HOME 高校

2023.11.04

男子は中京が巻き返して2年ぶりの都大路 女子は美濃加茂がオール区間賞で4連覇/岐阜県高校駅伝

全国高校駅伝の出場権を懸けた岐阜県高校駅伝が11月4日、山県市の四国山香りの森公園付近特設コースで行われ、男子(7区間42.195km)は中京が2時間13分54秒で2年ぶり41回目のV。女子(5区間21.0975km)は美濃加茂が1時間14分10秒で4年連続4回目の優勝を果たした。

男子の中京は1区でトップから3分33秒差の4位スタートだったが、2区(3km)の佐藤有季(3年)が9分05秒の区間賞で3位に順位を上げ、3区の山本昂輝(2年)は2位に浮上。さらに、4区(8km)の細川士禾(2年)が25分39秒の区間賞で追い上げ、5区の安江優斗(3年)も区間2位ながらトップの大垣日大との差を41秒まで縮めた。続く6区(5km)の水谷奏翔(1年)が、15分32秒の区間賞で逆転すると、7区の土本佳唯斗(3年)も首位を守った。2年ぶり41回目の都大路行きを決めた。

なお、大垣日大は1分15秒差の2位。1区(10km)の安島莉玖(3年)は28分50秒の好記録で区間賞を獲得した。

女子の美濃加茂は、1区(6km)の宇納杏莉(2年)が20分47秒で区間賞発進。その後、2区(4.0975km)の篠田心晴(1年)が14分35秒、3区(3km)の伊藤綾音(2年)が10分13秒、4区(3km)の長谷川蘭菜(3年)は10分42秒、5区(5km)の加藤萌(3年)は17分53秒で駆け抜けた。オール区間賞でトップを一度も譲らないまま2位に3分22秒の大差をつけ、4年連続4回目の全国切符を手にした。

全国大会は12月24日、京都市のたけびしスタジアム京都を発着点に行われる。記念大会となる女子は都道府県代表に加え、地区代表も出場する。

全国高校駅伝の出場権を懸けた岐阜県高校駅伝が11月4日、山県市の四国山香りの森公園付近特設コースで行われ、男子(7区間42.195km)は中京が2時間13分54秒で2年ぶり41回目のV。女子(5区間21.0975km)は美濃加茂が1時間14分10秒で4年連続4回目の優勝を果たした。 男子の中京は1区でトップから3分33秒差の4位スタートだったが、2区(3km)の佐藤有季(3年)が9分05秒の区間賞で3位に順位を上げ、3区の山本昂輝(2年)は2位に浮上。さらに、4区(8km)の細川士禾(2年)が25分39秒の区間賞で追い上げ、5区の安江優斗(3年)も区間2位ながらトップの大垣日大との差を41秒まで縮めた。続く6区(5km)の水谷奏翔(1年)が、15分32秒の区間賞で逆転すると、7区の土本佳唯斗(3年)も首位を守った。2年ぶり41回目の都大路行きを決めた。 なお、大垣日大は1分15秒差の2位。1区(10km)の安島莉玖(3年)は28分50秒の好記録で区間賞を獲得した。 女子の美濃加茂は、1区(6km)の宇納杏莉(2年)が20分47秒で区間賞発進。その後、2区(4.0975km)の篠田心晴(1年)が14分35秒、3区(3km)の伊藤綾音(2年)が10分13秒、4区(3km)の長谷川蘭菜(3年)は10分42秒、5区(5km)の加藤萌(3年)は17分53秒で駆け抜けた。オール区間賞でトップを一度も譲らないまま2位に3分22秒の大差をつけ、4年連続4回目の全国切符を手にした。 全国大会は12月24日、京都市のたけびしスタジアム京都を発着点に行われる。記念大会となる女子は都道府県代表に加え、地区代表も出場する。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.18

110mH村竹ラシッド パリ五輪の決勝で勝負!DLなど経験し「実力を発揮できるようになってきた」

男子110mハードルの日本記録保持者でパリ五輪代表の村竹ラシッド(JAL)が、練習拠点としている母校・順大で練習を公開した。 日本選手権を初優勝して初五輪を決めた村竹。その後はダイヤモンドリーグ(DL)パリ大会に出場し、 […]

NEWS 三浦龍司が五輪前に自信深めるレース「クオリティーの高いものができている。メダルが大きな目標」/ホクレンDC深川

2024.07.18

三浦龍司が五輪前に自信深めるレース「クオリティーの高いものができている。メダルが大きな目標」/ホクレンDC深川

夏の北海道を舞台とする中長距離のレースシリーズ、ホクレン・ディスタンスチャレンジ(DC)の第4戦深川大会が7月17日に開催され、男子3000m障害の日本記録(8分09秒91)保持者でパリ五輪代表の三浦龍司(SUBARU) […]

NEWS 西山雄介が東京マラソン以来のレースで日本人トップ 800m・岡村颯太が1分47秒05/ホクレンDC深川

2024.07.17

西山雄介が東京マラソン以来のレースで日本人トップ 800m・岡村颯太が1分47秒05/ホクレンDC深川

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第4戦の深川大会が7月17日に行われ、男子10000mA組はオレゴン世界選手権マラソン代表の西山雄介(トヨタ自動車)が28分08秒53で日本人最上位の4位でフィニッシュした。 3月 […]

NEWS 国スポの2027年宮崎県開催が決定! 29年の群馬県開催も内定

2024.07.17

国スポの2027年宮崎県開催が決定! 29年の群馬県開催も内定

日本スポーツ協会は7月17日、都内で理事会を開き、2027年(令和9年)の第81回国民スポーツ大会の開催地を宮崎県とすることを決定した。また、29年(令和11年)の第83回大会の開催地が群馬県に内定した。 今年度より、名 […]

NEWS 【プレゼント】ハーツ&ハーツクリニックの 「メタリックネックレスⅡ2024 IPバージョン(40㎝)」/2024年8月号

2024.07.17

【プレゼント】ハーツ&ハーツクリニックの 「メタリックネックレスⅡ2024 IPバージョン(40㎝)」/2024年8月号

独自の「周波数加工®」…「ハーツ加工®」で体内の周波数を整えるハーツ&ハーツクリニックは、同社製品の基本であり最高峰の「メタリックネックレス」から、新たに「メタリックネックレス Ⅱ 2024」、「メタリックネックレス Ⅱ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top