月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【短距離】サニブラウンが会見 東京五輪を見据え「小さな部分を直して、大きな変化を」


都内で取材に応じたサニブラウン(写真提供:UDN SPORTS)

 男子短距離のサニブラウン・アブデル・ハキームが9月26日、都内で取材に応じ、自身の近況を語った。

 10月初旬の日本選手権は、来年の東京五輪を見据えて早めにその準備に入るために、7月下旬から師事するレイナ・レイダー・コーチらと相談し、エントリーを見合わせた。

 そのうえで8月下旬から、新たな練習拠点とする「タンブルウィードTC」のオフと、ビザの関係で帰国。心身ともにリフレッシュをし、近く米国・フロリダへ戻り、来年への準備をスタートさせるという。

 東京五輪開幕まで300日となったこの日、「思いは変わっていません。目標は一番高い金メダルに設定して、やるべきことをしっかりと時間をかけて準備していきたい」と力強く語ったサニブラウン。帰国前は「ベーシックなトレーニングから始めていた」そうで、帰国後も基礎作りから再開していくという。

 レイダー・コーチからは、「17年の頃と比べて重心が少し低くなっている」と指摘された。「自分もそうじゃないかなと薄々思っていたこと。重心は高いほうがいいので、まずはそれを戻して、身体のバランスを整えていくことが大事。小さな部分だけど、それを直すことで大きな変化にしていければ」と、鍛錬期導入への課題を口にした。

 コロナ禍にあって、トレーニングがままならない時期に、「スポーツはこれまで当たり前にあったもの。当たり前にできていたことへのありがたみを感じています」とサニブラウン。プロ選手として、自身の“言葉”の重みも感じ、子供に向けた発信にも目を向けてきた。

「僕は誰もやっていないことにどんどんチャレンジして、その中で結果を出すことが大事だと思っています。自分の競技を通じて、チャレンジすることの大切さを伝えていきたい」

 来年、国立競技場の“ファイナル”の舞台に立ち、世界と勝負することが、その第一歩となる。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com