HOME 特集

2023.12.01

川内優輝が13度目の防府読売マラソンに挑戦 前回優勝の中村祐紀、初出場の足羽純実らが追う
川内優輝が13度目の防府読売マラソンに挑戦 前回優勝の中村祐紀、初出場の足羽純実らが追う

川内優輝

「ジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズ」の第54回防府読売マラソンが12月3日(日)に行われる。

大会は男子がJMCシリーズのG1(グレード1)、女子がG3に位置づけられており、JMCシリーズのシリーズⅣでは男子で最初のG1レースとなる。なお、シリーズⅣの優勝者は25年に行われる東京世界選手権の日本代表に内定する。

広告の下にコンテンツが続きます

男子は招待選手6人、エリート選手52人を含む2700人以上が出場登録。注目されるのは10月のMGCで4位に入った川内優輝(あいおいニッセイ同和損保)と前回優勝の中村祐紀(住友電工)、2時間7分台のベストを持つ足羽純実(Honda)の3人だ。

川内はMGCの後も11月に宮城県で行われた「東北・みやぎ復興マラソン」で優勝。これまでと変わらずレースを重ね、13回目の防府に挑む。優勝すれば18年以来5年ぶり5回目となる。

前回、自身初のサブ10となる2時間8分29秒で優勝した中村祐紀は8度目のマラソン挑戦。MGCでは実力を発揮できず52位に終わったが、1ヵ月半の短いスパンでどこまで調子を上げていけるかがカギとなりそうだ。

足羽はマラソンデビュー戦となった21年びわ湖毎日で、初マラソン日本歴代2位(当時)の2時間7分54秒をマーク。22年の東京でもサブ10と好走した。MGC出場は果たせなかったが、復調への足掛かりとしたい。

広告の下にコンテンツが続きます

また、今年の大阪で2時間8分57秒をマークした竹内竜真(NDソフト)、招待出場の平田幸四郎(SGホールディングス)も上位をうかがう。

海外勢では参加者中トップのタイムを持つサイモン・カリウキ(戸上電機製作所)や過去3度の優勝を誇るセルオド・バトオチル(モンゴル/新日本住設)なども出場。過去3大会はいずれも優勝記録が2時間10分を切るなどスピード化も進んでおり、新たなスターが誕生する可能性もありそうだ。

367人がエントリーしている女子には筒井咲帆(ヤマダホールディングス)が出場。今年3月の名古屋ウィメンズでは2時間28分45秒をマークした。マラソンは今年3レース目、先週のクイーンズ駅伝からの連続出場となるが、どのような走りを見せるか。そのほか、池内彩乃(デンソー)、大塚英梨子(キヤノン)など実業団所属の選手が登録している。

第54回防府読売マラソンは12月3日(日)10時40分にスタート。キリンレモンスタジアムソルトアリーナ防府前県道をスタートし、キリンレモンスタジアム陸上競技場がフィニッシュとなる42.195km。KRY山口放送をはじめ、日本テレビ系列14局で10時25分から放送される。

広告の下にコンテンツが続きます
「ジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズ」の第54回防府読売マラソンが12月3日(日)に行われる。 大会は男子がJMCシリーズのG1(グレード1)、女子がG3に位置づけられており、JMCシリーズのシリーズⅣでは男子で最初のG1レースとなる。なお、シリーズⅣの優勝者は25年に行われる東京世界選手権の日本代表に内定する。 男子は招待選手6人、エリート選手52人を含む2700人以上が出場登録。注目されるのは10月のMGCで4位に入った川内優輝(あいおいニッセイ同和損保)と前回優勝の中村祐紀(住友電工)、2時間7分台のベストを持つ足羽純実(Honda)の3人だ。 川内はMGCの後も11月に宮城県で行われた「東北・みやぎ復興マラソン」で優勝。これまでと変わらずレースを重ね、13回目の防府に挑む。優勝すれば18年以来5年ぶり5回目となる。 前回、自身初のサブ10となる2時間8分29秒で優勝した中村祐紀は8度目のマラソン挑戦。MGCでは実力を発揮できず52位に終わったが、1ヵ月半の短いスパンでどこまで調子を上げていけるかがカギとなりそうだ。 足羽はマラソンデビュー戦となった21年びわ湖毎日で、初マラソン日本歴代2位(当時)の2時間7分54秒をマーク。22年の東京でもサブ10と好走した。MGC出場は果たせなかったが、復調への足掛かりとしたい。 また、今年の大阪で2時間8分57秒をマークした竹内竜真(NDソフト)、招待出場の平田幸四郎(SGホールディングス)も上位をうかがう。 海外勢では参加者中トップのタイムを持つサイモン・カリウキ(戸上電機製作所)や過去3度の優勝を誇るセルオド・バトオチル(モンゴル/新日本住設)なども出場。過去3大会はいずれも優勝記録が2時間10分を切るなどスピード化も進んでおり、新たなスターが誕生する可能性もありそうだ。 367人がエントリーしている女子には筒井咲帆(ヤマダホールディングス)が出場。今年3月の名古屋ウィメンズでは2時間28分45秒をマークした。マラソンは今年3レース目、先週のクイーンズ駅伝からの連続出場となるが、どのような走りを見せるか。そのほか、池内彩乃(デンソー)、大塚英梨子(キヤノン)など実業団所属の選手が登録している。 第54回防府読売マラソンは12月3日(日)10時40分にスタート。キリンレモンスタジアムソルトアリーナ防府前県道をスタートし、キリンレモンスタジアム陸上競技場がフィニッシュとなる42.195km。KRY山口放送をはじめ、日本テレビ系列14局で10時25分から放送される。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.26

駒大・唐澤拓海が小森コーポレーションへ!チームが入寮報告 一線退く決意も一転、27分台ランナーが実業団へ

小森コーポレーションは2024年度から駒大の唐澤拓海が入社すると発表した。チームのSNSで2月26日に入寮した様子が公開されている。 唐澤は埼玉・花咲徳栄高出身。大学2年時の関東インカレ(2部)で5000mと10000m […]

NEWS EKIDEN GRAPHIC 2023-2024

2024.02.26

EKIDEN GRAPHIC 2023-2024

EKIDEN GRAPHIC 2023-2024の内容 多彩なグラフィックで学生駅伝を刻む「EKIDEN GRAPHIC」2023-2024シーズン編! 広告の下にコンテンツが続きます 出雲駅伝、全日本大学駅伝、そして第 […]

NEWS 中大・風間歩佳、益田東高・石田萌笑が4月から資生堂に入社 「感謝の気持ちを忘れず日々努力」

2024.02.26

中大・風間歩佳、益田東高・石田萌笑が4月から資生堂に入社 「感謝の気持ちを忘れず日々努力」

2月26日、資生堂は風間歩佳(中大)と石田萌笑(益田東高・島根)が今年4月1日付で入社することを発表した。 千葉県出身の風間は、船橋旭中時代から全中1500mで2年連続全国入賞するなど活躍。3年のジュニア五輪では3000 […]

NEWS グラスゴー世界室内 100mH日本記録保持者・福部真子が出場辞退 60mHで代表、追加招集はナシ

2024.02.26

グラスゴー世界室内 100mH日本記録保持者・福部真子が出場辞退 60mHで代表、追加招集はナシ

日本陸連は3月1日から3日まで英国・グラスゴーで行われる世界室内選手権の日本代表について、女子60mハードルで代表に選ばれていた福部真子(日本建設工業)が出場を辞退したと発表した。コンディション不良のためとしている。これ […]

NEWS 女子はアメバウが圧勝でツアー4勝目 男子はディクメナヨが最終戦を飾る/WAクロカンツアー

2024.02.26

女子はアメバウが圧勝でツアー4勝目 男子はディクメナヨが最終戦を飾る/WAクロカンツアー

2月25日、世界陸連(WA)クロスカントリーツアー・ゴールドの第47回アーモンド・ブロッサム国際クロカンがポルトガル・アルブフェイラが男女いずれも9.13kmのコースで行われ、男子はT.ディクメナヨ(スペイン)が27分1 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top