HOME 高校

2023.11.26

高校駅伝男子 地区大会で佐久長聖と洛南が2時間4分台 王者・倉敷も層の厚さ見せる 全国4位の埼玉栄が2時間5分台連発
高校駅伝男子 地区大会で佐久長聖と洛南が2時間4分台 王者・倉敷も層の厚さ見せる 全国4位の埼玉栄が2時間5分台連発

関東大会を優勝した埼玉栄

高校駅伝の地区大会は11月26日の東海、近畿をもってすべて終了した。

今年の全国高校駅伝(12月24日/京都)男子は、都道府県大会優勝の47校で争われる。女子とは異なり、地区高校駅伝での全国切符(地区代表)はなかったが、白熱したレースが展開された。

広告の下にコンテンツが続きます

強豪がそろう近畿大会では、洛南(京都)が総合力の高さを見せて、2時間4分20秒で制覇。兵庫県大会で2時間4分29秒を出していた須磨学園は、5000mで高校歴代2位のタイムを持つ折田壮太(3年)を4区に回しながらも、2時間5分17秒でまとめた。また、京都府大会で2位に終わり、地元の全国大会に届かなかった洛北が、2時間5分59秒で3位と意地のタスキリレーを披露した。

関東大会は、昨年の全国4位・埼玉栄(埼玉)が県大会に続く2時間5分台で優勝。2位には群馬王者の東農大二が2時間6分20秒で入った。北信越大会では昨年の全国2位・佐久長聖(長野)が他を圧倒。県大会からメンバー5人を入れ替えながらも、2時間4分16秒を出している。

中国大会では昨年の全国V・倉敷(岡山)がオール日本人選手で臨み、2時間5分15秒をマーク。選手層の厚さを見せた。ライバルひしめく九州大会は、九州学院(熊本)が強風のなか、2時間6分08秒で制している。東北大会は仙台育英(宮城)が一部主力を温存しながらも、2時間6分44秒で駆け抜けた。

都道府県大会と地区大会を合わせたタイムをランキングにすると、長野県大会で2時間3分27秒を出した佐久長聖がトップ。地区大会で新たに2時間3分台は出ず、1年前の5校と比べると4校少ない。次いで近畿Vの洛南、兵庫1位の須磨学園、気温30度の中で行われた鹿児島県大会を優勝した鹿児島城西が2時間4分台。2時間4分台3校は昨年と同じだ。

広告の下にコンテンツが続きます

全国大会まであと1ヵ月を切った。都大路でどんなレースが繰り広げられるか。

全国高校駅伝は12月24日、京都市のたけびしスタジアム京都を発着点(7区間42.195km/12時30分スタート)で行われる。

高校駅伝の地区大会は11月26日の東海、近畿をもってすべて終了した。 今年の全国高校駅伝(12月24日/京都)男子は、都道府県大会優勝の47校で争われる。女子とは異なり、地区高校駅伝での全国切符(地区代表)はなかったが、白熱したレースが展開された。 強豪がそろう近畿大会では、洛南(京都)が総合力の高さを見せて、2時間4分20秒で制覇。兵庫県大会で2時間4分29秒を出していた須磨学園は、5000mで高校歴代2位のタイムを持つ折田壮太(3年)を4区に回しながらも、2時間5分17秒でまとめた。また、京都府大会で2位に終わり、地元の全国大会に届かなかった洛北が、2時間5分59秒で3位と意地のタスキリレーを披露した。 関東大会は、昨年の全国4位・埼玉栄(埼玉)が県大会に続く2時間5分台で優勝。2位には群馬王者の東農大二が2時間6分20秒で入った。北信越大会では昨年の全国2位・佐久長聖(長野)が他を圧倒。県大会からメンバー5人を入れ替えながらも、2時間4分16秒を出している。 中国大会では昨年の全国V・倉敷(岡山)がオール日本人選手で臨み、2時間5分15秒をマーク。選手層の厚さを見せた。ライバルひしめく九州大会は、九州学院(熊本)が強風のなか、2時間6分08秒で制している。東北大会は仙台育英(宮城)が一部主力を温存しながらも、2時間6分44秒で駆け抜けた。 都道府県大会と地区大会を合わせたタイムをランキングにすると、長野県大会で2時間3分27秒を出した佐久長聖がトップ。地区大会で新たに2時間3分台は出ず、1年前の5校と比べると4校少ない。次いで近畿Vの洛南、兵庫1位の須磨学園、気温30度の中で行われた鹿児島県大会を優勝した鹿児島城西が2時間4分台。2時間4分台3校は昨年と同じだ。 全国大会まであと1ヵ月を切った。都大路でどんなレースが繰り広げられるか。 全国高校駅伝は12月24日、京都市のたけびしスタジアム京都を発着点(7区間42.195km/12時30分スタート)で行われる。

高校駅伝予選 男子TOP10+α

2.03.27 佐久長聖(長野) 長野県大会① 2.04.20 洛 南(京都) 近畿大会① 2.04.29 須磨学園(兵庫) 兵庫県大会① 2.04.30 鹿児島城西(鹿児島) 鹿児島県大会① 2.05.00 倉 敷(岡山) 岡山県大会① 2.05.07 出水中央(鹿児島) 鹿児島県大会②※ 2.05.43 埼玉栄(埼玉) 埼玉県大会① 2.05.58 仙台育英(宮城) 宮城県大会① 2.05.59 洛 北(京都) 近畿大会③※ 2.06.08 九州学院(熊本) 九州大会① 2.06.19 札幌山の手(北海道) 北海道大会① 2.06.19 小 林(宮崎) 宮崎県大会① ※は全国大会代表校外

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.21

箱根駅伝“山の神” 今井正人が引退! 日本選手権クロカンでラストレース マラソンでも結果残す

トヨタ自動車九州は2月21日、所属する今井正人が2月25日の第107回日本選手権クロスカントリーを最後に現役を引退すると発表した。 今井は福島県小高町(現・南相馬市)出身の39歳。小学生の頃から野球少年だったが、小・中学 […]

NEWS 「ワクワク感を届けるデザインを」東京2025世界陸上のロゴデザイン選定委員会を開催!

2024.02.21

「ワクワク感を届けるデザインを」東京2025世界陸上のロゴデザイン選定委員会を開催!

東京2005世界陸上財団は2月21日、2025年9月に開催される東京世界選手権の大会ロゴデザイン選定委員会を開いた。 11月30日から1月15日までの応募期間で受け付けられた368作品から、要件確認を経て、予備選定会で絞 […]

NEWS 走幅跳の“実測”ルール変更検討に対しカール・ルイス「私たちとは違うジャンプ」23年世界女王「アスリートの意見尊重を」

2024.02.21

走幅跳の“実測”ルール変更検討に対しカール・ルイス「私たちとは違うジャンプ」23年世界女王「アスリートの意見尊重を」

世界陸連(WA)が走幅跳のルール変更について検討していることについて、さまざまな声が上がっている。 現行ルールは、踏み切り板20cmと10cmの粘土板が敷かれ、踏み切り板と粘土板の境目から計測される。粘土板に跡がついた場 […]

NEWS 【第100回箱根駅伝】出場全230人の証言~法大~細迫海気「総合5位以内は必ず達成できる」小泉「トップ5入りへ導きます」

2024.02.20

【第100回箱根駅伝】出場全230人の証言~法大~細迫海気「総合5位以内は必ず達成できる」小泉「トップ5入りへ導きます」

記念すべき第100回目の箱根駅伝に出場した23チームの、出走全230人にアンケートを実施。出走したすべての選手たちの声を刻みます! 【アンケート項目】 (1)大会を終えての感想、コースの攻略法など (2)今だから話せる裏 […]

NEWS 十種競技・右代啓祐がニュージーランド混成選手権に出場 「冬の成果を感じることができた」

2024.02.20

十種競技・右代啓祐がニュージーランド混成選手権に出場 「冬の成果を感じることができた」

2月17日から18日にニュージーランド・ダニーデンでニュージーランド混成選手権が行われ、十種競技日本記録保持者・右代啓祐(国士舘クラブ)がオープン参加で出場し、6078点をマークした。 ニュージーランドで合宿中の右代は練 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top