HOME 駅伝

2024.01.01

盤石布陣で2区から独走!8年ぶり王座奪還のトヨタ自動車「優勝しないといけない」伝統に培われた土台/ニューイヤー駅伝
盤石布陣で2区から独走!8年ぶり王座奪還のトヨタ自動車「優勝しないといけない」伝統に培われた土台/ニューイヤー駅伝

8年ぶり4度目の駅伝日本一に輝いたトヨタ自動車

◇第68回全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝/1月1日、群馬県庁発着・7区間100km)

ニューイヤー駅伝が行われ、トヨタ自動車が4時間49分02秒で8年ぶり4度目の優勝を飾った。

広告の下にコンテンツが続きます

今回から最長区間が4区から2区(21.9km)に変更となり、3区も15.4kmある新コースで、駅伝の「王道」を見事に実現。序盤でトップに立ち、中盤、後半で他を突き放す。まさに、盤石の王座奪還だった。

レースを振り返り、熊本剛監督は「これまで太田に良い位置で渡せなかったが、1区の大石港与がいい位置で渡せたことで、しっかりと主導権を握ることができた」と勝因について語った。

レースプランは「前半で主導権を握ること」(熊本監督)。それを実現するべく、「エースの太田の2区と、田澤の3区は早い段階で決まった」という。

さらに、向かい風の適性と調子の良さから田中秀幸の5区が決まり、6区、7区には「マラソンで安定感がある」と服部勇馬と西山雄介。その中で、「キャプテンに優勝テープを切ってほしかった」とアンカー・服部が決まった。

広告の下にコンテンツが続きます

そして1区については、過去3度の優勝時に監督としてチームを指揮した佐藤敏信総監督から「ベテラン選手を起用すると安定する」というアドバイスから、直近のレースの結果も踏まえて今年度限りでの引退を決めていた大石を起用。4区のコリル・フェリックスを含めて、すべてのピースが埋まった。

そして、選手たちはそれぞれの役割を果たす。大石がトップと4秒差の4位で太田につなぐと、エースが一気に首位へと突き抜け、狙い通りに主導権を握った。

田澤は最初の5kmを13分38秒で突っ込み、「前半に差が詰まると相手を元気にさせる。最初に突っ込んでそれをさせなかった」と熊本監督が称える走り。2位・Hondaとの差を42秒から58秒に広げ、5区・田中、6区・西山の連続区間賞で勝負を決めた。

常に優勝候補に挙げられながらも、2015年、16年と連覇を最後に頂点からは遠ざかった。それを知る大石は、「優勝できなかった時は、どこかで失敗があって自滅していた」と振り返る。だが、熊本監督はこう続ける。

広告の下にコンテンツが続きます

「7年間優勝できませんでした。でも、その間も3位以内を撮り続けて、土台があったからこそ今の強さがある」

個人で世界大会を目指す取り組みの中で、マラソンで21年の東京五輪に服部勇馬、22年オレゴン世界選手権に西山雄介、今回は登録メンバーに入らなかったが23年のブダペスト世界選手権に西山和弥が出場してきた。

さらに、オレゴン、ブダペスト両世界選手権で10000mに出場した田澤の加入に太田が刺激を受け、昨年12月10日の日本選手権10000mでは太田が2位ながら従来の日本記録を上回る27分12秒53をマークし、田澤も自己新の27分22秒31で4位。トラックのスピードにもさらに磨きがかかる。

2011年の初優勝時にアンカーを務めた熊本監督。今回は指揮官として味わった頂点に「うれしいのが一番ですが、ホッとした面もある」と話す。それは、トヨタ自動車は「優勝しないといけない」チームだから。

広告の下にコンテンツが続きます

王座を取り戻した今、さらなる強さを作り上げる「土台」が出来上がった。

◇第68回全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝/1月1日、群馬県庁発着・7区間100km) ニューイヤー駅伝が行われ、トヨタ自動車が4時間49分02秒で8年ぶり4度目の優勝を飾った。 今回から最長区間が4区から2区(21.9km)に変更となり、3区も15.4kmある新コースで、駅伝の「王道」を見事に実現。序盤でトップに立ち、中盤、後半で他を突き放す。まさに、盤石の王座奪還だった。 レースを振り返り、熊本剛監督は「これまで太田に良い位置で渡せなかったが、1区の大石港与がいい位置で渡せたことで、しっかりと主導権を握ることができた」と勝因について語った。 レースプランは「前半で主導権を握ること」(熊本監督)。それを実現するべく、「エースの太田の2区と、田澤の3区は早い段階で決まった」という。 さらに、向かい風の適性と調子の良さから田中秀幸の5区が決まり、6区、7区には「マラソンで安定感がある」と服部勇馬と西山雄介。その中で、「キャプテンに優勝テープを切ってほしかった」とアンカー・服部が決まった。 そして1区については、過去3度の優勝時に監督としてチームを指揮した佐藤敏信総監督から「ベテラン選手を起用すると安定する」というアドバイスから、直近のレースの結果も踏まえて今年度限りでの引退を決めていた大石を起用。4区のコリル・フェリックスを含めて、すべてのピースが埋まった。 そして、選手たちはそれぞれの役割を果たす。大石がトップと4秒差の4位で太田につなぐと、エースが一気に首位へと突き抜け、狙い通りに主導権を握った。 田澤は最初の5kmを13分38秒で突っ込み、「前半に差が詰まると相手を元気にさせる。最初に突っ込んでそれをさせなかった」と熊本監督が称える走り。2位・Hondaとの差を42秒から58秒に広げ、5区・田中、6区・西山の連続区間賞で勝負を決めた。 常に優勝候補に挙げられながらも、2015年、16年と連覇を最後に頂点からは遠ざかった。それを知る大石は、「優勝できなかった時は、どこかで失敗があって自滅していた」と振り返る。だが、熊本監督はこう続ける。 「7年間優勝できませんでした。でも、その間も3位以内を撮り続けて、土台があったからこそ今の強さがある」 個人で世界大会を目指す取り組みの中で、マラソンで21年の東京五輪に服部勇馬、22年オレゴン世界選手権に西山雄介、今回は登録メンバーに入らなかったが23年のブダペスト世界選手権に西山和弥が出場してきた。 さらに、オレゴン、ブダペスト両世界選手権で10000mに出場した田澤の加入に太田が刺激を受け、昨年12月10日の日本選手権10000mでは太田が2位ながら従来の日本記録を上回る27分12秒53をマークし、田澤も自己新の27分22秒31で4位。トラックのスピードにもさらに磨きがかかる。 2011年の初優勝時にアンカーを務めた熊本監督。今回は指揮官として味わった頂点に「うれしいのが一番ですが、ホッとした面もある」と話す。それは、トヨタ自動車は「優勝しないといけない」チームだから。 王座を取り戻した今、さらなる強さを作り上げる「土台」が出来上がった。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.26

「ここが自分の最高地点じゃない」2時間6分18秒!衝撃の初マラソン初V飾った國學院大・平林清澄 世界へ意欲/大阪マラソン

◇大阪マラソン2024(2月25日/大阪府庁前スタート・大阪城公園フィニッシュ) ジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズGSで、パリ五輪代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)ファイナルチャレ […]

NEWS パリ五輪代表・小山直城は日本歴代9位2時間6分33秒&経験の「収穫」と「反省」の3位「現状の力は出し切れた」/大阪マラソン

2024.02.26

パリ五輪代表・小山直城は日本歴代9位2時間6分33秒&経験の「収穫」と「反省」の3位「現状の力は出し切れた」/大阪マラソン

◇大阪マラソン2024(2月25日/大阪府庁前スタート・大阪城公園フィニッシュ) ジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズGSで、パリ五輪代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)ファイナルチャレ […]

NEWS 山口智規が井川龍人との「早大対決」制す!先輩大迫傑と同じ大学2年生Vで「これをステップに」/日本選手権クロカン

2024.02.26

山口智規が井川龍人との「早大対決」制す!先輩大迫傑と同じ大学2年生Vで「これをステップに」/日本選手権クロカン

◇第107回日本選手権クロスカントリー(2月25日/福岡・海の中道海浜公園) 世界クロスカントリー選手権(3月30日/セルビア・ベオグラード)の代表選考会を兼ねた第107回日本選手権クロスカントリーが行われた。シニア男子 […]

NEWS 女子は酒井美玖が地元V!「世界で通用する選手になるためにもここで優勝したいと思っていた」/日本選手権クロカン

2024.02.26

女子は酒井美玖が地元V!「世界で通用する選手になるためにもここで優勝したいと思っていた」/日本選手権クロカン

◇第107回日本選手権クロスカントリー(2月25日/福岡・海の中道海浜公園) 世界クロスカントリー選手権(3月30日/セルビア・ベオグラード)の代表選考会を兼ねた第107回日本選手権クロスカントリーが行われ、49人が出走 […]

NEWS 衝撃の初マラソン初V!平林清澄の快走にを指導した國學院大・前田康弘監督「妥協しない。努力をしてきましたから」/大阪マラソン

2024.02.25

衝撃の初マラソン初V!平林清澄の快走にを指導した國學院大・前田康弘監督「妥協しない。努力をしてきましたから」/大阪マラソン

◇大阪マラソン2024(2月25日/大阪府庁前スタート・大阪城公園フィニッシュ) ジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズGSで、パリ五輪代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)ファイナルチャレ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top