月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【海外】オビリが女子3000m8分22秒54でV 女子800mはキピエゴンが自己新で制す/DLドーハ


3000m強さを発揮したオビリ
9月26日、カタール・ドーハでダイヤモンドリーグが開催された。同リーグの2020年シーズンはこの大会で閉幕となる。
女子3000mはH.オビリ(ケニア)が8分22秒54の今季世界最高で優勝。オビリは昨年のドーハ世界選手権女子5000mで優勝しており、この都市との相性の良さを示した。女子3000mのケニア記録である自己ベスト8分20秒68も、2014年にドーハで出した記録である。

今季無敗のF.キピエゴン(ケニア)は女子800mで1分57秒68の自己新、今季世界最高記録で優勝。キピエゴンは女子1500mで16年リオ五輪、17年ロンドン世界選手権の金メダリストで、800mには5年ぶりに出場した。

男子1500mではS.マックスウェイン(豪州)が3分30秒51の自己新で優勝し、ナショナルレコードを更新した。直近6週間で7本のレースに出場していたマックスウェンは、先週のローマ大会男子3000mでオセアニア記録(7分28秒02)を樹立するなど今季躍進している。

男子棒高跳ではA.デュプランティス(スウェーデン)が5m82で優勝。同記録ながら試技数の差でS.ケンドリックス(米国)が2位、R.ラヴィレニ(フランス)が3位だった。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com