月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【海外】マラソン世界選手権出場権得られるエイジグループワールドランキングの2期が延長


アボット・ワールドマラソンメジャーズ(AbbottWMM)ワンダ・エイジグループワールドランキングの予選第2期(second ranking edition)の延長が決定された。本来は2019年9月30日から2020年10月11日までの予定だったが、感染症拡大に伴う大会日程の変更を鑑み、2020年12月31日までを第2期と変更した。

AbbottWMMワンダ・エイジグループワールドランキングでは40歳以上のランナーを年齢別に9つのカテゴリに分け、期間内に出場した予選大会でポイントを獲得して世界選手権(championship)の参加権利を獲る。最大2回の予選大会の合計ポイントでランク付けされ、各年代別のトップランナーは、2021年に行われる世界選手権大会(Virgin Money ロンドン・マラソンの一部として開催)への招待を受ける。
新しい期間の予選対象のレースはこちらより確認できる。

第2期の期間中、日本国内では対象となるレースない。おかやまマラソンなど、予選大会として予定されていた大会は中止となっている。

タグ:



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com