月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【長距離】豪華顔ぶれそろった女子10000mは鍋島が制す/全日本実業団


女子10000mで競り合った前田、一山、鍋島、松田

全日本実業団対抗(9月18~20日/熊谷)女子10000mは、この種目で昨年の日本選手権を制している鍋島莉奈(JP日本郵政グループ)が32分03秒40で優勝し、ケガからの復活を印象づけた。

東京五輪マラソン代表の前田穂南(天満屋)と一山麻緒(ワコール)に、松田瑞生(ダイハツ)、鍋島莉奈(JP日本郵政グループ)と豪華な顔ぶれがそろったレース。序盤からこの4人に安藤友香(ワコール)を加えた集団でレースは進む。途中からは前田が引っ張る展開になる。残り2周を迎えて一山が遅れ、前田と松田、鍋島がペースアップ。3人が集団でラスト1周となり、鍋島が持ち味の切れ味鋭いラストスパートで制した。松田(32分06秒46)、前田(32分08秒06)、一山(32分20秒58)と続いた。

「10000mの復帰戦としてはまずまずだったと思います。自分の得意とするレース展開に持って行けた。ラスト1周のスパートは楽しい。どんな大会でも1番はうれしいです。苦しい時期もあって、心が折れたこともありましたが、いろんな人に支えられました」(鍋島)

「思うようにペースが上がらなかったですが、去年より力がついたと思います。来年のオリンピックに向けてしっかり強化していきたい」(前田)



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com