HOME 高校

2023.11.12

全国高校駅伝 男子全47代表が出そろう 最多は小林の59回、2連覇狙う倉敷は46年連続 佐久長聖がトップタイム
全国高校駅伝 男子全47代表が出そろう 最多は小林の59回、2連覇狙う倉敷は46年連続 佐久長聖がトップタイム

都道府県大会最速タイムをマークした佐久長聖

全国高校駅伝の予選会を兼ねた高校駅伝の都道府県大会は、10月5日の青森を皮切りに各地で行われ、11月12日の三重で全47大会が終了。男子の代表校が出そろった。

男子の全国大会は今回で74回を数える。出場最多は小林(宮崎)。県大会を2連覇し、59回目の都大路出場を決めた。次いで、全国優勝最多の11回を誇る世羅(広島)。20年連続53回目の出場となる。

さらに48回の鳥栖工(佐賀)、47回の高知農(高知)と続き、前回の全国大会で大会新記録・高校国内国際記録の2時間1分10秒で3度目の優勝を遂げた倉敷(岡山)は46回。倉敷は1978年の初出場から途切れることなく連続出場を続けている。

初出場は1校のみで盛岡大附(岩手)。県大会28連覇中だった一関学院を抑えて、うれしい出場権を手にした。10年以上経過しての復活出場は比叡山(滋賀)で、2005年以来18年ぶり9回目。男女そろっての全国切符を得た。

タイムでは佐久長聖(長野)が2時間3分27秒でトップ。2時間3分台は佐久長聖のみで、2時間4分台は2時間4分29秒の須磨学園(兵庫)と気温30度超で2時間4分30秒をマークした鹿児島城西(鹿児島)の2チーム。昨年(都道府県大会終了時)は2時間3分台が3校、2時間4分台も3校だった。なお、2時間5分台は前年の1校よりも増えて4校(県大会2位校を含めて)だった

以前は都道府県大会のタイム順で全国大会1区のスタート位置が決まっていたが、コロナ禍の第71回大会(2020年)からはトラックの長距離レースのように2段スタートを採用。5000mの平均タイムで速いチーム(参加申し込み時)から順に内側に入っていく。転倒の可能性がより少なくなることから、今大会も同様の形式で行う。

全国高校駅伝は12月24日、京都市のたけびしスタジアム京都を発着点(7区間42.195km/12時30分スタート)で行われる。

2023全国高校駅伝代表校一覧

全国高校駅伝の予選会を兼ねた高校駅伝の都道府県大会は、10月5日の青森を皮切りに各地で行われ、11月12日の三重で全47大会が終了。男子の代表校が出そろった。 男子の全国大会は今回で74回を数える。出場最多は小林(宮崎)。県大会を2連覇し、59回目の都大路出場を決めた。次いで、全国優勝最多の11回を誇る世羅(広島)。20年連続53回目の出場となる。 さらに48回の鳥栖工(佐賀)、47回の高知農(高知)と続き、前回の全国大会で大会新記録・高校国内国際記録の2時間1分10秒で3度目の優勝を遂げた倉敷(岡山)は46回。倉敷は1978年の初出場から途切れることなく連続出場を続けている。 初出場は1校のみで盛岡大附(岩手)。県大会28連覇中だった一関学院を抑えて、うれしい出場権を手にした。10年以上経過しての復活出場は比叡山(滋賀)で、2005年以来18年ぶり9回目。男女そろっての全国切符を得た。 タイムでは佐久長聖(長野)が2時間3分27秒でトップ。2時間3分台は佐久長聖のみで、2時間4分台は2時間4分29秒の須磨学園(兵庫)と気温30度超で2時間4分30秒をマークした鹿児島城西(鹿児島)の2チーム。昨年(都道府県大会終了時)は2時間3分台が3校、2時間4分台も3校だった。なお、2時間5分台は前年の1校よりも増えて4校(県大会2位校を含めて)だった 以前は都道府県大会のタイム順で全国大会1区のスタート位置が決まっていたが、コロナ禍の第71回大会(2020年)からはトラックの長距離レースのように2段スタートを採用。5000mの平均タイムで速いチーム(参加申し込み時)から順に内側に入っていく。転倒の可能性がより少なくなることから、今大会も同様の形式で行う。 全国高校駅伝は12月24日、京都市のたけびしスタジアム京都を発着点(7区間42.195km/12時30分スタート)で行われる。 https://www.rikujyokyogi.co.jp/archives/114710

都道府県大会タイム 男子トップ10

2.03.27 佐久長聖(長野) 長野県大会① 2.04.29 須磨学園(兵庫) 兵庫県大会① 2.04.30 鹿児島城西(鹿児島) 鹿児島県大会① 2.05.00 倉 敷(岡山) 岡山県大会① 2.05.07 出水中央(鹿児島) 鹿児島県大会② 2.05.43 埼玉栄(埼玉) 埼玉県大会① 2.05.58 仙台育英(宮城) 宮城県大会① 2.06.19 札幌山の手(北海道) 北海道大会① 2.06.19 小 林(宮崎) 宮崎県大会① 2.06.37 東洋大牛久(茨城) 茨城県大会①

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.22

多田修平が布勢スプリント欠場 織田記念で右ふくらはぎを肉離れ

男子短距離の多田修平(住友電工)が自身のSNSを更新し、6月2日に行われる日本GPシリーズの布勢スプリントを欠場すると発表した。 多田は100mで10秒01の自己記録を持ち、東京五輪代表。今年は世界室内60mでファイナル […]

NEWS 7/27開催 日本初上陸トラックイベント『On Track Nights: MDC』の観戦チケットが発売スタート!

2024.05.22

7/27開催 日本初上陸トラックイベント『On Track Nights: MDC』の観戦チケットが発売スタート!

スイスのスポーツブランド「On(オン)」が合同で開催する⽇本初上陸のトラックイベント「On Track Nights: MDC (オン トラック ナイツ: エムディーシー)」は7月27日に東京・世田谷区の大蔵運動公園陸上 […]

NEWS 関西王座を懸けて、関西ICきょう5/22開幕!注目は五輪代表・柳井綾音、前回MVP松井健斗、ブダペスト代表・山本亜美、甲南大ら

2024.05.22

関西王座を懸けて、関西ICきょう5/22開幕!注目は五輪代表・柳井綾音、前回MVP松井健斗、ブダペスト代表・山本亜美、甲南大ら

第101回関西インカレのT&Fの部は今日5月22日に開幕。25日までの4日間、京都市のたけびしスタジアム京都・東寺ハウジングフィールド西京極で行われる。 4月18日のハーフマラソンの部は大阪市のヤンマーフィール […]

NEWS 女子4×400mRは3位 3分35秒45でパリ五輪出場ラインには届かず/アジアリレー

2024.05.21

女子4×400mRは3位 3分35秒45でパリ五輪出場ラインには届かず/アジアリレー

第1回アジアリレー選手権が5月20、21日にタイ・バンコクで行われ、日本は女子4×400mリレーに出場し3分35秒45で3位だった。 日本は久保山晴菜(今村病院)、井戸アビゲイル風果(東邦銀行)、岩田優奈(スズキ)、森山 […]

NEWS ダイヤモンドリーグが中国の自動車ブランド「Zeekr」と公式モビリティパートナー締結

2024.05.21

ダイヤモンドリーグが中国の自動車ブランド「Zeekr」と公式モビリティパートナー締結

ダイヤモンドリーグは5月21日、​​電気自動車メーカーのZeekrと公式モビリティパートナーとして契約したと発表した。 「Zeekr(ジーカー)」は中国の吉利汽車が所有する電気自動車ブランドで2021年に設立。この後に控 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top