HOME 海外

2023.09.24

アセファが女子マラソンで2時間11分53秒! 従来の記録を2分以上更新する異次元の世界新/ベルリンマラソン

24日、ドイツで第49回ベルリンマラソンが行われ、女子ではティギスト・アセファ(エチオピア)が2時間11分53秒の世界新記録で優勝した。従来の世界記録は19年のシカゴでブリジット・コスゲイ(ケニア)がマークした2時間14分04秒。

昨年のベルリンでも優勝しているアセファは男子のペースメーカーに引っ張られながら、5kmを15分58秒で突っ込むと、その後は徐々にペースを上げて、中間点は1時間6分20秒というハイペースで通過する。この時点で他の選手は太刀打ちできず、リードを拡大した。

驚異的だったのは後半の走りだった。20kmから25kmを15分48秒のペースで刻むと、25kmから30kmは15分32秒、30kmから35kmは15分29秒とさらにピッチを速めた。40kmを2時間5分13秒で通過したあとは、ラストの2.195kmも6分40秒。後半のハーフは1時間5分33秒と、前半より50秒ほど速いタイムでまとめ、従来の世界記録を2分以上縮めた。

アセファは1996年生まれの26歳。ジュニア期から400mや800mの短い距離が専門で、16年リオ五輪は800mに出場。800mのベストは1分59秒24を持つ。

18年にロードへ転向し、19年にはハーフマラソンで1時間8分24秒をマーク。22年3月にサウジアラビアで行われたリヤドマラソンで初マラソンを経験すると、昨年のベルリンでは当時世界歴代3位の2時間15分37秒で優勝を飾っていた。

24日、ドイツで第49回ベルリンマラソンが行われ、女子ではティギスト・アセファ(エチオピア)が2時間11分53秒の世界新記録で優勝した。従来の世界記録は19年のシカゴでブリジット・コスゲイ(ケニア)がマークした2時間14分04秒。 昨年のベルリンでも優勝しているアセファは男子のペースメーカーに引っ張られながら、5kmを15分58秒で突っ込むと、その後は徐々にペースを上げて、中間点は1時間6分20秒というハイペースで通過する。この時点で他の選手は太刀打ちできず、リードを拡大した。 驚異的だったのは後半の走りだった。20kmから25kmを15分48秒のペースで刻むと、25kmから30kmは15分32秒、30kmから35kmは15分29秒とさらにピッチを速めた。40kmを2時間5分13秒で通過したあとは、ラストの2.195kmも6分40秒。後半のハーフは1時間5分33秒と、前半より50秒ほど速いタイムでまとめ、従来の世界記録を2分以上縮めた。 アセファは1996年生まれの26歳。ジュニア期から400mや800mの短い距離が専門で、16年リオ五輪は800mに出場。800mのベストは1分59秒24を持つ。 18年にロードへ転向し、19年にはハーフマラソンで1時間8分24秒をマーク。22年3月にサウジアラビアで行われたリヤドマラソンで初マラソンを経験すると、昨年のベルリンでは当時世界歴代3位の2時間15分37秒で優勝を飾っていた。

女子マラソン世界歴代10傑

2.11.53 T.アセファ(エチオピア)   2023. 9.24 2.14.04 B.コスゲイ(ケニア)     2019.10.13 2.14.18 R.チェプンゲティチ(ケニア) 2022.10. 9 2.14.58 A.ベリソ(エチオピア)    2022.12. 4 2.15.25 P.ラドクリフ(英国)     2003. 4.13 2.16.28 R.ワンジル(ケニア)     2023. 3. 5 2.16.49 L.ギデイ(エチオピア)    2022.12. 4 2.16.56 T.ゲメチュ(エチオピア)   2023. 3. 5 2.17.01 M.ケイタニー(ケニア)    2017. 4.23 2.17.16 P.ジェプチルチル(ケニア)  2020.12. 6

ベルリンマラソンでのT.アセファの通過タイム

5km 15.58 10km 31.45(15.47) 15km 47.26(15.41) 20km 1.02.52(15.26) ハーフ 1.06.20 25km 1.18.40(15.48) 30km 1.34.12(15.32) 35km 1.49.41(15.29) 40km 2.05.13(15.32) フィニッシュ 2.11.53(6.40)

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.24

注目の100mはライルズ自己新V!男子棒高跳ケンドリクスが大会新5m92で3大会連続五輪代表に/全米五輪選考会

◇全米五輪選考会(6/21~30、米国オレゴン州ユージン・ヘイワードフィールド)3日目 全米五輪選考会の3日目が行われ、男子100m(+0.4)ではN.ライルズが9秒83の自己タイで優勝した。ライルズは200mで世界選手 […]

NEWS 女子棒高跳コードリーが世界歴代7位の4m92成功!世界室内女王が大ジャンプ 男子砲丸投トロが21m80のアジア新/WAコンチネンタルツアー

2024.06.24

女子棒高跳コードリーが世界歴代7位の4m92成功!世界室内女王が大ジャンプ 男子砲丸投トロが21m80のアジア新/WAコンチネンタルツアー

6月21日、世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ブロンズのトゥールーズ キャピトル・ペルシュがフランスで行われ、女子棒高跳ではM.コードリー(英国)が世界歴代7位、今季世界最高の4m92で優勝した。 コードリーは3月の […]

NEWS 十種競技・ドイツの22歳ステインフォースが200点以上自己新の8287点でV/WA混成ツアー

2024.06.24

十種競技・ドイツの22歳ステインフォースが200点以上自己新の8287点でV/WA混成ツアー

世界陸連(WA)混成ツアー・ゴールドのシュタットベルケ・ラーティンゲン混成大会が6月22、23日、ドイツ・ラーティンゲンで行われた。 男子十種競技はT.ステインフォース(ドイツ)が8287点(100m10秒41、走幅跳7 […]

NEWS 2028年ロサンゼルス五輪の陸上は第一週開催の「歴史的変更」!水泳と日程入れ替えで注目アップ狙う マラソンは最終週の伝統維持

2024.06.24

2028年ロサンゼルス五輪の陸上は第一週開催の「歴史的変更」!水泳と日程入れ替えで注目アップ狙う マラソンは最終週の伝統維持

世界陸連(WA)は6月22日、2028年に開催されるロサンゼルス五輪について、陸上を第一週に実施することを発表した。マラソンとメダル授与については最終週に行う伝統を維持するとしている。 これまで第一週に水泳、第二週に陸上 […]

NEWS 全米最速はライルズ!自己タイ9秒83で100m初の五輪切符 2位ベドナレク、3位カーリーが代表入り 4位コールマン落選/全米五輪選考会

2024.06.24

全米最速はライルズ!自己タイ9秒83で100m初の五輪切符 2位ベドナレク、3位カーリーが代表入り 4位コールマン落選/全米五輪選考会

◇全米五輪選考会(6月21~30日/米国オレゴン州ユージン・ヘイワードフィールド)3日目 全米五輪選考会の3日目が行われ、男子100mはノア・ライルズが自己タイの9秒83(+0.4)で制し、この種目で初の五輪出場権を手に […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top