HOME 駅伝

2023.10.03

エントリー発表!駒大は鈴木芽吹、佐藤圭汰らで連覇狙う 順大・三浦、中大・吉居兄弟らも登録/出雲駅伝
エントリー発表!駒大は鈴木芽吹、佐藤圭汰らで連覇狙う 順大・三浦、中大・吉居兄弟らも登録/出雲駅伝

22年出雲駅伝で優勝テープを切った鈴木芽吹

三大駅伝の開幕を知らせる第35回出雲駅伝のエントリー選手が発表された。

連覇を狙う駒大は、前回メンバーの鈴木芽吹、安原太陽、花尾恭輔(ともに4年)、佐藤圭汰(2年)らが順当に入った一方で、10000m27分台のベストを持つ唐澤拓海(4年)が外れている。

前回2位の國學院大は伊地知賢造(4年)、平林清澄、山本歩夢(ともに3年)の強力3本柱がエントリー。2019年以来となる優勝を目論む。

同3位の中大は吉居大和、中野翔太(ともに4年)、吉居駿恭、溜池一太(ともに2年)らを順当に登録。同4位の青学大は佐藤一世(4年)、太田蒼生、鶴川正也(ともに3年)、黒田朝日(2年)らで5年ぶりの栄冠を狙う。

順大はブダペスト世界選手権男子3000m障害6位入賞の三浦龍司(4年)、スーパールーキーの吉岡大翔(1年)をエントリー。2年ぶり出場の早大は石塚陽士、伊藤大志(ともに3年)、山口智規(2年)らが順当に名を連ねた。

東洋大は熊崎貴哉、菅野大輝、松山和希、村上太一の4年生4名をエントリー。昨年度ケガの影響で一度も駅伝に出走できなかったエース・松山は、出走すれば2区で区間5位と好走した2年時の箱根駅伝以来となる。

出雲駅伝は10月9日13時05分にスタート。出雲大社正面鳥居前から出雲ドーム前の6区間45.1kmのコースで、全20チームにより争われる。大会の模様はフジテレビ系で全国生放送。

10月8日にメンバーエントリー(正選手6名、補員2名)を登録。正選手と補員との変更のみ大会当日9時20分まで認められる。

三大駅伝の開幕を知らせる第35回出雲駅伝のエントリー選手が発表された。 連覇を狙う駒大は、前回メンバーの鈴木芽吹、安原太陽、花尾恭輔(ともに4年)、佐藤圭汰(2年)らが順当に入った一方で、10000m27分台のベストを持つ唐澤拓海(4年)が外れている。 前回2位の國學院大は伊地知賢造(4年)、平林清澄、山本歩夢(ともに3年)の強力3本柱がエントリー。2019年以来となる優勝を目論む。 同3位の中大は吉居大和、中野翔太(ともに4年)、吉居駿恭、溜池一太(ともに2年)らを順当に登録。同4位の青学大は佐藤一世(4年)、太田蒼生、鶴川正也(ともに3年)、黒田朝日(2年)らで5年ぶりの栄冠を狙う。 順大はブダペスト世界選手権男子3000m障害6位入賞の三浦龍司(4年)、スーパールーキーの吉岡大翔(1年)をエントリー。2年ぶり出場の早大は石塚陽士、伊藤大志(ともに3年)、山口智規(2年)らが順当に名を連ねた。 東洋大は熊崎貴哉、菅野大輝、松山和希、村上太一の4年生4名をエントリー。昨年度ケガの影響で一度も駅伝に出走できなかったエース・松山は、出走すれば2区で区間5位と好走した2年時の箱根駅伝以来となる。 出雲駅伝は10月9日13時05分にスタート。出雲大社正面鳥居前から出雲ドーム前の6区間45.1kmのコースで、全20チームにより争われる。大会の模様はフジテレビ系で全国生放送。 10月8日にメンバーエントリー(正選手6名、補員2名)を登録。正選手と補員との変更のみ大会当日9時20分まで認められる。

第35回出雲駅伝 主なエントリー&出場校一覧

・駒大 鈴木芽吹(4年) 赤星雄斗(4年) 花尾恭輔(4年) 安原太陽(4年) 篠原倖太朗(3年) 庭瀬俊輝(3年) 伊藤蒼唯(2年) 佐藤圭汰(2年) 山川拓馬(2年) 安原海晴(1年) ・中大 中野翔太(4年) 湯浅仁(4年) 吉居大和(4年) 阿部陽樹(3年) 浦田優斗(3年) 溜池一太(2年) 吉居駿恭(2年) 吉中祐太(2年) 柴田大地(1年) 本間颯(1年) ・青学大 小原 響(4年) 倉本玄太(4年) 佐藤一世(4年) 山内健登(4年) 太田蒼生(3年) 鶴川正也(3年) 野村昭夢(3年) 若林宏樹(3年) 黒田朝日(2年) 鳥井健太(1年) ・國學院大 伊地知賢造(4年) 鈴木景仁(4年) 木村文哉(3年) 平林清澄(3年) 山本歩夢(3年) 青木瑠郁(2年) 上原琉翔(2年) 鎌田匠馬(2年) 高山豪起(2年) 田中愛睦(1年) ・順大 三浦龍司(4年) 石井一希(4年) 浅井皓貴(3年) 海老澤憲伸(3年) 村尾雄己(2年) 森本喜道(2年) 荒牧琢登(1年) 後田築(1年) 大野聖登(1年) 吉岡大翔(1年) ・早大 菖蒲敦司(4年) 佐藤航希(4年) 伊藤大志(3年) 石塚陽士(3年) 菅野雄太(3年) 間瀬田純平(2年) 山口智規(2年) 工藤慎作(1年) 長屋匡起(1年) 山﨑一吹(1年) ・法大 稲毛崇斗(4年) 細迫海気(4年) 松永伶(4年) 安澤駿空(3年) 小泉樹(3年) 武田和馬(3年) 永島悠平(3年) 宮岡幸大(3年) 大島史也(2年) 重山弘徳(1年) ・創価大 山森龍暁(4年) 小暮栄輝(3年) 吉田響(3年) 吉田凌(3年) リーキー・カミナ(3年) 石丸惇那(2年) 野沢悠真(2年) 織橋巧(1年) 小池莉希(1年) スティーブン・ムチーニ(1年) ・城西大 野村颯斗(4年) 山中秀真(4年) 山本唯翔(4年) 久保出雄太(3年) 林晃耀(3年) 平林樹(3年) 斎藤将也(2年) 桜井優我(2年) 鈴木健真(2年) ヴィクター・キムタイ(2年) ・東洋大 熊崎貴哉(4年) 菅野大輝(4年) 松山和希(4年) 村上太一(4年) 梅崎蓮(3年) 小林亮太(3年) 網本佳悟(2年) 緒方澪那斗(2年) 岸本遼太郎(2年) 西村真周(2年) <第35回出雲駅伝出場校> 北海道学連選抜 北海道学連 32回目 東北学連選抜  東北学連  34回目 駒澤大学    関東学連  29回目 中央大学    関東学連  27回目 青山学院大学  関東学連  13回目 國學院大學   関東学連   6回目 順天堂大学   関東学連  26回目 早稲田大学   関東学連  28回目 法政大学    関東学連  16回目 創価大学    関東学連   3回目 城西大学    関東学連   5回目 東洋大学    関東学連  23回目 北信越学連選抜 北信越学連 34回目 皇學館大学   東海学連   5回目 大阪経済大学  関西学連   6回目 立命館大学   関西学連  20回目 関西大学    関西学連   8回目 広島経済大学  中国四国学連20回目 環太平洋大学  中国四国学連 3回目 第一工科大学  九州学連  25回目 アイビーリーグ選抜 米国  23回目

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.18

110mH村竹ラシッド パリ五輪の決勝で勝負!DLなど経験し「実力を発揮できるようになってきた」

男子110mハードルの日本記録保持者でパリ五輪代表の村竹ラシッド(JAL)が、練習拠点としている母校・順大で練習を公開した。 日本選手権を初優勝して初五輪を決めた村竹。その後はダイヤモンドリーグ(DL)パリ大会に出場し、 […]

NEWS 三浦龍司が五輪前に自信深めるレース「クオリティーの高いものができている。メダルが大きな目標」/ホクレンDC深川

2024.07.18

三浦龍司が五輪前に自信深めるレース「クオリティーの高いものができている。メダルが大きな目標」/ホクレンDC深川

夏の北海道を舞台とする中長距離のレースシリーズ、ホクレン・ディスタンスチャレンジ(DC)の第4戦深川大会が7月17日に開催され、男子3000m障害の日本記録(8分09秒91)保持者でパリ五輪代表の三浦龍司(SUBARU) […]

NEWS 西山雄介が東京マラソン以来のレースで日本人トップ 800m・岡村颯太が1分47秒05/ホクレンDC深川

2024.07.17

西山雄介が東京マラソン以来のレースで日本人トップ 800m・岡村颯太が1分47秒05/ホクレンDC深川

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第4戦の深川大会が7月17日に行われ、男子10000mA組はオレゴン世界選手権マラソン代表の西山雄介(トヨタ自動車)が28分08秒53で日本人最上位の4位でフィニッシュした。 3月 […]

NEWS 国スポの2027年宮崎県開催が決定! 29年の群馬県開催も内定

2024.07.17

国スポの2027年宮崎県開催が決定! 29年の群馬県開催も内定

日本スポーツ協会は7月17日、都内で理事会を開き、2027年(令和9年)の第81回国民スポーツ大会の開催地を宮崎県とすることを決定した。また、29年(令和11年)の第83回大会の開催地が群馬県に内定した。 今年度より、名 […]

NEWS 【プレゼント】ハーツ&ハーツクリニックの 「メタリックネックレスⅡ2024 IPバージョン(40㎝)」/2024年8月号

2024.07.17

【プレゼント】ハーツ&ハーツクリニックの 「メタリックネックレスⅡ2024 IPバージョン(40㎝)」/2024年8月号

独自の「周波数加工®」…「ハーツ加工®」で体内の周波数を整えるハーツ&ハーツクリニックは、同社製品の基本であり最高峰の「メタリックネックレス」から、新たに「メタリックネックレス Ⅱ 2024」、「メタリックネックレス Ⅱ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top