HOME ニュース、大学

2020.09.13

【日本IC】男子・日大、女子・筑波大が総合V、来年は9月首都圏で
【日本IC】男子・日大、女子・筑波大が総合V、来年は9月首都圏で


9月11日から3日間、新潟・デンカビッグスワンで開催されていた日本インカレの全日程が終了した。
学校対抗の男子総合優勝は日大(100.5点/2年ぶり22回目)、女子総合優勝は筑波大(76点/3年連続27回目)。来年の90回大会は9月17日から19日の日程で首都圏開催と閉会式で発表された。

対校得点
【男子】
総合 日大100.5点
トラック優勝 早大59点
フィールド優勝 日大49.5点
混成優勝 日大10点
多種目優勝 日大
【女子】
総合 筑波大76点
トラック優勝 立命大52点
フィールド優勝 筑波大49点
混成優勝 日体大8点
多種目優勝 福岡大

■日本インカレ優勝者
【男子】
100m 水久保 漱至(城西大) 10秒14(+1.8)PB
200m 水久保 漱至(城西大) 20秒75(-0.6)
400m 井上 大地(日大) 45秒83PB
800m 松本 純弥 (法大) 1分47秒02PB=大会新
1500m 小林 青(鹿屋体大) 3分48秒23
5000m 吉居 大和(中大) 13分40秒04
10000m ジェームズ・ブヌカ(駿河台大) 28分05秒66
110mH 村竹ラシッド(順大) 13秒69(-0.3)
400mH 山本 竜大(日大院) 49秒12PB
3000m障害 三浦 龍司(順大)8分28秒51=大会新
4×100mR 早大 39秒46
4×400mR 日大 3分04秒32
10000m競歩 池田 向希(東洋大)38分41秒45=大会新
走高跳 蛭子屋雄一(中京大院) 2m18
棒高跳 江島 雅紀(日大) 5m40
走幅跳 橋岡 優輝(日大) 8m29(-0.6)=大会新
三段跳 伊藤  陸(近大高専) 16m35(-0.1)PB、U20日本新
砲丸投 岩佐 隆時(東海大)17m52
円盤投 幸長 慎一(四国大院) 56m09
ハンマー投 福田 翔大(日大) 69m61PB
やり投 坂本 達哉(大体大院) 73m96
十種競技 川上ヒデル(関学大)7653点PB
【女子】
100m 兒玉 芽生(福岡大) 11秒35(-0.2)PB=大会新
200m 兒玉 芽生(福岡大) 23秒68(-0.8)PB
400m 髙島 咲季(青学大) 53秒84
800m 川田 朱夏(東大阪大) 2分07秒55
1500m 髙松智美ムセンビ(名城大) 4分23秒18
5000m 中島 紗弥(鹿屋体大) 16分13秒76
10000m 加世田梨花(名城大)  33分33秒30
100mH 島野 真生(日体大) 13秒36(+0.6)PB
400mH イブラヒム愛紗(札幌国際大) 57秒50PB
3000m障害 吉村 玲美(大東大) 9分55秒34=大会新
4×100mR 福岡大 44秒92PB
4×400mR 青学大 3分39秒22
10000m競歩 林 奈海(順大) 48分03秒37
走高跳 浅井さくら(筑波大) 1m78
棒高跳 諸田 実咲(中大)3m90
走幅跳 山本  渚(鹿屋体大) 6m17(-1.3)
三段跳 髙島真織子(福岡大) 12m95(+1.9)PB
砲丸投 大野 史佳(埼玉大) 15m58
円盤投 郡 菜々佳(九州共立大院) 50m75
やり投 上田百寧(福岡大) 58m12
ハンマー投 小舘 充華(流経大) 58m67
七種競技 大玉華鈴(日体大)5541点

9月11日から3日間、新潟・デンカビッグスワンで開催されていた日本インカレの全日程が終了した。 学校対抗の男子総合優勝は日大(100.5点/2年ぶり22回目)、女子総合優勝は筑波大(76点/3年連続27回目)。来年の90回大会は9月17日から19日の日程で首都圏開催と閉会式で発表された。 対校得点 【男子】 総合 日大100.5点 トラック優勝 早大59点 フィールド優勝 日大49.5点 混成優勝 日大10点 多種目優勝 日大 【女子】 総合 筑波大76点 トラック優勝 立命大52点 フィールド優勝 筑波大49点 混成優勝 日体大8点 多種目優勝 福岡大 ■日本インカレ優勝者 【男子】 100m 水久保 漱至(城西大) 10秒14(+1.8)PB 200m 水久保 漱至(城西大) 20秒75(-0.6) 400m 井上 大地(日大) 45秒83PB 800m 松本 純弥 (法大) 1分47秒02PB=大会新 1500m 小林 青(鹿屋体大) 3分48秒23 5000m 吉居 大和(中大) 13分40秒04 10000m ジェームズ・ブヌカ(駿河台大) 28分05秒66 110mH 村竹ラシッド(順大) 13秒69(-0.3) 400mH 山本 竜大(日大院) 49秒12PB 3000m障害 三浦 龍司(順大)8分28秒51=大会新 4×100mR 早大 39秒46 4×400mR 日大 3分04秒32 10000m競歩 池田 向希(東洋大)38分41秒45=大会新 走高跳 蛭子屋雄一(中京大院) 2m18 棒高跳 江島 雅紀(日大) 5m40 走幅跳 橋岡 優輝(日大) 8m29(-0.6)=大会新 三段跳 伊藤  陸(近大高専) 16m35(-0.1)PB、U20日本新 砲丸投 岩佐 隆時(東海大)17m52 円盤投 幸長 慎一(四国大院) 56m09 ハンマー投 福田 翔大(日大) 69m61PB やり投 坂本 達哉(大体大院) 73m96 十種競技 川上ヒデル(関学大)7653点PB 【女子】 100m 兒玉 芽生(福岡大) 11秒35(-0.2)PB=大会新 200m 兒玉 芽生(福岡大) 23秒68(-0.8)PB 400m 髙島 咲季(青学大) 53秒84 800m 川田 朱夏(東大阪大) 2分07秒55 1500m 髙松智美ムセンビ(名城大) 4分23秒18 5000m 中島 紗弥(鹿屋体大) 16分13秒76 10000m 加世田梨花(名城大)  33分33秒30 100mH 島野 真生(日体大) 13秒36(+0.6)PB 400mH イブラヒム愛紗(札幌国際大) 57秒50PB 3000m障害 吉村 玲美(大東大) 9分55秒34=大会新 4×100mR 福岡大 44秒92PB 4×400mR 青学大 3分39秒22 10000m競歩 林 奈海(順大) 48分03秒37 走高跳 浅井さくら(筑波大) 1m78 棒高跳 諸田 実咲(中大)3m90 走幅跳 山本  渚(鹿屋体大) 6m17(-1.3) 三段跳 髙島真織子(福岡大) 12m95(+1.9)PB 砲丸投 大野 史佳(埼玉大) 15m58 円盤投 郡 菜々佳(九州共立大院) 50m75 やり投 上田百寧(福岡大) 58m12 ハンマー投 小舘 充華(流経大) 58m67 七種競技 大玉華鈴(日体大)5541点

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.30

2024年インターハイ地区大会情報

各地区で行われるインターハイ地区大会。全11地区分の大会関連ページ、結果ページです! インターハイ出場への道 ・各地区大会上位6位までがインターハイ出場 ※男女競歩は5位、女子棒高跳、女子三段跳、女子ハンマー投は4位まで […]

NEWS アディダスから新作ランニングシューズ「ADIZERO SL 2」が登場!日本の女子長距離界を牽引する新谷仁美も絶賛

2024.05.30

アディダスから新作ランニングシューズ「ADIZERO SL 2」が登場!日本の女子長距離界を牽引する新谷仁美も絶賛

アディダス ジャパンは30日、東京・世田谷区の駒沢オリンピック公園総合運動場でランニングシリーズ「ADIZERO(アディゼロ)」の最新作シューズ「ADIZERO SL 2(アディゼロ エスエル ツー)」の商品プレゼンテー […]

NEWS 【連載】上田誠仁コラム雲外蒼天/第45回「インカレの舞台に立つ難しさ~走ることを楽しみ、意義を見出して~」

2024.05.30

【連載】上田誠仁コラム雲外蒼天/第45回「インカレの舞台に立つ難しさ~走ることを楽しみ、意義を見出して~」

山梨学大の上田誠仁顧問の月陸Online特別連載コラム。これまでの経験や感じたこと、想いなど、心のままに綴っていただきます! 第45回「インカレの舞台に立つ難しさ~走ることを楽しみ、意義を見出して~」 5月のコラムは関東 […]

NEWS 【高校生FOCUS】男子棒高跳・谷口海斗(中京大中京高)今年は全国4冠と父の現役ベスト越えに挑戦

2024.05.30

【高校生FOCUS】男子棒高跳・谷口海斗(中京大中京高)今年は全国4冠と父の現役ベスト越えに挑戦

FOCUS! 高校生INTERVIEW 谷口 海斗 Taniguchi kaito 中京大中京高3愛知 注目の高校アスリートをフォーカスして紹介するコーナー!今回は男子棒高跳の谷口海斗選手(中京大中京高3愛知)です。昨年 […]

NEWS 新谷仁美 マラソン日本新への思い変わらず「ごまかしながらでなく再構築」東京世界陸上はトラックでの可能性示唆

2024.05.30

新谷仁美 マラソン日本新への思い変わらず「ごまかしながらでなく再構築」東京世界陸上はトラックでの可能性示唆

女子10000m日本記録保持者でマラソン日本歴代3位の記録を持つ新谷仁美(積水化学)が、5月30日に都内で行われた契約するアディダスのシューズイベントに出席した。 今年3月の東京マラソンで2時間21分50秒をマークして日 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top