HOME 国内

2023.11.06

全日本実業団対抗で虚偽のエントリーが発覚 他にも出場資格のない複数選手の出場認め「再発防止を図る」
全日本実業団対抗で虚偽のエントリーが発覚 他にも出場資格のない複数選手の出場認め「再発防止を図る」

岐阜メモリアルセンター長良川競技場

日本実業団陸上競技連合は11月6日、今年9月に岐阜で行われた第71回全日本実業団対抗選手権において、「資格審査の不備」により、出場資格を保有していない複数選手の出場を認めていたことを発表した。

日本実業団連合はそうした事態が判明した経緯について説明。関係者から同大会に出場した選手のうち1名が「出場資格を満たしていない可能性がある」という情報が同連合に寄せられ、改めて当該選手の資格確認を行ったところ、「実際には出場していない競技会の結果記録をもとに虚偽のエントリー申請を行っていた」ことが判明した。

そのため、同連合はエントリー選手全員の資格について再確認したところ、「当該選手を含む、計6名の選手が出場資格を保有していなかった」と判明。その6名中、当該選手を含め4名は出場し2名は欠場したという。

同大会への参加資格を得るためには、前回優勝者の他に、有効期間内において公認競技会での「参加標準記録」の突破や「地域実業団選手権8位以内」などを満たす必要がある。

虚偽のエントリーをした当該選手以外の5選手は「申請時の記録は確認できた」が、参加標準記録に届いていない、もしくは他に必要となる要件を満たしていないという状況だった。

資格審査については通常は各地域実業団連盟で行っているというが、「一部連盟での資格審査が機能しておらず、資格記録や要件についての詳細な確認を怠っていたことが原因」とコメントし、一連の事態を受けて「ご迷惑をお掛けいたしました関係各位に深くお詫び申し上げます」と謝罪した。

なお、虚偽のエントリー申請をした選手1名は大会へのエントリー自体を抹消し、同大会以降の実業団の大会について「暫定的な資格停止」とし、正式な対応は別途協議する。

その他の5名については「申請時の記録は確認できていること」「結果的に資格審査の不備が原因で出場に至ったこと」により、エントリーを特別に認め、記録等の抹消は行われない。入賞選手や対抗得点への影響はないという。

同連合は、「各地域実業団連盟ならびに当連合における資格審査体制の再構築とともに、Webエントリーシステムの見直し等を行い、申請時ならびに審査時に、改めて、自動も含む多重のチェックを行う」と、再発防止に務めていくとしている。

日本実業団陸上競技連合は11月6日、今年9月に岐阜で行われた第71回全日本実業団対抗選手権において、「資格審査の不備」により、出場資格を保有していない複数選手の出場を認めていたことを発表した。 日本実業団連合はそうした事態が判明した経緯について説明。関係者から同大会に出場した選手のうち1名が「出場資格を満たしていない可能性がある」という情報が同連合に寄せられ、改めて当該選手の資格確認を行ったところ、「実際には出場していない競技会の結果記録をもとに虚偽のエントリー申請を行っていた」ことが判明した。 そのため、同連合はエントリー選手全員の資格について再確認したところ、「当該選手を含む、計6名の選手が出場資格を保有していなかった」と判明。その6名中、当該選手を含め4名は出場し2名は欠場したという。 同大会への参加資格を得るためには、前回優勝者の他に、有効期間内において公認競技会での「参加標準記録」の突破や「地域実業団選手権8位以内」などを満たす必要がある。 虚偽のエントリーをした当該選手以外の5選手は「申請時の記録は確認できた」が、参加標準記録に届いていない、もしくは他に必要となる要件を満たしていないという状況だった。 資格審査については通常は各地域実業団連盟で行っているというが、「一部連盟での資格審査が機能しておらず、資格記録や要件についての詳細な確認を怠っていたことが原因」とコメントし、一連の事態を受けて「ご迷惑をお掛けいたしました関係各位に深くお詫び申し上げます」と謝罪した。 なお、虚偽のエントリー申請をした選手1名は大会へのエントリー自体を抹消し、同大会以降の実業団の大会について「暫定的な資格停止」とし、正式な対応は別途協議する。 その他の5名については「申請時の記録は確認できていること」「結果的に資格審査の不備が原因で出場に至ったこと」により、エントリーを特別に認め、記録等の抹消は行われない。入賞選手や対抗得点への影響はないという。 同連合は、「各地域実業団連盟ならびに当連合における資格審査体制の再構築とともに、Webエントリーシステムの見直し等を行い、申請時ならびに審査時に、改めて、自動も含む多重のチェックを行う」と、再発防止に務めていくとしている。

日本実業団連合が発表したお詫びとお知らせ全文

(お詫びとお知らせ)第 71 回全日本実業団対抗陸上競技選手権大会 資格審査の不備と今後の対応について この度、2023 年 9 月 22 日(金)~9 月 24 日(日)に開催された「第 71 回全日本実業団対抗陸上競技選手権大会」(以下、本大会)において、資格審査の不備より、出場資格を保有していない複数の選手に出場を認めていたことが判明しました。ご迷惑をお掛けいたしました関係各位に深くお詫び申し上げますとともに、今後の対応等について以下お知らせいたします。 記 1.判明の経緯等について ・当連合事務局に対し、本大会に出場した選手のひとりが出場資格を満たしていない可能性がある旨、大会終了後に情報が寄せられました。改めて当該選手の資格確認を行ったところ、実際には出場していない競技会の結果記録をもとに虚偽のエントリー申請を行っていたことが判明しました。 ・その後当連合にて、本大会のエントリー選手全員に関し改めて資格確認を実施したところ、当該選手を含む計 6 名の選手が出場資格を保有していなかったことが判明しました。なお、6 名のうち、当該選手を含む 4 名は本大会に出場しておりました(他2名は欠場)。 ・当該選手以外の5名については、申請時の記録は確認できたものの出場に必要な標準記録に至っていない、または他に必要となる要件(例:地域実業団選手権で8位以内など)を満たしていないという状況にありました。 2.今後の対応について ・虚偽のエントリー申請を行った選手については、本大会へのエントリー自体を抹消することとし、あわせて、本大会以降の実業団の大会に関して、暫定的な出場資格停止といたします。なお、当該選手に関する当連合としての正式な対応については、別途協議の上決定いたします。 ・その他5名の選手については、①必要となる要件を満たさずにエントリー申請を行っていたものの、申請時の記録自体は確認できていること、②その上で、結果的には資格審査の不備が原因で出場に至ったこと、以上の理由により、改めて、本大会のエントリーを特別に認めるとともに、出場した選手の記録について抹消等は行わないことといたします。 ・なお、これらの対応は、実施の如何を問わず、入賞選手や対抗得点への影響はありません。 3.発生の原因と再発防止策について ・本大会の資格審査について、まずは各地域実業団連盟で行っておりますが、一部連盟での資格審査が機能しておらず、資格記録や要件についての詳細な確認を怠っていたことが原因と考えております。 ・今後、各地域実業団連盟ならびに当連合における資格審査体制の再構築とともにWebエントリーシステムの見直し等を行い、申請時ならびに審査時に、改めて、自動も含む多重のチェックを行うことで再発防止を図ってまいります。 以上

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.18

女子短距離の山中日菜美が地元・滋賀のマリングレイスとスポンサー契約を締結

女子短距離の山中日菜美(滋賀陸協)と株式会社マリングレイスがスポンサー契約を締結したことを発表した。 山中は滋賀県出身の27歳。立命大を経て、大学卒業1年目の2019年には世界リレー代表にも選出された。2022年に実業団 […]

NEWS サニブラウン主宰「DAWN GAMES」東日本予選にもバドミントンの桃田賢斗がゲスト参加!小学校低学年50mも追加

2024.06.18

サニブラウン主宰「DAWN GAMES」東日本予選にもバドミントンの桃田賢斗がゲスト参加!小学校低学年50mも追加

男子100m2大会連続世界選手権ファイナリストでパリ五輪代表に内定しているサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)が主宰する小中高生を対象とした100mの競技会「DAWN GAMES(ドーンゲームス)」の東日本エリア予選 […]

NEWS サニブラウン主宰の「DAWN GAMES」西日本予選が開催!約400人が参加、各カテゴリー4人が決勝大会へ

2024.06.18

サニブラウン主宰の「DAWN GAMES」西日本予選が開催!約400人が参加、各カテゴリー4人が決勝大会へ

男子短距離のサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)が企画した100mの競技会「DAWN GAMES」の西日本予選が去る6月9日、大阪・ヤンマースタジアム長居で行われた。 この大会は「陸上人口を増やし、層を厚くしたい」「 […]

NEWS 【プレゼント】ニシ・スポーツの 「ジャカードレーシングTシャツ」&「WGレーシングショートタイツ」/2024年7月号

2024.06.18

【プレゼント】ニシ・スポーツの 「ジャカードレーシングTシャツ」&「WGレーシングショートタイツ」/2024年7月号

ニシ・スポーツから新登場した2024年春夏モデルの「HIGH TECH LINE」シリーズが好評だ。 なかでも、機能性を追求した「ジャカードレーシングTシャツ」は、胸・背・脇に配したエアーダクトホール、吸汗速乾性のある素 […]

NEWS 中島佑気ジョセフがバハマで45秒49 シーズンベストで優勝 日本選手権前に弾み

2024.06.18

中島佑気ジョセフがバハマで45秒49 シーズンベストで優勝 日本選手権前に弾み

WAコンチネンタルツアー・チャレンジャーのNACACニューライフ招待が6月16日にバハマで行われ、男子400mに中島佑気ジョセフ(富士通)が出場。45秒49のシーズンベストで優勝した。 中島は、東洋大4年だった昨年の日本 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top