HOME 駅伝

2023.11.04

前回4位の順大・長門監督「手堅くシード狙い」スーパールーキー吉岡大翔は前半区間に投入予定/全日本大学駅伝
前回4位の順大・長門監督「手堅くシード狙い」スーパールーキー吉岡大翔は前半区間に投入予定/全日本大学駅伝

2023年全日本大学駅伝の前日会見に臨む順大の長門俊介監督

11月5日に開催される全日本大学駅伝の前日会見が愛知県名古屋市内で行われ、駒大、國學院大、青学大、順大、創価大、中大の指揮官が出席した。

前々回3位、前回4位と好成績が続いている順大の長門俊介駅伝監督は「出雲駅伝が関東勢最下位(10位)だったので、なんとかここで順位を上げていきたい。手堅くシード(8位以内)狙いです」と目標を口にした。

10月9日の出雲駅伝ではエースの三浦龍司(4年)が海外遠征から帰国したばかりだったため調整不足により欠場。今回は2区にエントリーされており、「流れをつかんでくれるはず」と期待を寄せている。

明日のレースについては「他の大学は前半重視で来ると思うので、その流れに乗せてもらい、4区終了時で5位以内にはつけたい」とコメント。

5000mの高校記録(13分22秒99)保持者であるスーパールーキーの吉岡大翔は補欠登録。当日変更で「前半のほう」に入る予定だ。

順大は吉岡の他にも日本インカレ3000m覇者の村尾雄己(2年)ら、トラックで6月の日本選手権を狙う選手が多く在籍していることから、「同じ時期に開催される選考会に回らないようにしたい」と、あくまでもシード狙いであることを強調した。

11月5日に開催される全日本大学駅伝の前日会見が愛知県名古屋市内で行われ、駒大、國學院大、青学大、順大、創価大、中大の指揮官が出席した。 前々回3位、前回4位と好成績が続いている順大の長門俊介駅伝監督は「出雲駅伝が関東勢最下位(10位)だったので、なんとかここで順位を上げていきたい。手堅くシード(8位以内)狙いです」と目標を口にした。 10月9日の出雲駅伝ではエースの三浦龍司(4年)が海外遠征から帰国したばかりだったため調整不足により欠場。今回は2区にエントリーされており、「流れをつかんでくれるはず」と期待を寄せている。 明日のレースについては「他の大学は前半重視で来ると思うので、その流れに乗せてもらい、4区終了時で5位以内にはつけたい」とコメント。 5000mの高校記録(13分22秒99)保持者であるスーパールーキーの吉岡大翔は補欠登録。当日変更で「前半のほう」に入る予定だ。 順大は吉岡の他にも日本インカレ3000m覇者の村尾雄己(2年)ら、トラックで6月の日本選手権を狙う選手が多く在籍していることから、「同じ時期に開催される選考会に回らないようにしたい」と、あくまでもシード狙いであることを強調した。

第55回全日本大学駅伝 出場校一覧をチェック!

出場校 ■シード校(前回上位8校) 駒澤大学   28大会連続30回目 青山学院大学 11大会連続13回目 順天堂大学  7大会連続28回目 國學院大學  9大会連続11回目 創価大学   2大会連続2回目 早稲田大学  17大会連続29回目 東洋大学   16大会連続31回目 中央大学   3大会連続30回目 ■各地区代表校 <北海道> 札幌学院大学  6大会連続30回目 <東北> 東北学院大学  13大会ぶり17回目 <関東> 城西大学    3大会ぶり10回目 大東文化大学  2大会連続44回目 東海大学    10大会連続36回目 東京国際大学  5大会連続5回目 東京農業大学  14大会ぶり20回目 帝京大学    2大会ぶり15回目 国士舘大学   7大会ぶり12回目 <北信越> 新潟大学    2年連続14回目 <東海> 名古屋大学   11年ぶり16回目 <関西> 大阪経済大学 3大会連続25回目 関西学院大学 5大会連続13回目 立命館大学  23大会連続35回目 関西大学   7大会ぶり13回目 <中国四国> 環太平洋大学 3大会連続4回目 <九州> 鹿児島大学 39大会ぶり9回目 <オープン> 日本学連選抜チーム 東海学連選抜チーム ■秩父宮賜杯 第55回全日本大学駅伝対校選手権大会 11月5日 熱田神宮西門前~伊勢神宮内宮宇治橋前  8区間 106.8km

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.24

東京マラソン2025の概要発表!来年3月2日、38000人規模で開催 8月16日から一般エントリー開始予定

東京マラソン財団は6月24日、定時理事会を開き、東京マラソン2025の大会要項を発表した。 東京マラソン2025は来年3月2日に開催。定員は38000人でフルマラソンは37500人。応募スケジュールの予定も発表され、6月 […]

NEWS 注目の100mはライルズ自己新V!男子棒高跳ケンドリクスが大会新5m92で3大会連続五輪代表に/全米五輪選考会

2024.06.24

注目の100mはライルズ自己新V!男子棒高跳ケンドリクスが大会新5m92で3大会連続五輪代表に/全米五輪選考会

◇全米五輪選考会(6/21~30、米国オレゴン州ユージン・ヘイワードフィールド)3日目 全米五輪選考会の3日目が行われ、男子100m(+0.4)ではN.ライルズが9秒83の自己タイで優勝した。ライルズは200mで世界選手 […]

NEWS 女子棒高跳コードリーが世界歴代7位の4m92成功!世界室内女王が大ジャンプ 男子砲丸投トロが21m80のアジア新/WAコンチネンタルツアー

2024.06.24

女子棒高跳コードリーが世界歴代7位の4m92成功!世界室内女王が大ジャンプ 男子砲丸投トロが21m80のアジア新/WAコンチネンタルツアー

6月21日、世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ブロンズのトゥールーズ キャピトル・ペルシュがフランスで行われ、女子棒高跳ではM.コードリー(英国)が世界歴代7位、今季世界最高の4m92で優勝した。 コードリーは3月の […]

NEWS 十種競技・ドイツの22歳ステインフォースが200点以上自己新の8287点でV/WA混成ツアー

2024.06.24

十種競技・ドイツの22歳ステインフォースが200点以上自己新の8287点でV/WA混成ツアー

世界陸連(WA)混成ツアー・ゴールドのシュタットベルケ・ラーティンゲン混成大会が6月22、23日、ドイツ・ラーティンゲンで行われた。 男子十種競技はT.ステインフォース(ドイツ)が8287点(100m10秒41、走幅跳7 […]

NEWS 2028年ロサンゼルス五輪の陸上は第一週開催の「歴史的変更」!水泳と日程入れ替えで注目アップ狙う マラソンは最終週の伝統維持

2024.06.24

2028年ロサンゼルス五輪の陸上は第一週開催の「歴史的変更」!水泳と日程入れ替えで注目アップ狙う マラソンは最終週の伝統維持

世界陸連(WA)は6月22日、2028年に開催されるロサンゼルス五輪について、陸上を第一週に実施することを発表した。マラソンとメダル授与については最終週に行う伝統を維持するとしている。 これまで第一週に水泳、第二週に陸上 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top