月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【マラソン】2021年開催予定の別大マラソンが1年延期


 別府大分毎日マラソン大会実行委員会は23日、新型コロナウイルスの感染拡大収束の見通しが立たないことなどから、来年2月7日(日)に予定していた第70回大会の開催を見送り、2022年2月6日(日)に日程変更することを発表した。同大会における開催見送りは初めてとなる。

 1952年に第1回大会がスタートしてから約70年の歴史を誇り、2013年にはモスクワ世界選手権の代表を懸けて川内優輝(埼玉県庁/現・あいおいニッセイ同和損保)と中本健太郎(安川電機)が大会記録を上回るハイレベルなデッドヒートを繰り広げるなど、数々の名勝負を生んできた。

 代替イベントとしては、リモートマラソン大会「別大チャレンジ2021(仮称)」を2021年2月1日から14日に開催し、期間中に累計42.195kmを走破する指定距離走破方式を予定。詳細は10月中に大会要項が発表される。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com