HOME 特集

2023.11.24

【クイーンズ駅伝見どころ】戦力充実の積水化学のV奪還なるか!前回女王・資生堂、3年前の覇者・JP日本郵政グループの3強
【クイーンズ駅伝見どころ】戦力充実の積水化学のV奪還なるか!前回女王・資生堂、3年前の覇者・JP日本郵政グループの3強

クイーンズ駅伝に挑むワコール・一山麻緒、積水化学・新谷仁美、JP日本郵政グループ・廣中璃梨佳、第一生命グループ・鈴木優花

第43回全日本実業団対抗女子駅伝競走大会(クイーンズ駅伝)は11月26日、宮城県松島町の文化観光交流館前スタート、仙台市の弘進ゴムアスリートパーク仙台(仙台市陸上競技場)フィニッシュの6区間42.195kmのコースで行われる。

昨年の大会でシード権を獲得した上位8チームと、10月22日の予選会(プリンセス駅伝in宗像・福津)で上位16位までの計24チームに加え、マラソングランドチャンピオンシップ(MGC/10月15日)の特例措置(出場選手がいるチームは予選会完走でクイーンズ駅伝出場資格が得られる)が適用された1チームの、計25チームが出場する。杜の都で繰り広げられる熱戦の見どころを紹介する。

広告の下にコンテンツが続きます

2019年以降の4年で頂点に立った3チーム、前回優勝の資生堂、前々回女王の積水化学、19年~20年連覇のJP日本郵政グループがV争いの「3強」と見られる。

その中でも一歩リードするのが積水化学だろう。その顔ぶれには日本代表経験者がずらりと並ぶ。大エースの新谷仁美は、9月のベルリンマラソンでは2時間23分08秒と、目標の日本記録(2時間19分12秒)更新は果たせなかったが、すぐに駅伝に切り替えた。

今夏のブダペスト世界陸上にはマラソンに佐藤早也伽、5000mにルーキー・山本有真が出場。21年東京五輪1500m代表の卜部蘭、世界陸上出場実績のある木村友香、楠莉奈もいる。世界を知る選手たちだけで6区間を埋めることができる豪華布陣だ。

さらに、経験豊富な森智香子や、10月のミドル・ディスタンス・サーキット(MDC)5000mで15分36秒40の自己新を出した2年目の田浦英理歌なども控え、選手層も厚い。前々回で悲願の初優勝を果たした名門が、女王の座奪還に向けて突き進むか。

広告の下にコンテンツが続きます

一方、前回大会で16年ぶりの優勝を果たした資生堂も、前回と遜色のない戦力が整う。

MGC2位で2大会連続の五輪代表内定を決めた一山麻緒、ブダペスト世界選手権10000m代表の五島莉乃、ベテランの高島由香の3本柱は積水化学と遜色ない。

前回1区区間賞の木村は積水化学に移籍し、2区区間賞で流れを引き継いだ佐藤成葉は引退したが、ワコールから移籍したスピードランナーの井手彩乃、2年目の大谷菜南子がカバーできる。さらに、前回4区で独走態勢を築いたジュディ・チェプングティチの存在が大きく、レースの流れを一気に変える力がある。

JP日本郵政グループは、ブダペスト世界陸上10000m7位入賞の廣中璃梨佳が大エースとして中心になる。あとはその脇をどう固めていくか。MGCに出場した鈴木亜由子、太田琴菜、アジア大会5位の大西ひかりのマラソン組3人がどこまで駅伝に合わせられるかが、カギとなりそう。2連覇した時の2区・菅田雅香、前回1区、6区の和田有菜や小坂井智絵ら選手層は整うだけに、適材適所の配置ができれば3年ぶり優勝が視野に入る。

広告の下にコンテンツが続きます

3強の勝負を分けるポイントの1つは、3区終了時のタイム差。資生堂のチェプングティチがここで抜け出す展開となるか、追いかける展開となるか。各チームの戦略に注目だ。

第43回全日本実業団対抗女子駅伝競走大会(クイーンズ駅伝)は11月26日、宮城県松島町の文化観光交流館前スタート、仙台市の弘進ゴムアスリートパーク仙台(仙台市陸上競技場)フィニッシュの6区間42.195kmのコースで行われる。 昨年の大会でシード権を獲得した上位8チームと、10月22日の予選会(プリンセス駅伝in宗像・福津)で上位16位までの計24チームに加え、マラソングランドチャンピオンシップ(MGC/10月15日)の特例措置(出場選手がいるチームは予選会完走でクイーンズ駅伝出場資格が得られる)が適用された1チームの、計25チームが出場する。杜の都で繰り広げられる熱戦の見どころを紹介する。 2019年以降の4年で頂点に立った3チーム、前回優勝の資生堂、前々回女王の積水化学、19年~20年連覇のJP日本郵政グループがV争いの「3強」と見られる。 その中でも一歩リードするのが積水化学だろう。その顔ぶれには日本代表経験者がずらりと並ぶ。大エースの新谷仁美は、9月のベルリンマラソンでは2時間23分08秒と、目標の日本記録(2時間19分12秒)更新は果たせなかったが、すぐに駅伝に切り替えた。 今夏のブダペスト世界陸上にはマラソンに佐藤早也伽、5000mにルーキー・山本有真が出場。21年東京五輪1500m代表の卜部蘭、世界陸上出場実績のある木村友香、楠莉奈もいる。世界を知る選手たちだけで6区間を埋めることができる豪華布陣だ。 さらに、経験豊富な森智香子や、10月のミドル・ディスタンス・サーキット(MDC)5000mで15分36秒40の自己新を出した2年目の田浦英理歌なども控え、選手層も厚い。前々回で悲願の初優勝を果たした名門が、女王の座奪還に向けて突き進むか。 一方、前回大会で16年ぶりの優勝を果たした資生堂も、前回と遜色のない戦力が整う。 MGC2位で2大会連続の五輪代表内定を決めた一山麻緒、ブダペスト世界選手権10000m代表の五島莉乃、ベテランの高島由香の3本柱は積水化学と遜色ない。 前回1区区間賞の木村は積水化学に移籍し、2区区間賞で流れを引き継いだ佐藤成葉は引退したが、ワコールから移籍したスピードランナーの井手彩乃、2年目の大谷菜南子がカバーできる。さらに、前回4区で独走態勢を築いたジュディ・チェプングティチの存在が大きく、レースの流れを一気に変える力がある。 JP日本郵政グループは、ブダペスト世界陸上10000m7位入賞の廣中璃梨佳が大エースとして中心になる。あとはその脇をどう固めていくか。MGCに出場した鈴木亜由子、太田琴菜、アジア大会5位の大西ひかりのマラソン組3人がどこまで駅伝に合わせられるかが、カギとなりそう。2連覇した時の2区・菅田雅香、前回1区、6区の和田有菜や小坂井智絵ら選手層は整うだけに、適材適所の配置ができれば3年ぶり優勝が視野に入る。 3強の勝負を分けるポイントの1つは、3区終了時のタイム差。資生堂のチェプングティチがここで抜け出す展開となるか、追いかける展開となるか。各チームの戦略に注目だ。

ダイハツ、MGC女王の鈴木優花擁する第一生命グループらが上位候補

3強に隙ができた時に食い込むチームとしては、ダイハツ、第一生命グループ、エディオン、天満屋あたりが候補となりそう。 ダイハツはMGCに加世田梨花、竹本香奈子、前田彩里が出場し、ブダペスト世界選手権マラソン13位の松田瑞生は足のケガで回避。つなぎを含めて、そのメンバーたちがしっかりと各区間に入ってくれば、上位を狙う態勢が整う。 第一生命グループには、MGC優勝でパリ五輪代表内定を決めた鈴木優花がいる。駅伝にも強い意欲を示しており、7月のアジア選手権10000m金メダルの小海遥がケガから回復しているようだと、3区と5区の10km区間は強力だ。 前回4位で初シード獲得だったエディオンも、MGC3位の細田あい、同16位の市田美咲、キャプテン・矢田みくにを軸に、総合力は高い。 天満屋もMGCで5~7位に松下菜摘、谷本観月、前田穂南が入り、大東優奈が13位。代表内定者は出せなかったが、チームとして高い総合力を示した。それを駅伝にぶつけられると、4年ぶり入賞はもちろん、さらなる上位が見えてくる。 ここに、前回入賞の豊田自動織機、パナソニック、前回9位の九電工、プリンセス駅伝を制した岩谷産業、ブダペスト世界選手権1500m代表の後藤夢を擁するユニクロなどを加えたチームが、次回出場権を得られる8位入賞ラインで熾烈な争いを繰り広げることになるだろう。 初出場はセンコーのみで、ニトリ、キヤノン、京セラが2年ぶりの出場となる。 コロナ禍による規制が3年ぶりに解除され、今年は第1中継所が、4年前と同じ塩竃市地域活動支援センターに戻された。そのため、1区の距離が昨年より600m短い7.0kmに戻った。また、2区と3区で距離変更があり、2区は3.3㎞から4.2㎞と900m延び、3区は10.9㎞から10.6㎞と300m短縮。4区以降に変更はない。 レースは11月26日、12時15分スタート。TBS系列で11時50分から生中継される。 ※文中に誤りがありましたので、修正しました。

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.20

女王・北口榛花が渡欧前に弾みの逆転V!「余力が残っている状態で勝てた」パリに向かって“チーム一丸”/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、女子やり投は北口榛花(JAL)が63m45のシーズンベストを投げて優勝 […]

NEWS 遠藤日向が復活!今季初戦で13分20秒28 初五輪へ「最低限良かった」/セイコーGGP

2024.05.20

遠藤日向が復活!今季初戦で13分20秒28 初五輪へ「最低限良かった」/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、男子5000mはイマニエル・マル(トヨタ紡織)が13分18秒94で優勝 […]

NEWS 400mH豊田兼が日本歴代5位の48秒36 波乱の100mは栁田V サニブラウン、坂井はアクシデント/セイコーGGP

2024.05.20

400mH豊田兼が日本歴代5位の48秒36 波乱の100mは栁田V サニブラウン、坂井はアクシデント/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われた。 広告の下にコンテンツが続きます 男子400mハードルで好記録が誕生 […]

NEWS 400mH山本竜大が49秒96でV 200mは山路康太郎が20秒63で快勝/東日本実業団

2024.05.20

400mH山本竜大が49秒96でV 200mは山路康太郎が20秒63で快勝/東日本実業団

◇第66回東日本実業団選手権(5月18日~19日/埼玉・熊谷スポーツ文化公園陸上競技場) 5月20日、東日本実業団選手権の最終日が行われ、男子400mハードルは山本竜大(SEKI A.C.)が49秒96で優勝を飾った。 […]

NEWS 【高平慎士の視点】日本スプリントを背負い始めた栁田大輝の覚悟 サニブラウン、坂井隆一郎は存在感と課題

2024.05.20

【高平慎士の視点】日本スプリントを背負い始めた栁田大輝の覚悟 サニブラウン、坂井隆一郎は存在感と課題

国立競技場で開催されたセイコーゴールデングランプリ(5月19日)の男子100mは、昨年のブダペスト世界陸上代表のサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)、坂井隆一郎(大阪ガス)、栁田大輝(東洋大)がそろい踏みしたなか、栁 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top