HOME 国内

2024.02.05

田中希実 1500m室内日本新も「スッキリしていない。悔しさ大きい」1年前より成長も実感
田中希実 1500m室内日本新も「スッキリしていない。悔しさ大きい」1年前より成長も実感

女子1500mで室内日本記録を樹立した田中希実(New Balance)

世界陸連室内ツアー・ゴールドのニューバランス室内グランプリ(米国ボストン)の女子1500mに出場した田中希実(New Balance)は、室内日本新となる4分08秒46をマークして9位だった。

積極的なレース運びを見せるも、5000mで14分00秒21の世界記録を持つG.ツェガイ(エチオピア)らのペースからは離された。その後はやや単独で走る場面もあり「ポツンとなってしまい、エチオピア勢と私、その他の選手と意図がバラバラなレース」(田中)になった。競り合いとなったほうが持ち味が発揮される田中だけあり、なかなかリズムが作れず、「ラストも上げられなかったのは課題」と話す。

広告の下にコンテンツが続きます

前年に出した自身の室内日本記録を塗り替えるも「そんなにスッキリしていない。悔しさのほうが大きいです」と唇を噛む。それでも、「1年前は萎縮していましたが、今年はさらにハイレベルな選手でしたが、今回はロードで1マイルを走ったり、ケニア合宿だったりをしたことで不安や恐怖はいつもよりなかった」と成長も感じている。

1月のケニア合宿ではマラソン選手の「ハードワークに合わせ、今までにないくらいハード」な日々を過ごした。今回は1500mということやレース展開もあり「きつさに対しての身体の動かし方くらいでしか、経験を生かせなかった。(やってきたことを)試すことさえできなかった」と言う。

5000mでブダペスト世界選手権8位入賞したが、こだわりの強い1500mでは準決勝止まりとなり、記録も東京五輪から3分台を出せていないため、モヤモヤもある。「五輪までに世界と戦えるイメージを作れるように海外転戦していきたい」と見据えていた。

世界陸連室内ツアー・ゴールドのニューバランス室内グランプリ(米国ボストン)の女子1500mに出場した田中希実(New Balance)は、室内日本新となる4分08秒46をマークして9位だった。 積極的なレース運びを見せるも、5000mで14分00秒21の世界記録を持つG.ツェガイ(エチオピア)らのペースからは離された。その後はやや単独で走る場面もあり「ポツンとなってしまい、エチオピア勢と私、その他の選手と意図がバラバラなレース」(田中)になった。競り合いとなったほうが持ち味が発揮される田中だけあり、なかなかリズムが作れず、「ラストも上げられなかったのは課題」と話す。 前年に出した自身の室内日本記録を塗り替えるも「そんなにスッキリしていない。悔しさのほうが大きいです」と唇を噛む。それでも、「1年前は萎縮していましたが、今年はさらにハイレベルな選手でしたが、今回はロードで1マイルを走ったり、ケニア合宿だったりをしたことで不安や恐怖はいつもよりなかった」と成長も感じている。 1月のケニア合宿ではマラソン選手の「ハードワークに合わせ、今までにないくらいハード」な日々を過ごした。今回は1500mということやレース展開もあり「きつさに対しての身体の動かし方くらいでしか、経験を生かせなかった。(やってきたことを)試すことさえできなかった」と言う。 5000mでブダペスト世界選手権8位入賞したが、こだわりの強い1500mでは準決勝止まりとなり、記録も東京五輪から3分台を出せていないため、モヤモヤもある。「五輪までに世界と戦えるイメージを作れるように海外転戦していきたい」と見据えていた。

日本新が8個!田中希実の自己ベストをチェック

800m 2.02.36=日本歴代5位 1000m 2.37.33=日本記録 1500m 3.59.19=日本記録 3000m 8.40.84=日本記録 5000m 14.29.18=日本記録 10000m 31分59秒89 1マイル 4分28秒94=日本記録 5km(女子単独) 15分34秒=日本記録 室内1500m 4分08秒46=室内日本記録 室内3000m 8分45秒64=室内日本記録

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.26

駒大・唐澤拓海が小森コーポレーションへ!チームが入寮報告 一線退く決意も一転、27分台ランナーが実業団へ

小森コーポレーションは2024年度から駒大の唐澤拓海が入社すると発表した。チームのSNSで2月26日に入寮した様子が公開されている。 唐澤は埼玉・花咲徳栄高出身。大学2年時の関東インカレ(2部)で5000mと10000m […]

NEWS EKIDEN GRAPHIC 2023-2024

2024.02.26

EKIDEN GRAPHIC 2023-2024

EKIDEN GRAPHIC 2023-2024の内容 多彩なグラフィックで学生駅伝を刻む「EKIDEN GRAPHIC」2023-2024シーズン編! 広告の下にコンテンツが続きます 出雲駅伝、全日本大学駅伝、そして第 […]

NEWS 中大・風間歩佳、益田東高・石田萌笑が4月から資生堂に入社 「感謝の気持ちを忘れず日々努力」

2024.02.26

中大・風間歩佳、益田東高・石田萌笑が4月から資生堂に入社 「感謝の気持ちを忘れず日々努力」

2月26日、資生堂は風間歩佳(中大)と石田萌笑(益田東高・島根)が今年4月1日付で入社することを発表した。 千葉県出身の風間は、船橋旭中時代から全中1500mで2年連続全国入賞するなど活躍。3年のジュニア五輪では3000 […]

NEWS グラスゴー世界室内 100mH日本記録保持者・福部真子が出場辞退 60mHで代表、追加招集はナシ

2024.02.26

グラスゴー世界室内 100mH日本記録保持者・福部真子が出場辞退 60mHで代表、追加招集はナシ

日本陸連は3月1日から3日まで英国・グラスゴーで行われる世界室内選手権の日本代表について、女子60mハードルで代表に選ばれていた福部真子(日本建設工業)が出場を辞退したと発表した。コンディション不良のためとしている。これ […]

NEWS 女子はアメバウが圧勝でツアー4勝目 男子はディクメナヨが最終戦を飾る/WAクロカンツアー

2024.02.26

女子はアメバウが圧勝でツアー4勝目 男子はディクメナヨが最終戦を飾る/WAクロカンツアー

2月25日、世界陸連(WA)クロスカントリーツアー・ゴールドの第47回アーモンド・ブロッサム国際クロカンがポルトガル・アルブフェイラが男女いずれも9.13kmのコースで行われ、男子はT.ディクメナヨ(スペイン)が27分1 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top