HOME 学生長距離

2023.12.25

箱根駅伝Stories/選手兼主務として東洋大支える十文字優一「鉄紺の再建を!」最後の箱根路は運営管理車へ
箱根駅伝Stories/選手兼主務として東洋大支える十文字優一「鉄紺の再建を!」最後の箱根路は運営管理車へ

第100回箱根駅伝の記者発表にて東洋大の主務として意気込みを語る十文字優一

“魂のタスキ”を16人に託して主務に専念

希望に燃えて入学した十文字だが、貧血もあって、1、2年目は伸び悩んだ。その中で女子実業団チームのランニングコーチになる話が浮上。酒井俊幸監督から「走るだけでなく裏方業務もできないといけない」と3年時の5月からマネージャーと兼任で競技に取り組むようになり、競技力が向上していく。

「マネージャーとして選手を観察することになって、自分の状態を客観的に見られるようになりました。それが競技力の向上につながっているなと感じています」

広告の下にコンテンツが続きます

マネージャーを兼務しながら昨季は10月に10000mで自己ベスト(29分13秒51)を更新。箱根駅伝のエントリーメンバー16人にも名を連ねた。今季は主務となり、マネージャーを束ねる立場として多忙を極めるなかでも、夢舞台の出場を目指してきた。

「選手として使える時間は少ないですけど、何かのために、チームのために頑張れることは競技面でもプラスに働いていると思います。大変な時もありますけど、マイナスに感じたことはありません。主務になったからこそ、ここまでやってこられたかなと感じています」

主務の仕事をしながら、他の選手と同じ練習メニューをこなして、6月には5000mで14分14秒87の自己新をマーク。同月の男鹿駅伝では6区を区間2位と好走した。11月の全日本大学駅伝はエントリーメンバーの16人に選ばれている。

11月中旬の取材では、「客観的に見て、自分は16人ギリギリのところにいます。最後まであきらめないで頑張りたい。10区を走りたいという気持ちがあるので、出走を目指して、チームに貢献できるようにしたいです」と話していた。

広告の下にコンテンツが続きます

しかし、「1時間4分台では走りたい」という11月26日の小江戸川越ハーフマラソンで1時間7分21秒に終わり、酒井監督から主務に専念するよう告げられた。

2024年1月2、3日は運営管理車に乗って、酒井監督のサポートを務める予定。鉄紺のタスキをつなぐことはできなかったが、十文字の“夢”は終わっていない。

「出雲は8位、全日本は14位と振るいませんでしたが、4年生は個々の力を持っている学年です。その力を発揮できれば、もっと上の結果がついてくる。自分たちに足りていないのは自信かなと感じています。監督を信じてやっていけば間違いなく結果につながると思っています」

“魂のタスキ”をエントリーされた16人に託した十文字。今度は選手たちが主務の期待に応える番だ。

広告の下にコンテンツが続きます

チーム全員が鉄紺の誇りを胸に正月決戦に向かっていく。

最後まで選手として箱根駅伝出走を目指した十文字優一

文/酒井政人

新春の風物詩・箱根駅伝の100回大会に挑む出場全23校の選手やチームを取り上げる「箱根駅伝Stories」。それぞれが歩んできた1年間の足跡をたどった。

服部勇馬にあこがれた中学時代

12月11日に行われた箱根駅伝チームエントリー記者発表会。東洋大の十文字優一(4年)にとっては忘れられない日になることだろう。 主務としてマイクを握ると、「『鉄紺の再建』をチームのテーマとして1年間練習に取り組んできました。歴代の先輩方が紡いでくれた伝統を継承し、最後まで諦めない走りを目指します」と力強く宣言したのだ。 この言葉は駅伝選手としての“決別”の意味もあった。 十文字は小学5年時に地域のランニングクラブに入会。中学は陸上部がなかったため、バレーボール部に所属しながら、クラブチームで走り続けた。その頃から「東洋大で箱根駅伝を走りたい!」という夢を抱いていたという。 「服部勇馬さん(現・トヨタ自動車)が花の2区を走ったシーンを観て、カッコいいな、と思ったんです」 岩手・専大北上高時代はエースとして活躍したが、全国高校駅伝には届かなかった。唯一、出場を果たした全国大会が3年時の都道府県駅伝。しかし、1区で区間42位と沈み、「高校時代は思ったような結果を残せませんでした。特に都道府県駅伝は悔しくて、1区で負けた選手に勝ちたい、と思ったんです」 高校卒業後は憧れていた東洋大に進学する。当時の5000mベストは14分34秒51で、同期の中では11番目だった。 「進学先の希望は東洋大1本でした。行けないなら一般就職しようと思っていたくらいです。鉄紺のウェアに感動しましたし、カッコいいなと思いましたね。着るからには結果を出さないといけない責任も感じました」

“魂のタスキ”を16人に託して主務に専念

希望に燃えて入学した十文字だが、貧血もあって、1、2年目は伸び悩んだ。その中で女子実業団チームのランニングコーチになる話が浮上。酒井俊幸監督から「走るだけでなく裏方業務もできないといけない」と3年時の5月からマネージャーと兼任で競技に取り組むようになり、競技力が向上していく。 「マネージャーとして選手を観察することになって、自分の状態を客観的に見られるようになりました。それが競技力の向上につながっているなと感じています」 マネージャーを兼務しながら昨季は10月に10000mで自己ベスト(29分13秒51)を更新。箱根駅伝のエントリーメンバー16人にも名を連ねた。今季は主務となり、マネージャーを束ねる立場として多忙を極めるなかでも、夢舞台の出場を目指してきた。 「選手として使える時間は少ないですけど、何かのために、チームのために頑張れることは競技面でもプラスに働いていると思います。大変な時もありますけど、マイナスに感じたことはありません。主務になったからこそ、ここまでやってこられたかなと感じています」 主務の仕事をしながら、他の選手と同じ練習メニューをこなして、6月には5000mで14分14秒87の自己新をマーク。同月の男鹿駅伝では6区を区間2位と好走した。11月の全日本大学駅伝はエントリーメンバーの16人に選ばれている。 11月中旬の取材では、「客観的に見て、自分は16人ギリギリのところにいます。最後まであきらめないで頑張りたい。10区を走りたいという気持ちがあるので、出走を目指して、チームに貢献できるようにしたいです」と話していた。 しかし、「1時間4分台では走りたい」という11月26日の小江戸川越ハーフマラソンで1時間7分21秒に終わり、酒井監督から主務に専念するよう告げられた。 2024年1月2、3日は運営管理車に乗って、酒井監督のサポートを務める予定。鉄紺のタスキをつなぐことはできなかったが、十文字の“夢”は終わっていない。 「出雲は8位、全日本は14位と振るいませんでしたが、4年生は個々の力を持っている学年です。その力を発揮できれば、もっと上の結果がついてくる。自分たちに足りていないのは自信かなと感じています。監督を信じてやっていけば間違いなく結果につながると思っています」 “魂のタスキ”をエントリーされた16人に託した十文字。今度は選手たちが主務の期待に応える番だ。 チーム全員が鉄紺の誇りを胸に正月決戦に向かっていく。 [caption id="attachment_124467" align="alignnone" width="800"] 最後まで選手として箱根駅伝出走を目指した十文字優一[/caption] 文/酒井政人

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.22

JMCシリーズの順位修正 山下一貴が4位へ、西山、大迫の順位が下がる ブダペスト世界陸上9位のドーピング違反により

日本陸連はジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズⅢ(22年4月~24年3月)の順位に修正があったことを発表した。 昨年のブダペスト世界選手権で9位に入ったジョン・ハキジマナ(ルワンダ)のドーピング違反が11 […]

NEWS ブダペスト世界陸上マラソン9位のハキジマナがドーピング違反失格により、山下一貴、其田健也、西山和弥の順位がアップ

2024.04.22

ブダペスト世界陸上マラソン9位のハキジマナがドーピング違反失格により、山下一貴、其田健也、西山和弥の順位がアップ

昨年11月30日にアスリート・インテグリティー・ユニット(AIU、世界陸連の独立不正監査機関)が、男子マラソンでルワンダ記録を持つジョン・ハキジマナのドーピング違反(禁止物質:トリアムシノロンアセトニド陽性)により23年 […]

NEWS マラソンリレーはF.フォルトゥナート、V.トラプレッティのイタリア2が優勝/世界競歩チーム選手権

2024.04.22

マラソンリレーはF.フォルトゥナート、V.トラプレッティのイタリア2が優勝/世界競歩チーム選手権

◇第30回世界競歩チーム選手権(4月21日/トルコ・アンタルヤ) 世界競歩チーム選手権が開催され、新種目のマラソンリレーはイタリア2(F.フォルトゥナート、V.トラプレッティ)が2時間56分45秒で優勝した。 広告の下に […]

NEWS 堀尾謙介がM&Aベストパートナーズと所属契約 1月に九電工を退部しプロランナーに

2024.04.22

堀尾謙介がM&Aベストパートナーズと所属契約 1月に九電工を退部しプロランナーに

M&Aベストパートナーズは、堀尾謙介と所属契約を交わしたことを発表した。 東京五輪、パリ五輪の代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)に出場している堀尾。兵庫・須磨学園高出身で、中大時代には主力として活躍し […]

NEWS 17歳ミラーが100m9秒97!! 自己記録を一気に0.13秒更新!ブロメルのU20米国記録を破る

2024.04.22

17歳ミラーが100m9秒97!! 自己記録を一気に0.13秒更新!ブロメルのU20米国記録を破る

4月20日に米国で開催されたPURE招待で、17歳のC.ミラー(米国)が9秒93(+1.6)の今季世界最高、U20米国新、U20歴代3位の好記録で優勝した。従来の米国記録は、のちに世界選手権で銅メダルを獲得するT.ブロメ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top