HOME 駅伝、箱根駅伝

2023.10.15

明大 攻めの姿勢で貫き2年連続2位通過 ルーキーも好走し100回大会で“古豪”躍動の予感/箱根駅伝予選会
明大 攻めの姿勢で貫き2年連続2位通過 ルーキーも好走し100回大会で“古豪”躍動の予感/箱根駅伝予選会

2023年箱根駅伝予選会で2位通過した明大

◇第100回箱根駅伝予選会(10月14日/東京・陸上自衛隊立川駐屯地スタート、昭和記念公園フィニッシュ:21.0975km)

明大は2年連続の2位で本大会出場を決めた。

広告の下にコンテンツが続きます

「ほっとしています。一安心ですね」。8月1日に就任した山本豪駅伝監督は胸をなでおろした。

山本監督は、フリー、63分台、64分台の3グループを設定し、選手たち自身にどのグループでレースを進めるかを選択させ、児玉真輝、杉彩文海(以上4年)、吉川響、森下翔太(以上2年)、綾一輝(1年)の5人がフリーを選択。残りの7人は63分台を選んだ。

「64分台のグループを選ぶ者もいると思っていましたし、フリーはもっと少ないかなと思っていました。私が思っている以上に、学生たちは仕上がりが良かったのかなという気がしました」

指揮官がこう話すように、選手たちは積極的な姿勢で臨んだ。実際に、明大は序盤から上位でレースを進めた。

広告の下にコンテンツが続きます

「(目標が)63分台だと1km3分ちょうどあたりで押しがちですが、そのペースだと序盤の(平坦な)駐屯地内のコースでは遅い。昭和記念公園内に入って終盤ペースダウンをするのを加味して、少し速めのペース設定を、と指示しました」

多くの有力校が前半を抑えめに入ったなか、山本監督は選手同様に攻めの姿勢だった。

入りの5kmは「ちょっと速いかなと思った」と言うが、結果的には、好コンディションに恵まれたこともあって、攻めの姿勢が功を奏したとも言える。5km、10kmを立教大に次いで2番目で通過すると、15kmではトップに浮上した。

最後は大東大に逆転を許したものの、2位をキープして危なげなく予選を突破した。

広告の下にコンテンツが続きます

「私の見積もりがそもそも低かったのか、5位ぐらいかなと思っていたんで、学生たちは予想以上に走ってくれました」と山本監督は選手たちの奮闘をたたえた。

チームトップは25位の児玉真輝(4年)。前回予選会以来1年ぶりのハーフマラソンとなり「怖さもあって、正直、緊張していた」と漏らす。さらには、8月終わりに足首を痛め、夏の2次合宿(北海道紋別)はまるまる走れなかった。「昨年、一昨年より状態が悪く、万全ではなかったです」。

それでも、1時間2分30秒の自己ベストで走り、最上級生として、そしてエースとしての存在感を示した。

チーム2番手(34位)の吉川響(2年)も1時間2分41秒の自己新。さらには、初ハーフマラソンの1年生たちも好走。綾一輝が1時間2分41秒でチーム3番手の35位、大湊柊翔は1時間3分29秒でチーム5番手の60位と健闘した。

広告の下にコンテンツが続きます

綾は千葉・八千代松陰高時代に全国高校駅伝で2年連続1区を務め、2年時8位、3年時3位と好走。予選会を前にして9月に体調を崩し、練習ができない期間もあったが、焦らずに調整してきた。

「(初めてのハーフなので)どれぐらいのペースで入れば速いのかわからなかったので、とりあえず(日本人の)先頭集団に付いていき、公園内に入るまでは余裕を持って走ることを意識しました。特に児玉さんと吉川さんを目標にして、後ろに付きました。給水をとるのが下手なんですけど、吉川さんには2、3回助けてもらいました」

綾の快走には先輩のサポートを明かした。

「高2の時からベストを更新できていなかったので、ようやく結果を残すことができて、自信につながりました」。綾にとって、この予選会をステップに本戦でもフレッシュな力が躍動しそうだ。

広告の下にコンテンツが続きます

明大は、この3年間の予選会は1位、2位、2位と上位通過しているが、力がありながらも、本戦ではなかなかシード権に届かずにいる。

「学生が掲げる目標は8位。そこに向けて、引き続きやっていくだけですね」(山本監督)

明大は“オリジナル4”と呼ばれる第1回からの出場校。4年ぶりにシード権を獲得し、第100回記念大会で古豪復活の足がかりを築くつもりだ。

文/福本ケイヤ

広告の下にコンテンツが続きます
◇第100回箱根駅伝予選会(10月14日/東京・陸上自衛隊立川駐屯地スタート、昭和記念公園フィニッシュ:21.0975km) 明大は2年連続の2位で本大会出場を決めた。 「ほっとしています。一安心ですね」。8月1日に就任した山本豪駅伝監督は胸をなでおろした。 山本監督は、フリー、63分台、64分台の3グループを設定し、選手たち自身にどのグループでレースを進めるかを選択させ、児玉真輝、杉彩文海(以上4年)、吉川響、森下翔太(以上2年)、綾一輝(1年)の5人がフリーを選択。残りの7人は63分台を選んだ。 「64分台のグループを選ぶ者もいると思っていましたし、フリーはもっと少ないかなと思っていました。私が思っている以上に、学生たちは仕上がりが良かったのかなという気がしました」 指揮官がこう話すように、選手たちは積極的な姿勢で臨んだ。実際に、明大は序盤から上位でレースを進めた。 「(目標が)63分台だと1km3分ちょうどあたりで押しがちですが、そのペースだと序盤の(平坦な)駐屯地内のコースでは遅い。昭和記念公園内に入って終盤ペースダウンをするのを加味して、少し速めのペース設定を、と指示しました」 多くの有力校が前半を抑えめに入ったなか、山本監督は選手同様に攻めの姿勢だった。 入りの5kmは「ちょっと速いかなと思った」と言うが、結果的には、好コンディションに恵まれたこともあって、攻めの姿勢が功を奏したとも言える。5km、10kmを立教大に次いで2番目で通過すると、15kmではトップに浮上した。 最後は大東大に逆転を許したものの、2位をキープして危なげなく予選を突破した。 「私の見積もりがそもそも低かったのか、5位ぐらいかなと思っていたんで、学生たちは予想以上に走ってくれました」と山本監督は選手たちの奮闘をたたえた。 チームトップは25位の児玉真輝(4年)。前回予選会以来1年ぶりのハーフマラソンとなり「怖さもあって、正直、緊張していた」と漏らす。さらには、8月終わりに足首を痛め、夏の2次合宿(北海道紋別)はまるまる走れなかった。「昨年、一昨年より状態が悪く、万全ではなかったです」。 それでも、1時間2分30秒の自己ベストで走り、最上級生として、そしてエースとしての存在感を示した。 チーム2番手(34位)の吉川響(2年)も1時間2分41秒の自己新。さらには、初ハーフマラソンの1年生たちも好走。綾一輝が1時間2分41秒でチーム3番手の35位、大湊柊翔は1時間3分29秒でチーム5番手の60位と健闘した。 綾は千葉・八千代松陰高時代に全国高校駅伝で2年連続1区を務め、2年時8位、3年時3位と好走。予選会を前にして9月に体調を崩し、練習ができない期間もあったが、焦らずに調整してきた。 「(初めてのハーフなので)どれぐらいのペースで入れば速いのかわからなかったので、とりあえず(日本人の)先頭集団に付いていき、公園内に入るまでは余裕を持って走ることを意識しました。特に児玉さんと吉川さんを目標にして、後ろに付きました。給水をとるのが下手なんですけど、吉川さんには2、3回助けてもらいました」 綾の快走には先輩のサポートを明かした。 「高2の時からベストを更新できていなかったので、ようやく結果を残すことができて、自信につながりました」。綾にとって、この予選会をステップに本戦でもフレッシュな力が躍動しそうだ。 明大は、この3年間の予選会は1位、2位、2位と上位通過しているが、力がありながらも、本戦ではなかなかシード権に届かずにいる。 「学生が掲げる目標は8位。そこに向けて、引き続きやっていくだけですね」(山本監督) 明大は“オリジナル4”と呼ばれる第1回からの出場校。4年ぶりにシード権を獲得し、第100回記念大会で古豪復活の足がかりを築くつもりだ。 文/福本ケイヤ

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.25

衝撃の初マラソン初V!平林清澄の快走にを指導した國學院大・前田康弘監督「妥協しない。努力をしてきましたから」/大阪マラソン

◇大阪マラソン2024(2月25日/大阪府庁前スタート・大阪城公園フィニッシュ) ジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズGSで、パリ五輪代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)ファイナルチャレ […]

NEWS “初代山の神”今井正人 大歓声ラストランに「こんなに幸せなことはない」今後は「一緒に考え、悩み、悔しがれる」指導者に/日本選手権クロカン

2024.02.25

“初代山の神”今井正人 大歓声ラストランに「こんなに幸せなことはない」今後は「一緒に考え、悩み、悔しがれる」指導者に/日本選手権クロカン

◇第107回日本選手権クロスカントリー(2月25日/福岡・海の中道海浜公園) 世界クロスカントリー選手権(3月30日/セルビア・ベオグラード)の代表選考会を兼ねた第107回日本選手権クロスカントリーが行われ、男子(10k […]

NEWS 山形愛羽 室内日本最高の11秒77!あこがれの鶴田玲美を上回る「日本選手権でメダル取りたい」春から福岡大へ/JAG大崎

2024.02.25

山形愛羽 室内日本最高の11秒77!あこがれの鶴田玲美を上回る「日本選手権でメダル取りたい」春から福岡大へ/JAG大崎

◇2024Japan Athlete Games in Osaki(2月25日/鹿児島ジャパンアスリートトレーニングセンター大隅) 国内最大級の陸上競技専門の室内トレーニング施設を舞台に、国内唯一の室内100m公認レース […]

NEWS 豊田兼が60mHで7秒70!日本歴代9位タイでシーズンイン「ハードル2種目でパリを目指したい」/JAG大崎

2024.02.25

豊田兼が60mHで7秒70!日本歴代9位タイでシーズンイン「ハードル2種目でパリを目指したい」/JAG大崎

◇2024Japan Athlete Games in Osaki(2月25日/鹿児島ジャパンアスリートトレーニングセンター大隅) 国内最大級の陸上競技専門の室内トレーニング施設を舞台に、国内唯一の室内100m公認レース […]

NEWS 男子は山口智規が29分16秒で優勝!井川龍人との早大現役・OBラスト勝負を制す/日本選手権クロカン

2024.02.25

男子は山口智規が29分16秒で優勝!井川龍人との早大現役・OBラスト勝負を制す/日本選手権クロカン

◇第107回日本選手権クロスカントリー(2月25日/福岡・海の中道海浜公園) 世界クロスカントリー選手権(3月30日/セルビア・ベオグラード)の代表選考会を兼ねた第107回日本選手権クロスカントリーが行われ、男子(10k […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top