HOME 国内

2023.10.15

大逃げの川内優輝が粘りの4位!130回目のマラソン挑戦「力を出し切れて悔いはない」/MGC
大逃げの川内優輝が粘りの4位!130回目のマラソン挑戦「力を出し切れて悔いはない」/MGC

MGC男子で4位に入った川内優輝

◇マラソングランドチャンピオンシップ(MGC/10月15日、東京・国立競技場発着)

来年夏のパリ五輪マラソン代表選考レースのMGCが行われ、通算130回目のマラソンとなる36歳の川内優輝(あいおいニッセイ)が2時間9分18秒で4位に入った。

過去に4度の世界選手権出場、2018年ボストンマラソン優勝など、百戦錬磨の経験を遺憾なく発揮した。

スタート前から「集団の中にいるだけではおもしろくない。見せ場を作っておもしろいレースをしよう」と意気込んでいた。その言葉どおりに序盤で抜け出し、終盤まで東京の街を爆走。5km14分44秒、10km29分41秒と1km3分を切るペースで突っ走り、この時点で12秒のリードを作る。

「中間点くらいで捕まると思った」というが、15kmで28秒、20kmで32秒、30kmで34秒と徐々に後続との差を拡大。さすがに5kmあたりのスプリットは15分40秒ほどまで落ち込み、35.2kmで2位集団に吸収されたものの、ここからが川内の真骨頂だった。

集団の後方につけると、なかなか上がらないペースに「ここで休めば、もうワンチャンスあるかもしれない」とさらにギアチェンジ。40km過ぎに先頭争いがばらけた時には単独3位に浮上する健闘を見せた。

最後は大迫傑(Nike)に競り負けたものの、「楽しかったです。力を出し切って3人に負けたので悔いはありません」。レース後、川内はすがすがしい笑顔を浮かべていた。

「沿道の応援がものすごくて、『川内がんばってるじゃん!』という姿を見せることができました。36歳になりましたが、年齢はただの数字。2時間5分台までは見えているので、これからもがんばっていきたいです」

来週にもゲストランナーとしてロードレース出場が決まっているというタフネスぶり。「現状打破」を座右の銘に掲げる川内の挑戦はまだまだ終わらない。

◇マラソングランドチャンピオンシップ(MGC/10月15日、東京・国立競技場発着) 来年夏のパリ五輪マラソン代表選考レースのMGCが行われ、通算130回目のマラソンとなる36歳の川内優輝(あいおいニッセイ)が2時間9分18秒で4位に入った。 過去に4度の世界選手権出場、2018年ボストンマラソン優勝など、百戦錬磨の経験を遺憾なく発揮した。 スタート前から「集団の中にいるだけではおもしろくない。見せ場を作っておもしろいレースをしよう」と意気込んでいた。その言葉どおりに序盤で抜け出し、終盤まで東京の街を爆走。5km14分44秒、10km29分41秒と1km3分を切るペースで突っ走り、この時点で12秒のリードを作る。 「中間点くらいで捕まると思った」というが、15kmで28秒、20kmで32秒、30kmで34秒と徐々に後続との差を拡大。さすがに5kmあたりのスプリットは15分40秒ほどまで落ち込み、35.2kmで2位集団に吸収されたものの、ここからが川内の真骨頂だった。 集団の後方につけると、なかなか上がらないペースに「ここで休めば、もうワンチャンスあるかもしれない」とさらにギアチェンジ。40km過ぎに先頭争いがばらけた時には単独3位に浮上する健闘を見せた。 最後は大迫傑(Nike)に競り負けたものの、「楽しかったです。力を出し切って3人に負けたので悔いはありません」。レース後、川内はすがすがしい笑顔を浮かべていた。 「沿道の応援がものすごくて、『川内がんばってるじゃん!』という姿を見せることができました。36歳になりましたが、年齢はただの数字。2時間5分台までは見えているので、これからもがんばっていきたいです」 来週にもゲストランナーとしてロードレース出場が決まっているというタフネスぶり。「現状打破」を座右の銘に掲げる川内の挑戦はまだまだ終わらない。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.14

男子100mブロメルが全米選手権欠場 3大会連続の五輪代表ならず マクローリン・レブロンは400mHに専念

男子短距離のT.ブロメルが6月21日から開催される全米選手権を欠場することがわかった。 ブロメルは100mで15年北京・22年オレゴン世界選手権で銅メダルを獲得している28歳。今大会には100mにエントリーしていたが、5 […]

NEWS AIUがブダペスト世界陸上5000m銀・カティルを告訴 ドーピング違反に加え不正行為の疑い

2024.06.14

AIUがブダペスト世界陸上5000m銀・カティルを告訴 ドーピング違反に加え不正行為の疑い

6月12日、アスリート・インテグリティー・ユニット(AIU、世界陸連の独立不正監査機関)はブダぺスト世界選手権男子5000m銀メダルのM.カティル(スペイン)を不正行為で告訴することを発表した。 カティルはドーピングの居 […]

NEWS 棒高跳・諸田実咲が海外転戦で好成績 パリ五輪ランキングも浮上

2024.06.14

棒高跳・諸田実咲が海外転戦で好成績 パリ五輪ランキングも浮上

女子棒高跳の日本記録保持者(4m48)諸田実咲(アットホーム)が世界陸連(WA)コンチネンタルツアーの海外転戦で好成績を残している。 6月4日のロイヤルシティ・フェスティバル(カナダ・グエルフ)ではセカンドベスト、パフォ […]

NEWS 400mH畠山このみが初60秒切りの大会新V2!男子5000mサミュエルと吉田が好記録/IH北海道

2024.06.14

400mH畠山このみが初60秒切りの大会新V2!男子5000mサミュエルと吉田が好記録/IH北海道

◇インターハイ北海道地区大会(6月11~14日/旭川市花咲スポーツ公園陸上競技場)3日目 福岡インターハイを懸けた北海道地区大会の2日目が行われ、女子400mハードルで大会新記録が誕生した。昨年の鹿児島国体300mハード […]

NEWS ハンマー投は岡村聡真が「攻めの投げ」で2連覇 走幅跳は近藤孝太がV 棒高跳は小林ひよりが制す/IH北信越

2024.06.14

ハンマー投は岡村聡真が「攻めの投げ」で2連覇 走幅跳は近藤孝太がV 棒高跳は小林ひよりが制す/IH北信越

◇インターハイ北信越地区大会(6月13日~16日/新潟・デンカビッグスワンスタジアム)初日 福岡インターハイを懸けた北信越大会が開幕。男女フィールド4種目の決勝が行われ、男子ハンマー投は岡村聡真(穂高商3長野)が5投目に […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top