HOME 国内

2023.10.15

3位・細田あいが積極レースに「やりきった結果」ファイナルチャレンジへ「勝ちに行くレース経験できたことはプラス」/MGC
3位・細田あいが積極レースに「やりきった結果」ファイナルチャレンジへ「勝ちに行くレース経験できたことはプラス」/MGC

23年MGC女子で3位に入った細田あい

◇マラソングランドチャンピオンシップ(MGC/10月15日、東京・国立競技場発着)

来年夏のパリ五輪マラソン代表選考レースのMGCが行われ、細田あい(エディオン)が2時間24分50秒で3位。2位の一山麻緒(資生堂)とは7秒差で、今大会での五輪代表即時内定は得られなかった。

「代表権を狙っていたので、ショック」というのが第一声。だが、「やり切った結果です」と悔しさを押し殺す。

1年前の10月、ロンドンマラソンで日本歴代8位の2時間21分42秒をマークし、今大会の有力候補に挙げられていた。自身も、「2位以内に入る」と決意の走り。23km過ぎに一山が先頭集団から抜け出した時に、すぐさま「ついていくべきだ」と判断。「挑戦しよう」とただ1人後ろについた。

その後は時に一山の前に出るなど、積極的なレースを展開。だが、30kmを過ぎて「雨もあって、身体も固まってきました」と、一山との差が少しずつ開いていく。上りに入るとさらに苦しい走りとなり、36kmで後方の集団に吸収された。

それでもあきらめずに最後まで歩を進め、国立競技場に入ってからも一山の背中を必死に追いかけた。あと一歩届かなかったが、「タイムだけを狙うレースではなく、勝ちに行くレースを経験できたことはプラスになります」と前を向く。

五輪代表への道がこれで終わったわけではない。来年1月末の大阪国際、来年3月の名古屋ウィメンズのァイナルチャレンジにすぐさま気持ちを切り替えた。一つの目安となる「ファイナルチャレンジ設定記録」の2時間21分41秒は、自身のロンドンの記録を1秒上回るもの。それを誰も突破できなければ手にできる代表の座だが、「ファイナルチャレンジに向けて準備したい」。細田は自らの手で、パリ五輪をつかみに行く。

◇マラソングランドチャンピオンシップ(MGC/10月15日、東京・国立競技場発着) 来年夏のパリ五輪マラソン代表選考レースのMGCが行われ、細田あい(エディオン)が2時間24分50秒で3位。2位の一山麻緒(資生堂)とは7秒差で、今大会での五輪代表即時内定は得られなかった。 「代表権を狙っていたので、ショック」というのが第一声。だが、「やり切った結果です」と悔しさを押し殺す。 1年前の10月、ロンドンマラソンで日本歴代8位の2時間21分42秒をマークし、今大会の有力候補に挙げられていた。自身も、「2位以内に入る」と決意の走り。23km過ぎに一山が先頭集団から抜け出した時に、すぐさま「ついていくべきだ」と判断。「挑戦しよう」とただ1人後ろについた。 その後は時に一山の前に出るなど、積極的なレースを展開。だが、30kmを過ぎて「雨もあって、身体も固まってきました」と、一山との差が少しずつ開いていく。上りに入るとさらに苦しい走りとなり、36kmで後方の集団に吸収された。 それでもあきらめずに最後まで歩を進め、国立競技場に入ってからも一山の背中を必死に追いかけた。あと一歩届かなかったが、「タイムだけを狙うレースではなく、勝ちに行くレースを経験できたことはプラスになります」と前を向く。 五輪代表への道がこれで終わったわけではない。来年1月末の大阪国際、来年3月の名古屋ウィメンズのァイナルチャレンジにすぐさま気持ちを切り替えた。一つの目安となる「ファイナルチャレンジ設定記録」の2時間21分41秒は、自身のロンドンの記録を1秒上回るもの。それを誰も突破できなければ手にできる代表の座だが、「ファイナルチャレンジに向けて準備したい」。細田は自らの手で、パリ五輪をつかみに行く。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.18

三浦龍司が五輪前に自信深めるレース「クオリティーの高いものができている。メダルが大きな目標」/ホクレンDC深川

夏の北海道を舞台とする中長距離のレースシリーズ、ホクレン・ディスタンスチャレンジ(DC)の第4戦深川大会が7月17日に開催され、男子3000m障害の日本記録(8分09秒91)保持者でパリ五輪代表の三浦龍司(SUBARU) […]

NEWS 西山雄介が東京マラソン以来のレースで日本人トップ 800m・岡村颯太が1分47秒05/ホクレンDC深川

2024.07.17

西山雄介が東京マラソン以来のレースで日本人トップ 800m・岡村颯太が1分47秒05/ホクレンDC深川

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第4戦の深川大会が7月17日に行われ、男子10000mA組はオレゴン世界選手権マラソン代表の西山雄介(トヨタ自動車)が28分08秒53で日本人最上位の4位でフィニッシュした。 3月 […]

NEWS 国スポの2027年宮崎県開催が決定! 29年の群馬県開催も内定

2024.07.17

国スポの2027年宮崎県開催が決定! 29年の群馬県開催も内定

日本スポーツ協会は7月17日、都内で理事会を開き、2027年(令和9年)の第81回国民スポーツ大会の開催地を宮崎県とすることを決定した。また、29年(令和11年)の第83回大会の開催地が群馬県に内定した。 今年度より、名 […]

NEWS 【プレゼント】ハーツ&ハーツクリニックの 「メタリックネックレスⅡ2024 IPバージョン(40㎝)」/2024年8月号

2024.07.17

【プレゼント】ハーツ&ハーツクリニックの 「メタリックネックレスⅡ2024 IPバージョン(40㎝)」/2024年8月号

独自の「周波数加工®」…「ハーツ加工®」で体内の周波数を整えるハーツ&ハーツクリニックは、同社製品の基本であり最高峰の「メタリックネックレス」から、新たに「メタリックネックレス Ⅱ 2024」、「メタリックネックレス Ⅱ […]

NEWS 五輪代表・三浦龍司が5000mに出場 13分31秒61で日本人トップ「手応えを得られたのは自信になる」/ホクレンDC深川

2024.07.17

五輪代表・三浦龍司が5000mに出場 13分31秒61で日本人トップ「手応えを得られたのは自信になる」/ホクレンDC深川

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第4戦の深川大会が7月17日に行われ、パリ五輪3000m障害代表の三浦龍司(SUBARU)が男子5000mA組に出場し、13分31秒61で6位に入った。 今季の三浦は5月以降、海外 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top