HOME 国内、日本代表

2023.10.02

走幅跳・秦澄美鈴は6m48で4位 メダルにあと2cmもアジア選手権女王の意地/アジア大会
走幅跳・秦澄美鈴は6m48で4位 メダルにあと2cmもアジア選手権女王の意地/アジア大会

女子走幅跳の秦澄美鈴

◇第19回アジア大会(9月29日~10月5日/中国・杭州)

中国・杭州で開催されている第19回アジア大会の陸上競技の4日目の午後セッションが行われ、女子走幅跳の秦澄美鈴(シバタ工業)は6m48(+0.4)で4位だった。

7月のアジア選手権で17年ぶり日本新の6m97(+0.5)の大ジャンプで金メダルに輝いた秦。だが、1回目がファウルとなり、なかなかリズムに乗れない。

4回目、5回目と6m48をジャンプし、4位で迎えた最終跳躍はファウル。銅メダルにはあと2cm届かなかった。

アジア選手権後に臨んだブダペスト世界選手権では2大会連続の予選敗退。だが、その後の9月2日はダイヤモンドリーグ(廈門大会/6m20で10位)に初挑戦するなど、世界を見据えた取り組みを続けている。

アジアで再び頂点に立つことはできなかったが、来年のパリ五輪に向けてさらなる飛躍を期す。

地元・中国の19歳、熊誌麒が金メダル。自身のU20アジア歴代4位の記録を8cm更新する6m73(±0)をマークした。

◇第19回アジア大会(9月29日~10月5日/中国・杭州) 中国・杭州で開催されている第19回アジア大会の陸上競技の4日目の午後セッションが行われ、女子走幅跳の秦澄美鈴(シバタ工業)は6m48(+0.4)で4位だった。 7月のアジア選手権で17年ぶり日本新の6m97(+0.5)の大ジャンプで金メダルに輝いた秦。だが、1回目がファウルとなり、なかなかリズムに乗れない。 4回目、5回目と6m48をジャンプし、4位で迎えた最終跳躍はファウル。銅メダルにはあと2cm届かなかった。 アジア選手権後に臨んだブダペスト世界選手権では2大会連続の予選敗退。だが、その後の9月2日はダイヤモンドリーグ(廈門大会/6m20で10位)に初挑戦するなど、世界を見据えた取り組みを続けている。 アジアで再び頂点に立つことはできなかったが、来年のパリ五輪に向けてさらなる飛躍を期す。 地元・中国の19歳、熊誌麒が金メダル。自身のU20アジア歴代4位の記録を8cm更新する6m73(±0)をマークした。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.18

女子短距離の山中日菜美が地元・滋賀のマリングレイスとスポンサー契約を締結

女子短距離の山中日菜美(滋賀陸協)と株式会社マリングレイスがスポンサー契約を締結したことを発表した。 山中は滋賀県出身の27歳。立命大を経て、大学卒業1年目の2019年には世界リレー代表にも選出された。2022年に実業団 […]

NEWS サニブラウン主宰「DAWN GAMES」東日本予選にもバドミントンの桃田賢斗がゲスト参加!小学校低学年50mも追加

2024.06.18

サニブラウン主宰「DAWN GAMES」東日本予選にもバドミントンの桃田賢斗がゲスト参加!小学校低学年50mも追加

男子100m2大会連続世界選手権ファイナリストでパリ五輪代表に内定しているサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)が主宰する小中高生を対象とした100mの競技会「DAWN GAMES(ドーンゲームス)」の東日本エリア予選 […]

NEWS サニブラウン主宰の「DAWN GAMES」西日本予選が開催!約400人が参加、各カテゴリー4人が決勝大会へ

2024.06.18

サニブラウン主宰の「DAWN GAMES」西日本予選が開催!約400人が参加、各カテゴリー4人が決勝大会へ

男子短距離のサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)が企画した100mの競技会「DAWN GAMES」の西日本予選が去る6月9日、大阪・ヤンマースタジアム長居で行われた。 この大会は「陸上人口を増やし、層を厚くしたい」「 […]

NEWS 【プレゼント】ニシ・スポーツの 「ジャカードレーシングTシャツ」&「WGレーシングショートタイツ」/2024年7月号

2024.06.18

【プレゼント】ニシ・スポーツの 「ジャカードレーシングTシャツ」&「WGレーシングショートタイツ」/2024年7月号

ニシ・スポーツから新登場した2024年春夏モデルの「HIGH TECH LINE」シリーズが好評だ。 なかでも、機能性を追求した「ジャカードレーシングTシャツ」は、胸・背・脇に配したエアーダクトホール、吸汗速乾性のある素 […]

NEWS 中島佑気ジョセフがバハマで45秒49 シーズンベストで優勝 日本選手権前に弾み

2024.06.18

中島佑気ジョセフがバハマで45秒49 シーズンベストで優勝 日本選手権前に弾み

WAコンチネンタルツアー・チャレンジャーのNACACニューライフ招待が6月16日にバハマで行われ、男子400mに中島佑気ジョセフ(富士通)が出場。45秒49のシーズンベストで優勝した。 中島は、東洋大4年だった昨年の日本 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top