﨑草太(1年) 区間14位 (1)チームに貢献することができなくて悔しいです。4km過ぎくらいから大平台の上り、宮ノ下から最高点まで、一度下ってから上る場所がきつかったです。また、本格的に下り始めてからの1km、ラスト2km…すべてがきつい。上りで使い切ってしまうと下りでタイムが稼げないので少し余力を残して下りに入るのも大事だと思いました。 (2)―― (3)「この夏色んな山走ってきたんだからこんなのきつくないよ、いけるよ」夏のきつい練習を思い出して元気が出たました (4)1位で予選会を通過して来年の箱根でリベンジします。 6区 浦田優斗(3年) 区間5位 (1)完璧な状態ではなかったので、落ち着いて入ってまとめる走りをすることも考えましたが、自分らしい走りをしてチームに勢いと勇気を与えたいと思い、初めから突っ込みました。後半は失速してしまい区間賞を取ることはできませんでしたが、最低限の仕事はでき、来年にもつながる走りができだと思います。チームとしては悔しい結果になりましたが、全員があの時点の状態での最大限の力を出しきれたと思います。コース攻略法は宮ノ下で一度平坦になるところ。前半突っ込んでしまうと必ずきつくなるところだと思いますが、記録を伸ばすには常にハイペースで押し続けら必要があると思います。 (2)ずっと同じグループでお世話になっていた4年生の濵田さんが小田原で待っていてくれて、僕がゴールした後に泣いてくれました。 (3)「3年間のすべてぶつけろ」この1年間で一気に成長できたが、その裏には思うように走れていなかった1、2年目の積み上げがあってここを走れていると感じました。 (4)必ず6区で区間賞を取ります。 7区 吉居駿恭(2年) 区間賞 (1)思うように走れなかったですが、狙っていた区間賞が取れたので満足しています。ただ、チームに関しては目標に遠く及ばず悔しい結果となりました。コースはアップダウンがきつかったです。攻略法は『頑張る』しかありません。 (2)―― (3)「パリオリンピック」パリオリンピックは1番の目標なので気合が入りました (4)パリオリンピック出場 8区 阿部陽樹(3年)区間22位 (1)体調が整わず申し訳なかったです。遊行寺まで余裕を持つのが大事だと感じました。 (2)―― (3)「無理しなくていい」と言われ、少し心に余裕ができました。 (4)今年のリベンジをしたいです 9区 白川陽大(2年) 区間16位 (1)次頑張ります。ポイントは権太坂です。 (2)朝起きるのが怖かった (3)「タスキをつなごう」チームのためにと思えたからです。 (4)予選会勝ってまた強いチームにします。 10区 柴田大地(1年) 区間9位 (1)状態が良くない中ではまとめることができましたが、アンカーとしてチームをシード権獲得の10位より上の順位でゴールすることができず悔しいです。10区は距離が長いため後半はきつく感じました。年間を通しての走り込みがコース攻略のカギになると感じました。 (2)付き添いに高校時代の同期が来てくれて半年振りくらいに会いました。 (3)「自分から行かないと!」と声をかけてもらって、最後まで気持ちを切らさず前を追い続けることができました。来年度の結果で今年のチームがやってきたことは間違ってなかったと証明できるように頑張ります。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.26

駒大・唐澤拓海が小森コーポレーションへ!チームが入寮報告 一線退く決意も一転、27分台ランナーが実業団へ

小森コーポレーションは2024年度から駒大の唐澤拓海が入社すると発表した。チームのSNSで2月26日に入寮した様子が公開されている。 唐澤は埼玉・花咲徳栄高出身。大学2年時の関東インカレ(2部)で5000mと10000m […]

NEWS EKIDEN GRAPHIC 2023-2024

2024.02.26

EKIDEN GRAPHIC 2023-2024

EKIDEN GRAPHIC 2023-2024の内容 多彩なグラフィックで学生駅伝を刻む「EKIDEN GRAPHIC」2023-2024シーズン編! 広告の下にコンテンツが続きます 出雲駅伝、全日本大学駅伝、そして第 […]

NEWS 中大・風間歩佳、益田東高・石田萌笑が4月から資生堂に入社 「感謝の気持ちを忘れず日々努力」

2024.02.26

中大・風間歩佳、益田東高・石田萌笑が4月から資生堂に入社 「感謝の気持ちを忘れず日々努力」

2月26日、資生堂は風間歩佳(中大)と石田萌笑(益田東高・島根)が今年4月1日付で入社することを発表した。 千葉県出身の風間は、船橋旭中時代から全中1500mで2年連続全国入賞するなど活躍。3年のジュニア五輪では3000 […]

NEWS グラスゴー世界室内 100mH日本記録保持者・福部真子が出場辞退 60mHで代表、追加招集はナシ

2024.02.26

グラスゴー世界室内 100mH日本記録保持者・福部真子が出場辞退 60mHで代表、追加招集はナシ

日本陸連は3月1日から3日まで英国・グラスゴーで行われる世界室内選手権の日本代表について、女子60mハードルで代表に選ばれていた福部真子(日本建設工業)が出場を辞退したと発表した。コンディション不良のためとしている。これ […]

NEWS 女子はアメバウが圧勝でツアー4勝目 男子はディクメナヨが最終戦を飾る/WAクロカンツアー

2024.02.26

女子はアメバウが圧勝でツアー4勝目 男子はディクメナヨが最終戦を飾る/WAクロカンツアー

2月25日、世界陸連(WA)クロスカントリーツアー・ゴールドの第47回アーモンド・ブロッサム国際クロカンがポルトガル・アルブフェイラが男女いずれも9.13kmのコースで行われ、男子はT.ディクメナヨ(スペイン)が27分1 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top