HOME 国内

2023.10.16

激戦制して五輪代表内定の小山直城「パリでは入賞に向けしっかりと準備したい」 /MGC
激戦制して五輪代表内定の小山直城「パリでは入賞に向けしっかりと準備したい」  /MGC

2023年MGCを制し、会見で笑顔を見せた小山直城

◇マラソングランドチャンピオンシップ(MGC/10月15日、東京・国立競技場発着)

来年のパリ五輪マラソン代表をかけたマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)が行われ、終盤まで大混戦となった男子は、小山直城(Honda)が2時間8分57秒で優勝し、初の五輪代表に内定した。

レースから約2時間後に行われた会見で、小山は「まだあまり実感がない感じです」と言いながら、「今回は2位以内を目標にしていて、優勝できたことはとても嬉しく、今後の競技の糧になると思います」と笑顔で喜びを噛みしめた。

スタート前、小川智監督からは「上りきって40km手前あたりからが勝負になる。そこまでは絶対動かないように」と指示を受けていた。序盤から川内優輝(あいおいニッセイ同和損保)が1人で飛び出したが、小山は当初のプラン通り、50人近い第2集団で力を溜めていた。30kmまでは目立った動きをほとんどせず、まるで息を潜めているかのようだった。

35km過ぎに川内を捉えた堀尾謙介(九電工)の後方にしっかりつき、先頭集団は7人に絞られたなか、38kmで小山がついにこの日初めてトップに立つ。そして、39.2kmあたりから徐々に2位以下を引き離していった。

「残り5kmぐらいから上り坂に入りますが、ラスト3kmからは仕掛けたというより、ちょっとずつペースを上げていこうかという感じで走っていたら、後ろの選手が離れてくれたので、自分にとっては結構ラッキーでした。残り2kmからは下り基調で、後ろとは差が縮まらないコースだったので、その時点で『今日は勝てたかな』と思いました」

力強い走りは最後まで衰えることなく、最後は両手でガッツポーズを作ってフィニッシュ。レース後、勝因を聞かれると、小山は「今回の雨と風の気候は自分にとってプラスだったかなと。また、自分はあまり注目されていなかったので、仕掛けやすかったという点も良かったと思っています」と自己分析した。

気象条件などのコンディションが厳しければ厳しいほど、勝者の強さや逞しさが顕著に浮き彫りになる。この日、自己記録で2時間7分40秒の小山より速い選手は大勢いたが、最も強かったのは“伏兵”に挙げられていた小山だった。
さらに付け加えれば、前日の箱根駅伝予選会で、母校の東農大が10年ぶりに本戦出場を決めたことも、「母校の活躍は自分の励みになった」と追い風にしていたようだ。

昨年3月の東京で初めて挑んでから、5回目のマラソン挑戦でつかんだオリンピックの切符。初の世界大会が最高峰の舞台となる27歳は、「パリでは8位入賞に向けて、しっかりと準備したい」と、新たなチャレンジへの抱負を語った。

文/小野哲史

◇マラソングランドチャンピオンシップ(MGC/10月15日、東京・国立競技場発着) 来年のパリ五輪マラソン代表をかけたマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)が行われ、終盤まで大混戦となった男子は、小山直城(Honda)が2時間8分57秒で優勝し、初の五輪代表に内定した。 レースから約2時間後に行われた会見で、小山は「まだあまり実感がない感じです」と言いながら、「今回は2位以内を目標にしていて、優勝できたことはとても嬉しく、今後の競技の糧になると思います」と笑顔で喜びを噛みしめた。 スタート前、小川智監督からは「上りきって40km手前あたりからが勝負になる。そこまでは絶対動かないように」と指示を受けていた。序盤から川内優輝(あいおいニッセイ同和損保)が1人で飛び出したが、小山は当初のプラン通り、50人近い第2集団で力を溜めていた。30kmまでは目立った動きをほとんどせず、まるで息を潜めているかのようだった。 35km過ぎに川内を捉えた堀尾謙介(九電工)の後方にしっかりつき、先頭集団は7人に絞られたなか、38kmで小山がついにこの日初めてトップに立つ。そして、39.2kmあたりから徐々に2位以下を引き離していった。 「残り5kmぐらいから上り坂に入りますが、ラスト3kmからは仕掛けたというより、ちょっとずつペースを上げていこうかという感じで走っていたら、後ろの選手が離れてくれたので、自分にとっては結構ラッキーでした。残り2kmからは下り基調で、後ろとは差が縮まらないコースだったので、その時点で『今日は勝てたかな』と思いました」 力強い走りは最後まで衰えることなく、最後は両手でガッツポーズを作ってフィニッシュ。レース後、勝因を聞かれると、小山は「今回の雨と風の気候は自分にとってプラスだったかなと。また、自分はあまり注目されていなかったので、仕掛けやすかったという点も良かったと思っています」と自己分析した。 気象条件などのコンディションが厳しければ厳しいほど、勝者の強さや逞しさが顕著に浮き彫りになる。この日、自己記録で2時間7分40秒の小山より速い選手は大勢いたが、最も強かったのは“伏兵”に挙げられていた小山だった。 さらに付け加えれば、前日の箱根駅伝予選会で、母校の東農大が10年ぶりに本戦出場を決めたことも、「母校の活躍は自分の励みになった」と追い風にしていたようだ。 昨年3月の東京で初めて挑んでから、5回目のマラソン挑戦でつかんだオリンピックの切符。初の世界大会が最高峰の舞台となる27歳は、「パリでは8位入賞に向けて、しっかりと準備したい」と、新たなチャレンジへの抱負を語った。 文/小野哲史

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.14

國學院大・高山豪起が全体トップの28分25秒72! 2年の辻原輝が28分27秒93で続く/関東学生網走夏季記録挑戦競技会

関東学生網走夏季記録挑戦競技会は7月14日、網走市営陸上競技場で行われ、男子10000mは高山豪起(國學院大3)が28分25秒72で全体トップとなった。 高山はハイペースでレースを進め、残り2周で留学生を追い抜いて3組1 […]

NEWS 【女子ハンマー投】工藤実幸乃(筑豊高3)56m36=高校歴代6位

2024.07.14

【女子ハンマー投】工藤実幸乃(筑豊高3)56m36=高校歴代6位

第78回国スポ選考会・第9回福岡県高校学年別選手権の2日目が行われ、女子ハンマー投で工藤実幸乃(筑豊3)が56m36の高校歴代6位のの好記録をマークした。 工藤は6月のU20日本選手権は54m87で2位。今季のランキング […]

NEWS 400m中島佑気ジョセフ 初五輪でファイナルへ「日本記録更新が必要になる」マイルリレーメダルへも意欲

2024.07.14

400m中島佑気ジョセフ 初五輪でファイナルへ「日本記録更新が必要になる」マイルリレーメダルへも意欲

男子400mでパリ五輪代表に内定した中島佑気ジョセフ(富士通)が都内で会見を開き、パリ五輪に向けた意気込みを語った。 日本選手権を連覇した中島。パリ五輪の参加標準記録(45秒00)はクリアできなかったが、ワールドランキン […]

NEWS パリ五輪4継Vへ 土江寛裕ディレクター「どのメンバーでも金メダル狙える」

2024.07.14

パリ五輪4継Vへ 土江寛裕ディレクター「どのメンバーでも金メダル狙える」

日本陸連は7月12日、パリ五輪の男子4×100mリレーの練習を公開した。 今回参加したのは100mで代表入りした坂井隆一郎(大阪ガス)、東田旺洋(関彰商事)、200m代表の鵜澤飛羽(筑波大)、上山紘輝(住友電工)、飯塚翔 […]

NEWS 4×100mRパリ五輪で悲願の金へ!桐生祥秀「もう一回メダル取りたい」栁田「2走は僕の区間」

2024.07.14

4×100mRパリ五輪で悲願の金へ!桐生祥秀「もう一回メダル取りたい」栁田「2走は僕の区間」

日本陸連は7月12日、パリ五輪の男子4×100mリレーの練習を公開した。 今回参加したのは100mで代表入りした坂井隆一郎(大阪ガス)、東田旺洋(関彰商事)、200m代表の鵜澤飛羽(筑波大)、上山紘輝(住友電工)、飯塚翔 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top