HOME 高校

2023.11.12

高橋諒6264点!7年ぶり八種競技高校新 インターハイ2連覇の大器が故障を乗り越えて大記録/エブリバディ・デカスロン
高橋諒6264点!7年ぶり八種競技高校新 インターハイ2連覇の大器が故障を乗り越えて大記録/エブリバディ・デカスロン

高橋諒(23年インターハイ東京都大会)

高橋の得点内訳と八種競技高校歴代10傑、七種競技高1歴代5傑

■高橋諒の6214点高校新の内訳
100m 10.71(+1.9)/926点
走幅跳 7.30(+2.6)/886点
砲丸投 12.25/622点
400m 48.91/866点
110mH 14.67(+0.4)/890点
やり投 55.58/672点
走高跳 1.89/705点
1500m 4.37.42/697点

■男子八種競技 高校歴代10傑
6264 高橋  諒(桐朋2東京) 2023.11.12
6214 丸山 優真(信太3大阪) 2016.11.13
6093 田上  駿(洛南3京都) 2015. 6.19
6037 潮﨑  傑(滝川二2兵庫) 2013. 6.14
6024 甲羽ウィルソン貴士(柴田3宮城) 2016. 7.30
5938 田中 新也(洛南3京都) 2011. 6. 4
5934 駒井 斗馬(西城陽3京都) 2018. 8. 3
5916 泉谷 駿介(武相3神奈川) 2017. 7.30
5900 中村 明彦(岡崎城西3愛知) 2008. 7.30
5834 栁田 聖人(東農大二3群馬) 2022.11.13

■女子七種競技 高1歴代5傑
4991 本多  七(園田学園・兵庫) 2023.11.12
4959 下元 香凜(白梅学園・東京) 2021. 7.31
4916 大野 優衣(白梅学園・東京) 2015. 8.30
4907 シュレスタまや(東大阪大敬愛・大阪) 2014. 8.31
4903 ガードナ・レイチェル麻由(法政二・神奈川) 2023. 8. 5

第28回エブリバディ・デカスロンin愛知が11月11日、12日の2日間、愛知県名古屋市のパロマ瑞穂北競技場で行われ、男子八種競技で高橋諒(桐朋3東京)が高校新記録の6264点を叩き出した。これまでの高校記録は2016年の同大会で丸山優真(信太・大阪/現・住友電工)がマークした6214点で、7年ぶりに50点更新した。 高橋は1種目めの100mをいきなり10秒71(+1.9)の自己新。続く走幅跳は追い風参考ながら7m30(+2.6)をマークすると、砲丸投も自己新の12m25。さらに、400mでも自身初の48秒台となる48秒91で駆け抜け、初日を3300点で折り返した。 翌日もハイパフォーマンスを連発。110mハードルを14秒67(+0.4)をマークし、やり投では55m58の自己新。走高跳はセカンドベストの1m89に成功すると、最後の1500mもこれまでの疲労が残るなか、自己2番目の4分37秒42でまとめて大記録を打ち立てた。 桐朋中3年時の2020年全国中学生大会では、四種競技で2位に入っている高橋。高校に進学すると、八種競技で当時の高1最高となる5528点でインターハイ優勝。この種目の1年生優勝はインターハイ史上初の快挙だった。さらに、2年生でも高2歴代2位の5914点で2連覇を達成している。 今年の北海道インターハイでは前人未到の3連覇を狙っていたが、前半は苦しいシーズンだった。4月中旬に右肘、下旬には左足首の靭帯を相次いで痛めた高橋。それでもインターハイへの思いは強く、5月中旬の東京都大会を優勝した。しかし、6月中旬のインターハイ南関東大会の1週間前に左ハムストリングスを痛め、無念の欠場。目標の3年連続高校日本一がついえた。 しかし、ケガが治るとトレーニングを再開。8月上旬には競技会に復帰すると、走高跳とやり投では自己記録を塗り替えた。そして、秋シーズンに向けて準備を進め、今季狙っていたもう一つの目標、高校記録更新を成し遂げた。 高橋の大記録に続き、2位には1年生の宮下輝一(市船橋・千葉)が5759点をマーク。自身の持つ高1最高に5791点に32点と迫った。3位の河原怜音(岡山商大附3)は自己新の5703点を出している。 また、高校女子七種競技では本多七(園田学園1兵庫)が高1最高の4991点で優勝した。

高橋の得点内訳と八種競技高校歴代10傑、七種競技高1歴代5傑

■高橋諒の6214点高校新の内訳 100m 10.71(+1.9)/926点 走幅跳 7.30(+2.6)/886点 砲丸投 12.25/622点 400m 48.91/866点 110mH 14.67(+0.4)/890点 やり投 55.58/672点 走高跳 1.89/705点 1500m 4.37.42/697点 ■男子八種競技 高校歴代10傑 6264 高橋  諒(桐朋2東京) 2023.11.12 6214 丸山 優真(信太3大阪) 2016.11.13 6093 田上  駿(洛南3京都) 2015. 6.19 6037 潮﨑  傑(滝川二2兵庫) 2013. 6.14 6024 甲羽ウィルソン貴士(柴田3宮城) 2016. 7.30 5938 田中 新也(洛南3京都) 2011. 6. 4 5934 駒井 斗馬(西城陽3京都) 2018. 8. 3 5916 泉谷 駿介(武相3神奈川) 2017. 7.30 5900 中村 明彦(岡崎城西3愛知) 2008. 7.30 5834 栁田 聖人(東農大二3群馬) 2022.11.13 ■女子七種競技 高1歴代5傑 4991 本多  七(園田学園・兵庫) 2023.11.12 4959 下元 香凜(白梅学園・東京) 2021. 7.31 4916 大野 優衣(白梅学園・東京) 2015. 8.30 4907 シュレスタまや(東大阪大敬愛・大阪) 2014. 8.31 4903 ガードナ・レイチェル麻由(法政二・神奈川) 2023. 8. 5

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.23

【女子800m】石原万結(京山中3) 2分08秒45=中学歴代4位

女子800m中学歴代10傑 2.07.19 髙橋ひな(山陽3兵庫)  2013.10. 5 2.07.51 岡田芽(北斗上磯3北海道)2009. 8.23 2.07.81 市川良子(浅江3山口)  1991. 6.15 […]

NEWS 男子20km競歩世界記録保持者・鈴木雄介が現役引退 「感謝してもしきれない」 19年世界選手権金メダリスト 今後は指導者に

2024.07.23

男子20km競歩世界記録保持者・鈴木雄介が現役引退 「感謝してもしきれない」 19年世界選手権金メダリスト 今後は指導者に

鈴木雄介の引退コメント全文 このたび、富士通株式会社および富士通陸上競技部を退職・退部することといたしました。 次のキャリアに向けた準備期間が必要となったため、急なご報告となりました。 長年お世話になったチーム、会社を離 […]

NEWS 富士通のウォルシュ・ジュリアンが現役引退 22年オレゴン世界陸上マイルリレー日本新などロングスプリント牽引 今後は競輪選手目指す

2024.07.23

富士通のウォルシュ・ジュリアンが現役引退 22年オレゴン世界陸上マイルリレー日本新などロングスプリント牽引 今後は競輪選手目指す

ウォルシュ・ジュリアンのコメントはこちら このたび、私は陸上競技からの引退を決意いたしました。これまで応援してくださった皆様、そして富士通在籍中に支えていただいた関係者の皆様に、心より感謝申し上げます。競技生活を通じて、 […]

NEWS 速さを追求するスピードモデル!BROOKSの「Hyperion2」が7月下旬より順次発売スタート

2024.07.23

速さを追求するスピードモデル!BROOKSの「Hyperion2」が7月下旬より順次発売スタート

米国No.1ランニングシューズブランド「BROOKS(ブルックス)」は、速さを追求するスピードモデル「Hyperion(ハイペリオン)」シリーズの最新作「Hyperion2」を7月下旬よりブルックス公式オンラインショップ […]

NEWS 東京世界陸上のメダル制作開始!「記憶に残り、見るたびに思い出すデザイン」目指して都内の中学・高校生にインタビュー

2024.07.22

東京世界陸上のメダル制作開始!「記憶に残り、見るたびに思い出すデザイン」目指して都内の中学・高校生にインタビュー

東京2025世界陸上財団は7月22日、大会で選手に授与されるメダルのデザインに向け、ジュニアアスリートへのインタビューを東京・城西高で実施した。 国際大会出場選手が卒業している都内の学校から選定され、パリ五輪代表である男 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top