HOME 学生長距離

2023.12.18

【Playback箱根駅伝】第48回/日体大強し! 往復Vで4連覇達成 大東大が躍進の3位
【Playback箱根駅伝】第48回/日体大強し! 往復Vで4連覇達成 大東大が躍進の3位

第48回箱根駅伝/2区で区間新記録を樹立した小沢欽一(左)

2024年に箱根駅伝は第100回大会を迎える。記念すべき100回に向けて、これまでの歴史を改めて振り返る『Playback箱根駅伝』を企画。第1回大会から第99回大会まで、大会の様子を刻んでいく。(所属などは当時のもの)

第48回(1972年/昭和47年)
日体大が2区、5区で大幅な区間新! スタート、フィニッシュが大手町に

ミュンヘン五輪が開催された1972年。日体大が4連覇に挑む一方、伝統校の明大が3年ぶり、東農大が7年ぶりに復帰した。読売新聞社が銀座から大手町に移転したことにより、この大会から大手町を発着する新コースに変更された。

広告の下にコンテンツが続きます

1区は大東大の鞭馬講二が区間賞を獲得し、日体大の古川久司は13秒差の2位でタスキをつないだ。2区は日体大エースの小沢欽一が1時間13分37秒の区間新記録で区間賞を獲得。日体大がトップに躍り出る。

しかし3区は再び大東大の森下茂が区間賞で追い上げ、4区では日体大との差を22秒に縮めた。5区でついに、大東大の松田強が日体大の石倉義隆に並ぶ。しかし、石倉が箱根湯本駅前で引き離すと、そのまま独走して1時間12分7秒で山上りを制した。若干のコースがあったものの、石倉のタイムは前年までの最高記録(1時間13分08秒)を大きく上回るものだった。

日体大は5時間47分51秒で2年ぶりに往路制覇。前年、区間記録を出した日大の佐藤進が区間2位で大東大に迫り、往路5時間52分9秒と同タイムで日大が2位、大東大が3位となった。

往路4位の順大は、6区の山本哲治が区間賞を獲得。大東大、日体大と続いた。日体大は8区の田ノ上貢一が大東大、中大らを交わし、日大との差を5分14秒に広げてV4へとひた走る。

広告の下にコンテンツが続きます

復路も5時間43分12秒で制した日体大が完全優勝で4連覇を達成。往路で同タイムだった日大と大東大は、9区を終わっても通算同タイムで並んだが、日大アンカーの酒見勝喜が1時間7分27秒で区間賞を獲得し、大東大を突き放してフィニッシュ。日大が11時間37分12秒で2位、大東大が3位となった。順大が4位に入り、国士大、中大と続いた。

参考文献:箱根駅伝90回記念誌(関東学生連盟)

2024年に箱根駅伝は第100回大会を迎える。記念すべき100回に向けて、これまでの歴史を改めて振り返る『Playback箱根駅伝』を企画。第1回大会から第99回大会まで、大会の様子を刻んでいく。(所属などは当時のもの)

第48回(1972年/昭和47年) 日体大が2区、5区で大幅な区間新! スタート、フィニッシュが大手町に

ミュンヘン五輪が開催された1972年。日体大が4連覇に挑む一方、伝統校の明大が3年ぶり、東農大が7年ぶりに復帰した。読売新聞社が銀座から大手町に移転したことにより、この大会から大手町を発着する新コースに変更された。 1区は大東大の鞭馬講二が区間賞を獲得し、日体大の古川久司は13秒差の2位でタスキをつないだ。2区は日体大エースの小沢欽一が1時間13分37秒の区間新記録で区間賞を獲得。日体大がトップに躍り出る。 しかし3区は再び大東大の森下茂が区間賞で追い上げ、4区では日体大との差を22秒に縮めた。5区でついに、大東大の松田強が日体大の石倉義隆に並ぶ。しかし、石倉が箱根湯本駅前で引き離すと、そのまま独走して1時間12分7秒で山上りを制した。若干のコースがあったものの、石倉のタイムは前年までの最高記録(1時間13分08秒)を大きく上回るものだった。 日体大は5時間47分51秒で2年ぶりに往路制覇。前年、区間記録を出した日大の佐藤進が区間2位で大東大に迫り、往路5時間52分9秒と同タイムで日大が2位、大東大が3位となった。 往路4位の順大は、6区の山本哲治が区間賞を獲得。大東大、日体大と続いた。日体大は8区の田ノ上貢一が大東大、中大らを交わし、日大との差を5分14秒に広げてV4へとひた走る。 復路も5時間43分12秒で制した日体大が完全優勝で4連覇を達成。往路で同タイムだった日大と大東大は、9区を終わっても通算同タイムで並んだが、日大アンカーの酒見勝喜が1時間7分27秒で区間賞を獲得し、大東大を突き放してフィニッシュ。日大が11時間37分12秒で2位、大東大が3位となった。順大が4位に入り、国士大、中大と続いた。 参考文献:箱根駅伝90回記念誌(関東学生連盟)

第48回箱根駅伝総合成績をチェック

●総合成績 1位 日体大 11時間31分03秒 2位 日大  11時間37分12秒 3位 大東大 11時間40分19秒 4位 順大  11時間43分21秒 5位 国士大 11時間44分11秒 6位 中大  11時間49分55秒 7位 専大  11時間57分59秒 8位 東洋大 12時間05分37秒 9位 駒大  12時間13分05秒 10位 亜細亜大12時間14分15秒 11位 東農大 12時間19分29秒 12位 東教大 12時間25分35秒 13位 青学大 12時間32分43秒 14位 拓大  12時間34分07秒 15位 明大  12時間58分09秒 ●区間賞 1区 鞭馬講二(大東大) 1時間06分36秒 2区 小沢欽一(日体大) 1時間13分37秒 3区 森下茂(大東大)  1時間05分44秒 4区 佐藤誠(中大)   1時間05分24秒 5区 石倉義隆(日体大) 1時間12分07秒 6区 山本啓治(順大)  1時間00分21秒 7区 大場文夫(日大)  1時間06分47秒 8区 田ノ上貢一(日体大)1時間08分18秒 9区 小沼力(日体大)  1時間17分12秒 10区 酒見勝喜(日大)  1時間07分27秒

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.20

女王・北口榛花が渡欧前に弾みの逆転V!「余力が残っている状態で勝てた」パリに向かって“チーム一丸”/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、女子やり投は北口榛花(JAL)が63m45のシーズンベストを投げて優勝 […]

NEWS 遠藤日向が復活!今季初戦で13分20秒28 初五輪へ「最低限良かった」/セイコーGGP

2024.05.20

遠藤日向が復活!今季初戦で13分20秒28 初五輪へ「最低限良かった」/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、男子5000mはイマニエル・マル(トヨタ紡織)が13分18秒94で優勝 […]

NEWS 400mH豊田兼が日本歴代5位の48秒36 波乱の100mは栁田V サニブラウン、坂井はアクシデント/セイコーGGP

2024.05.20

400mH豊田兼が日本歴代5位の48秒36 波乱の100mは栁田V サニブラウン、坂井はアクシデント/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われた。 広告の下にコンテンツが続きます 男子400mハードルで好記録が誕生 […]

NEWS 400mH山本竜大が49秒96でV 200mは山路康太郎が20秒63で快勝/東日本実業団

2024.05.20

400mH山本竜大が49秒96でV 200mは山路康太郎が20秒63で快勝/東日本実業団

◇第66回東日本実業団選手権(5月18日~19日/埼玉・熊谷スポーツ文化公園陸上競技場) 5月20日、東日本実業団選手権の最終日が行われ、男子400mハードルは山本竜大(SEKI A.C.)が49秒96で優勝を飾った。 […]

NEWS 【高平慎士の視点】日本スプリントを背負い始めた栁田大輝の覚悟 サニブラウン、坂井隆一郎は存在感と課題

2024.05.20

【高平慎士の視点】日本スプリントを背負い始めた栁田大輝の覚悟 サニブラウン、坂井隆一郎は存在感と課題

国立競技場で開催されたセイコーゴールデングランプリ(5月19日)の男子100mは、昨年のブダペスト世界陸上代表のサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)、坂井隆一郎(大阪ガス)、栁田大輝(東洋大)がそろい踏みしたなか、栁 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top