HOME 海外

2024.02.05

マラソン世界記録保持者・キプトゥムが4月のロッテルダムで夢の2時間切りに挑戦!「準備が上手くいけば、“サブ2”の壁に近づける」
マラソン世界記録保持者・キプトゥムが4月のロッテルダムで夢の2時間切りに挑戦!「準備が上手くいけば、“サブ2”の壁に近づける」

20年丸亀ハーフマラソンで8位に入っているキプトゥム

昨年10月のシカゴマラソンで2時間0分35秒の世界新記録を打ち立てたケルヴィン・キプトゥム(ケニア)が、今年4月14日のロッテルダムマラソンに出場し、2時間切りを目指すことが明らかになった。

これはロッテルダムマラソンの主催者や、キプキプトゥムとパートナーシップ契約を締結を結んだスマートウェアラブル「Amazfit」などを手がけるゼップ・ヘルス・コーポレーションが発表したもの。キプトゥムは7月のパリ五輪マラソンにも出場を予定しているという。

キプトゥムはケニア西部のチェプコリオ出身。トラックでの実績はほとんどないなか、ハーフマラソンで結果を残し、20年には丸亀国際ハーフマラソンにも出場している。同年12月にはバレンシアハーフで58分42秒をマーク。若手の有力選手としてみられるようになった。

22年12月にバレンシアマラソンで2時間1分53秒と鮮烈なマラソンデビューを飾ると、昨年のロンドンでは雨にもかかわらず2時間1分25秒の歴代2位の好タイムで優勝。10月のシカゴでは母国の英雄、エリウド・キプチョゲが持つ世界記録(2時間1分09秒)を塗り替えて、一躍世界のトップへと登り詰めた。

マラソンでの1時間台は19年にキプチョゲが非公認競技会で1時間59分40秒を出しているものの、公認レースでは前人未踏の領域であり、“人類の夢”とも称されている。昨年12月に24歳になったばかりのキプトゥムは夢の領域に最も近い存在として、出場するレースなどが注目されていた。

19年にペースメーカーとしてロッテルダムに出場しているキプトゥム。「平坦なコースは速いレースに適している。少なくとも世界記録を更新したいと思っている。準備が上手くいって、コンディションに問題がなければ、記録を塗り替えることはできるだろうし、“サブ2”の壁に近づけるだろう」と話している。

昨年10月のシカゴマラソンで2時間0分35秒の世界新記録を打ち立てたケルヴィン・キプトゥム(ケニア)が、今年4月14日のロッテルダムマラソンに出場し、2時間切りを目指すことが明らかになった。 これはロッテルダムマラソンの主催者や、キプキプトゥムとパートナーシップ契約を締結を結んだスマートウェアラブル「Amazfit」などを手がけるゼップ・ヘルス・コーポレーションが発表したもの。キプトゥムは7月のパリ五輪マラソンにも出場を予定しているという。 キプトゥムはケニア西部のチェプコリオ出身。トラックでの実績はほとんどないなか、ハーフマラソンで結果を残し、20年には丸亀国際ハーフマラソンにも出場している。同年12月にはバレンシアハーフで58分42秒をマーク。若手の有力選手としてみられるようになった。 22年12月にバレンシアマラソンで2時間1分53秒と鮮烈なマラソンデビューを飾ると、昨年のロンドンでは雨にもかかわらず2時間1分25秒の歴代2位の好タイムで優勝。10月のシカゴでは母国の英雄、エリウド・キプチョゲが持つ世界記録(2時間1分09秒)を塗り替えて、一躍世界のトップへと登り詰めた。 マラソンでの1時間台は19年にキプチョゲが非公認競技会で1時間59分40秒を出しているものの、公認レースでは前人未踏の領域であり、“人類の夢”とも称されている。昨年12月に24歳になったばかりのキプトゥムは夢の領域に最も近い存在として、出場するレースなどが注目されていた。 19年にペースメーカーとしてロッテルダムに出場しているキプトゥム。「平坦なコースは速いレースに適している。少なくとも世界記録を更新したいと思っている。準備が上手くいって、コンディションに問題がなければ、記録を塗り替えることはできるだろうし、“サブ2”の壁に近づけるだろう」と話している。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.14

パリ五輪出場資格獲得条件の世界ランキングが更新 欧州選手権の結果を受け、1万m葛西潤、100mH寺田明日香らが圏外に

今夏のパリ五輪出場資格の獲得条件となる世界陸連(WA)のワールドランキング(Road to Paris)が更新された。6月7日~12日に行われた欧州選手権の結果が反映され、各種目で日本人が順位を落としている。 パリ五輪の […]

NEWS 久保凛1500mで自己新V!4分19秒11で「近畿をしっかりと勝ち切れて良かった」/IH近畿

2024.06.14

久保凛1500mで自己新V!4分19秒11で「近畿をしっかりと勝ち切れて良かった」/IH近畿

◇インターハイ近畿地区大会(6月13~16日/大阪市・ヤンマースタジアム長居、ヤンマーフィールド長居)2日目 福岡インターハイを懸けた近畿地区大会の2日目が行われ、女子1500mは上位3人が4分20秒を切るハイレベルのな […]

NEWS U20日本選手権エントリー発表 8月のU20世界選手権を目指して有力選手集結 若菜敬、川口峻太朗、髙橋亜珠、林美希ら登録

2024.06.14

U20日本選手権エントリー発表 8月のU20世界選手権を目指して有力選手集結 若菜敬、川口峻太朗、髙橋亜珠、林美希ら登録

日本陸連は6月14日、第40回U20日本選手権(6月27日~30日/新潟・デンカビッグスワンスタジアム)エントリーリストの暫定版を発表した。 今回のU20日本選手権はU20世界選手権(8月27日~31日/ペルー・リマ)の […]

NEWS 日本選手権のエントリー発表! やり投・北口榛花が出場!! 田中希実は800m、1500m、5000mの3種目、豊田兼は110mH、400mHに登録

2024.06.14

日本選手権のエントリー発表! やり投・北口榛花が出場!! 田中希実は800m、1500m、5000mの3種目、豊田兼は110mH、400mHに登録

日本陸連は6月14日、今夏のパリ五輪代表選考会を兼ねた第108回日本選手権(6月27日~30日、新潟・デンカビッグスワンスタジアム)のエントリー選手を発表した。 一部の選手は5月にエントリーが発表されていたが、6月7日の […]

NEWS 男子100mブロメルが全米選手権欠場 3大会連続の五輪代表ならず マクローリン・レブロンは400mHに専念

2024.06.14

男子100mブロメルが全米選手権欠場 3大会連続の五輪代表ならず マクローリン・レブロンは400mHに専念

男子短距離のT.ブロメルが6月21日から開催される全米選手権を欠場することがわかった。 ブロメルは100mで15年北京・22年オレゴン世界選手権で銅メダルを獲得している28歳。今大会には100mにエントリーしていたが、5 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top