HOME 国内、日本代表

2023.10.02

200m上山紘輝が今大会初金メダル!「第一号になれてうれしい」日本勢でも連覇果たす/アジア大会
200m上山紘輝が今大会初金メダル!「第一号になれてうれしい」日本勢でも連覇果たす/アジア大会

◇第19回アジア大会(9月29日~10月5日/中国・杭州)

中国・杭州で開催されている第19回アジア大会の陸上競技の4日目の午後セッションで男子200m決勝が行われ、上山紘輝(住友電工)が金メダルを獲得した。陸上競技の今大会金メダル第一号。日本勢としては前回の小池祐貴(住友電工)に続いて2大会連続となる。

広告の下にコンテンツが続きます

スタートややや先行されたものの、得意とするコーナーワークで一気に抜け出すと、残り2~30m付近で前を捕らえて20秒60(-0.2)でフィニッシュ。誇らしげに日の丸を掲げた。

「プランとしてはもう少し前半から行って、キープして頑張ろうと思ったのですが、追いかける展開になって焦りました」と上山。それでも、最後まで力むことなく冷静に走り抜けた。

「ベンチでもまだ金メダルがないと話していたので、第一号となれてうれしいです。日本としてもチームの先輩の小池さんに続いて連覇できました」

昨年のオレゴン世界選手権で20秒26をマークして鮮烈な世界デビューを飾ったが、今季は悔しい思いをしてきた。シーズン序盤からなかなか調子が上がらず、連覇を狙った日本選手権では7位。アジア選手権では鵜澤飛羽(筑波大)の金メダルを後ろから見る銅メダルだった。

広告の下にコンテンツが続きます

その後、急きょ飛んだロンドンで4×100mリレーの4走を務めてブダペスト世界選手権の出場権獲得に貢献。しかし、5位になった本番では走ることができず。200mでも予選敗退に終わっていた。

「悔しい思いをしてきたので、最後に挽回できるとしたらここしかなかった」。疲労があるなかで良い動きは徐々に取り戻して迎えた今大会。「タイムはボチボチですが、メダルを取れて良かった」。

来年のパリ五輪に向けても「スタートから行けている感覚もありますし、コーナーの出口も今まで以上に伸びている。疲労を抜いた中で準備すれば記録が出てもおかしくない」と、再浮上のきっかけをつかんだ様子だった。

◇第19回アジア大会(9月29日~10月5日/中国・杭州) 中国・杭州で開催されている第19回アジア大会の陸上競技の4日目の午後セッションで男子200m決勝が行われ、上山紘輝(住友電工)が金メダルを獲得した。陸上競技の今大会金メダル第一号。日本勢としては前回の小池祐貴(住友電工)に続いて2大会連続となる。 スタートややや先行されたものの、得意とするコーナーワークで一気に抜け出すと、残り2~30m付近で前を捕らえて20秒60(-0.2)でフィニッシュ。誇らしげに日の丸を掲げた。 「プランとしてはもう少し前半から行って、キープして頑張ろうと思ったのですが、追いかける展開になって焦りました」と上山。それでも、最後まで力むことなく冷静に走り抜けた。 「ベンチでもまだ金メダルがないと話していたので、第一号となれてうれしいです。日本としてもチームの先輩の小池さんに続いて連覇できました」 昨年のオレゴン世界選手権で20秒26をマークして鮮烈な世界デビューを飾ったが、今季は悔しい思いをしてきた。シーズン序盤からなかなか調子が上がらず、連覇を狙った日本選手権では7位。アジア選手権では鵜澤飛羽(筑波大)の金メダルを後ろから見る銅メダルだった。 その後、急きょ飛んだロンドンで4×100mリレーの4走を務めてブダペスト世界選手権の出場権獲得に貢献。しかし、5位になった本番では走ることができず。200mでも予選敗退に終わっていた。 「悔しい思いをしてきたので、最後に挽回できるとしたらここしかなかった」。疲労があるなかで良い動きは徐々に取り戻して迎えた今大会。「タイムはボチボチですが、メダルを取れて良かった」。 来年のパリ五輪に向けても「スタートから行けている感覚もありますし、コーナーの出口も今まで以上に伸びている。疲労を抜いた中で準備すれば記録が出てもおかしくない」と、再浮上のきっかけをつかんだ様子だった。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2023.12.01

女子やり投の北口榛花が2023年最も輝きを放ったCrystalAthleteに決定!選手、ファン、メディア投票で決定の「GetsurikuAwards」

月陸Onlineが2022年に創設した「Getsuriku Awards」。選手やファン、メディアからの投票によって、そのシーズンで『最も輝きを放った選手=Crystal Athlete』として表彰する。 広告の下にコン […]

NEWS 島原学生駅伝のオーダー発表! 全日本出場の鹿児島大は九州インカレ1万mVの茅野智裕を3区に起用 女子は福岡大・宮原なな佳が最長4区に登録

2023.12.01

島原学生駅伝のオーダー発表! 全日本出場の鹿児島大は九州インカレ1万mVの茅野智裕を3区に起用 女子は福岡大・宮原なな佳が最長4区に登録

12月1日、九州学連は2日に行われる島原学生駅伝(男子/第41回九州学生駅伝、女子/第23回九州学生女子駅伝)の区間オーダーを発表した。 男子は7区間57.75kmのコースで実施。今年11月の全日本大学駅伝に39大会ぶり […]

NEWS 資生堂の木之下沙椰が競技引退「応援本当にありがとうございました」 神村学園高では全国高校駅伝優勝に貢献

2023.12.01

資生堂の木之下沙椰が競技引退「応援本当にありがとうございました」 神村学園高では全国高校駅伝優勝に貢献

12月1日、資生堂は木之下沙椰が11月30日をもって現役引退したことを発表した。 木之下は鹿児島県出身。小学生からクラブチームで陸上を始め、伊集院北中で本格的に長距離に挑戦。中学時代は3年次の九州大会800m出場の実績を […]

NEWS 鹿児島・大崎での室内競技会がパリ五輪イヤーの24年も開催!来年2月25日、国内唯一の室内100m公認レース

2023.12.01

鹿児島・大崎での室内競技会がパリ五輪イヤーの24年も開催!来年2月25日、国内唯一の室内100m公認レース

大崎町陸上競技の聖地創り実行委員会事務局は12月1日、毎年開催しているJapan Athlete Games in Osakiの2024年大会要項を発表した。 この大会は2020年開催予定だった鹿児島国体がコロナ禍で中止 […]

NEWS 【Playback箱根駅伝】第4回/早大が2年連続V!往路2位から6区で逆転して制す 東農大が3位と健闘

2023.12.01

【Playback箱根駅伝】第4回/早大が2年連続V!往路2位から6区で逆転して制す 東農大が3位と健闘

2024年に箱根駅伝は第100回大会を迎える。記念すべき100回に向けて、これまでの歴史を改めて振り返る『Playback箱根駅伝』を企画。第1回大会から第99回大会まで、大会の様子を刻んでいく。(所属などは当時のもの) […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2023年12月号 (11月14日発売)

2023年12月号 (11月14日発売)

全日本大学駅伝
MGC
北口榛花、田中希実インタビュー

page top