HOME 国内

2024.01.26

MGC5位の松下菜摘「天満屋のルーティンをこなしてきた」名門で培った力ぶつける/大阪国際女子マラソン前々日会見
MGC5位の松下菜摘「天満屋のルーティンをこなしてきた」名門で培った力ぶつける/大阪国際女子マラソン前々日会見

23年MGCで5位の松下菜摘

1月28日に行われる第43回大阪国際女子マラソンの前々日会見が行われ、国内招待選手たちが本番への抱負を語った。

昨年10月のパリ五輪代表選考レース・マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)で5位に入った松下菜摘(天満屋)。目標は「最低でも自己ベスト更新」と、2年間のこの大会で出した2時間23分05秒からの躍進を誓った。

MGC後は「(レース中に)転倒などいろいろとアクシデントがあったけど、終わってからそれほどダメージがなかった」ことから、「積み重なった力を、そのまま近い大会に出ようと思って大阪を選んだ」という。

岡山出身で玉野光南高、環太平洋大を経て、地元の名門チームに入った29歳。「簡単に出られる大会ではない」と常々考えている五輪選考レースに挑むことは、「入社した時には考えていなかった」。今は、五輪代表入りへ必須となるMGCファイナルチャレンジ設定記録「2時間21分41秒」の突破を「チャンスがあれば、タイミングが合えば」と言えるまでになった。

前田穂南を含め、5人の五輪代表を出してきた「天満屋のルーティンをこなしてきた」と言う松下は、「距離的な不安はないと思います」。加えて、トレーナーに指導を受けてウエイトトレーニングにも取り組み、「持ち味の足腰が強化できた」とも語る。

先輩の前田ら強豪ぞろいの中で、名門で過ごした7年で「培ってきたもの」をぶつける。

大会は1月28日、大阪市のヤンマースタジアム長居を発着とした42.195kmのコースで、パリ五輪マラソン代表の3枠目を懸けたMGCファイナルチャレンジの女子1戦目を兼ねて行われる。

パリ五輪マラソン代表の女子は、MGCで優勝した鈴木優花(第一生命グループ)と2位の一山麻緒(資生堂)が内定済み。残り1枠はMGC3位の細田あい(エディオン)と、ファイナルチャレンジ1戦目の大阪国際、2戦目の名古屋ウィメンズ(3月10日)のレース結果から選出。大阪、名古屋の2レースでファイナルチャレンジ設定記録「2時間21分41秒」を突破した選手がいた場合、その中で最も速かった選手が代表に内定する。記録突破者がいない場合は細田が代表をつかむ。

スタートは12時15分。カンテレ・フジテレビ系で12時から全国ネット生中継される。TVerのライブ配信も予定されている。

1月28日に行われる第43回大阪国際女子マラソンの前々日会見が行われ、国内招待選手たちが本番への抱負を語った。 昨年10月のパリ五輪代表選考レース・マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)で5位に入った松下菜摘(天満屋)。目標は「最低でも自己ベスト更新」と、2年間のこの大会で出した2時間23分05秒からの躍進を誓った。 MGC後は「(レース中に)転倒などいろいろとアクシデントがあったけど、終わってからそれほどダメージがなかった」ことから、「積み重なった力を、そのまま近い大会に出ようと思って大阪を選んだ」という。 岡山出身で玉野光南高、環太平洋大を経て、地元の名門チームに入った29歳。「簡単に出られる大会ではない」と常々考えている五輪選考レースに挑むことは、「入社した時には考えていなかった」。今は、五輪代表入りへ必須となるMGCファイナルチャレンジ設定記録「2時間21分41秒」の突破を「チャンスがあれば、タイミングが合えば」と言えるまでになった。 前田穂南を含め、5人の五輪代表を出してきた「天満屋のルーティンをこなしてきた」と言う松下は、「距離的な不安はないと思います」。加えて、トレーナーに指導を受けてウエイトトレーニングにも取り組み、「持ち味の足腰が強化できた」とも語る。 先輩の前田ら強豪ぞろいの中で、名門で過ごした7年で「培ってきたもの」をぶつける。 大会は1月28日、大阪市のヤンマースタジアム長居を発着とした42.195kmのコースで、パリ五輪マラソン代表の3枠目を懸けたMGCファイナルチャレンジの女子1戦目を兼ねて行われる。 パリ五輪マラソン代表の女子は、MGCで優勝した鈴木優花(第一生命グループ)と2位の一山麻緒(資生堂)が内定済み。残り1枠はMGC3位の細田あい(エディオン)と、ファイナルチャレンジ1戦目の大阪国際、2戦目の名古屋ウィメンズ(3月10日)のレース結果から選出。大阪、名古屋の2レースでファイナルチャレンジ設定記録「2時間21分41秒」を突破した選手がいた場合、その中で最も速かった選手が代表に内定する。記録突破者がいない場合は細田が代表をつかむ。 スタートは12時15分。カンテレ・フジテレビ系で12時から全国ネット生中継される。TVerのライブ配信も予定されている。
未来の日本代表目指して! ネクストヒロイン枠の選手コメントをチェック! 小林香菜(前橋市陸協) 来年から実業団に入って環境が大きく変わるので、いい区切りとなるレース、そして来年へのいいスタートになるようなレースにしたい。今後はマラソンを中心に世界の舞台を走りたい。 鈴木杏奈(大阪芸大) 初めての経験なので、しっかりとチャレンジすることが一番の目標。私の目指すところの一つは和歌山県記録の2時間30分を切ることなので、そこを目指したい。実業団入りに向けて、大学ではできなかった一つ上の世界を経験したい。 北川星瑠(大阪芸大) 昨年8月のワールドユニバーシティゲームズで優勝することができて、その時に初めて「また世界で戦いたい」と思った。マラソンで世界で戦うために、ここで自分の可能性を見つけたい。初マラソンなので、どんな結果になるかわからないが、最高の目標を2実感28分に設定して、最低でも2時間30分でまとめたい 古原夏音(大阪芸大) 前回も選んでいただいたが、直前のインフルエンザで欠場。その悔しさを晴らしたい。実業団ではマラソン中心に走りたいと思っているので、自分の力をまずここで知ることが今回の目標。

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.18

三浦龍司が五輪前に自信深めるレース「クオリティーの高いものができている。メダルが大きな目標」/ホクレンDC深川

夏の北海道を舞台とする中長距離のレースシリーズ、ホクレン・ディスタンスチャレンジ(DC)の第4戦深川大会が7月17日に開催され、男子3000m障害の日本記録(8分09秒91)保持者でパリ五輪代表の三浦龍司(SUBARU) […]

NEWS 西山雄介が東京マラソン以来のレースで日本人トップ 800m・岡村颯太が1分47秒05/ホクレンDC深川

2024.07.17

西山雄介が東京マラソン以来のレースで日本人トップ 800m・岡村颯太が1分47秒05/ホクレンDC深川

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第4戦の深川大会が7月17日に行われ、男子10000mA組はオレゴン世界選手権マラソン代表の西山雄介(トヨタ自動車)が28分08秒53で日本人最上位の4位でフィニッシュした。 3月 […]

NEWS 国スポの2027年宮崎県開催が決定! 29年の群馬県開催も内定

2024.07.17

国スポの2027年宮崎県開催が決定! 29年の群馬県開催も内定

日本スポーツ協会は7月17日、都内で理事会を開き、2027年(令和9年)の第81回国民スポーツ大会の開催地を宮崎県とすることを決定した。また、29年(令和11年)の第83回大会の開催地が群馬県に内定した。 今年度より、名 […]

NEWS 【プレゼント】ハーツ&ハーツクリニックの 「メタリックネックレスⅡ2024 IPバージョン(40㎝)」/2024年8月号

2024.07.17

【プレゼント】ハーツ&ハーツクリニックの 「メタリックネックレスⅡ2024 IPバージョン(40㎝)」/2024年8月号

独自の「周波数加工®」…「ハーツ加工®」で体内の周波数を整えるハーツ&ハーツクリニックは、同社製品の基本であり最高峰の「メタリックネックレス」から、新たに「メタリックネックレス Ⅱ 2024」、「メタリックネックレス Ⅱ […]

NEWS 五輪代表・三浦龍司が5000mに出場 13分31秒61で日本人トップ「手応えを得られたのは自信になる」/ホクレンDC深川

2024.07.17

五輪代表・三浦龍司が5000mに出場 13分31秒61で日本人トップ「手応えを得られたのは自信になる」/ホクレンDC深川

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第4戦の深川大会が7月17日に行われ、パリ五輪3000m障害代表の三浦龍司(SUBARU)が男子5000mA組に出場し、13分31秒61で6位に入った。 今季の三浦は5月以降、海外 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top