HOME 駅伝

2023.11.04

青学大・原監督 恒例の作戦名は「ナゴヤ大作戦!」佐藤一世、太田蒼生、若林宏樹の投入を明言/全日本大学駅伝
青学大・原監督 恒例の作戦名は「ナゴヤ大作戦!」佐藤一世、太田蒼生、若林宏樹の投入を明言/全日本大学駅伝

2023年全日本大学駅伝の前日会見に臨む青学大の原晋監督

11月5日に開催される全日本大学駅伝の前日会見が愛知県名古屋市内で行われ、駒大、國學院大、青学大、順大、創価大、中大の指揮官が出席した。

2014年以降の9大会は優勝2回、2位3回、3位3回、4位1回と安定している青学大。原晋監督は「5年ぶりの優勝を目指しています。夏合宿で土台を作り、現状でのベストメンバーでまた頂点を目指したい」と意気込みを語った。

駒大が学生駅伝で驚異的な強さを発揮し、他のライバル校も続々と力をつけている現状について「1区間でもブレーキがあれば優勝できなくなっている。先頭から30秒離されたら優勝はないと考えています」と分析した。

恒例の作戦名は「ナゴヤ大作戦!」と発表。その理由について原監督は「名古屋市を走るのは1区と2区のみ。この段階で駒澤に独走させないという意味と、55回大会で5年ぶりの優勝を狙う、ナゴ(5)ヤ大作戦としました」。

明日の当日変更について、具体的な区間は避けながらも「佐藤一世(4年)、太田蒼生、若林宏樹(ともに3年)は入れるつもりです」と明言した。

11月5日に開催される全日本大学駅伝の前日会見が愛知県名古屋市内で行われ、駒大、國學院大、青学大、順大、創価大、中大の指揮官が出席した。 2014年以降の9大会は優勝2回、2位3回、3位3回、4位1回と安定している青学大。原晋監督は「5年ぶりの優勝を目指しています。夏合宿で土台を作り、現状でのベストメンバーでまた頂点を目指したい」と意気込みを語った。 駒大が学生駅伝で驚異的な強さを発揮し、他のライバル校も続々と力をつけている現状について「1区間でもブレーキがあれば優勝できなくなっている。先頭から30秒離されたら優勝はないと考えています」と分析した。 恒例の作戦名は「ナゴヤ大作戦!」と発表。その理由について原監督は「名古屋市を走るのは1区と2区のみ。この段階で駒澤に独走させないという意味と、55回大会で5年ぶりの優勝を狙う、ナゴ(5)ヤ大作戦としました」。 明日の当日変更について、具体的な区間は避けながらも「佐藤一世(4年)、太田蒼生、若林宏樹(ともに3年)は入れるつもりです」と明言した。

第55回全日本大学駅伝 出場校一覧をチェック!

出場校 ■シード校(前回上位8校) 駒澤大学   28大会連続30回目 青山学院大学 11大会連続13回目 順天堂大学  7大会連続28回目 國學院大學  9大会連続11回目 創価大学   2大会連続2回目 早稲田大学  17大会連続29回目 東洋大学   16大会連続31回目 中央大学   3大会連続30回目 ■各地区代表校 <北海道> 札幌学院大学  6大会連続30回目 <東北> 東北学院大学  13大会ぶり17回目 <関東> 城西大学    3大会ぶり10回目 大東文化大学  2大会連続44回目 東海大学    10大会連続36回目 東京国際大学  5大会連続5回目 東京農業大学  14大会ぶり20回目 帝京大学    2大会ぶり15回目 国士舘大学   7大会ぶり12回目 <北信越> 新潟大学    2年連続14回目 <東海> 名古屋大学   11年ぶり16回目 <関西> 大阪経済大学 3大会連続25回目 関西学院大学 5大会連続13回目 立命館大学  23大会連続35回目 関西大学   7大会ぶり13回目 <中国四国> 環太平洋大学 3大会連続4回目 <九州> 鹿児島大学 39大会ぶり9回目 <オープン> 日本学連選抜チーム 東海学連選抜チーム ■秩父宮賜杯 第55回全日本大学駅伝対校選手権大会 11月5日 熱田神宮西門前~伊勢神宮内宮宇治橋前  8区間 106.8km

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.14

【大会結果】日本学生個人選手権(2024年6月14~16日)

【大会結果】日本学生個人選手権(2024年6月14~16日/神奈川・平塚、ハンマー投のみ東海大) ●男子 100m   200m   400m   800m   1500m  東秀太(広島経大3)  3分49秒40 50 […]

NEWS 100mH関東インカレVの髙橋亜珠が“2冠”男子も筑波大・樋口隼人が制す/日本学生個人

2024.06.14

100mH関東インカレVの髙橋亜珠が“2冠”男子も筑波大・樋口隼人が制す/日本学生個人

◇日本学生個人選手権(6月14日~16日/神奈川・レモンガススタジアム平塚)1日目 “学生ナンバーワン”を決める日本学生個人選手権の1日目が行われ、女子100mハードルは髙橋亜珠(筑波大)が13秒35(+0.3)をマーク […]

NEWS パリ五輪出場資格獲得条件の世界ランキングが更新 欧州選手権の結果を受け、1万m葛西潤、100mH寺田明日香らが圏外に

2024.06.14

パリ五輪出場資格獲得条件の世界ランキングが更新 欧州選手権の結果を受け、1万m葛西潤、100mH寺田明日香らが圏外に

今夏のパリ五輪出場資格の獲得条件となる世界陸連(WA)のワールドランキング(Road to Paris)が更新された。6月7日~12日に行われた欧州選手権の結果が反映され、各種目で日本人が順位を落としている。 パリ五輪の […]

NEWS 久保凛1500mで自己新V!4分19秒11で「近畿をしっかりと勝ち切れて良かった」/IH近畿

2024.06.14

久保凛1500mで自己新V!4分19秒11で「近畿をしっかりと勝ち切れて良かった」/IH近畿

◇インターハイ近畿地区大会(6月13~16日/大阪市・ヤンマースタジアム長居、ヤンマーフィールド長居)2日目 福岡インターハイを懸けた近畿地区大会の2日目が行われ、女子1500mは上位3人が4分20秒を切るハイレベルのな […]

NEWS U20日本選手権エントリー発表 8月のU20世界選手権を目指して有力選手集結 若菜敬、川口峻太朗、髙橋亜珠、林美希ら登録

2024.06.14

U20日本選手権エントリー発表 8月のU20世界選手権を目指して有力選手集結 若菜敬、川口峻太朗、髙橋亜珠、林美希ら登録

日本陸連は6月14日、第40回U20日本選手権(6月27日~30日/新潟・デンカビッグスワンスタジアム)エントリーリストの暫定版を発表した。 今回のU20日本選手権はU20世界選手権(8月27日~31日/ペルー・リマ)の […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top