月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【TF】日本GPシリーズ今年は4大会で実施 日本選手権、GGPもポイント対象に


昨年の日本陸連アスレティックスアワードでの日本GPシリーズ表彰式の様子
日本陸連は、2020年シーズンの「サトウ食品日本グランプリシリーズ」について、山口・大阪・北九州・新潟の4大会での開催を決めたと発表した。日本グランプリシリーズは、指定大会を設け、年間通して全体のチャンピオンと種目別チャンピオンを決める日本トップクラスが集結する競技会。

18年13大会、19年14大会が行われ、今年はグランプリプレミア(東京・静岡・神戸・広島)と、グランプリ(水戸・新潟・大阪・鳥取・出雲・山口・北九州・熊本・延岡)の、全13大会が予定されていた。だが、新型コロナウイルスの影響により、春先から中止や延期が決まっていた。

2020年は特別措置として、「トップアスリートが集結する第 104 回日本陸上競技選手権大会とセイコーゴールデングランプリ陸上2020東京をポイント対象大会にする」としている。ランキングはポイント制で、対象大会の種目とラウンドごとの記録を、世界陸連が定めるスコアリングテーブルを基にポイントを加算していく。年間で全種目の中で、パフォーマンスポイントが最も高い男女各1名を「日本グランプリシリーズWinner」として表彰される。昨年は男子が110mハードルの高山峻野(ゼンリン)、女子がやり投の北口榛花(日大、現JAL)が受賞した。

ポイント対象大会(全8大会)
日本グランプリシリーズ
10月18日(日)【山口大会】第 17 回田島直人記念陸上競技大会
10月24日(土)【大阪大会】第 7 回木南道孝記念陸上競技大会
10月25日(日)【北九州大会】第 42 回北九州陸上カーニバル
※調整中    【新潟大会】Denka Athletics Challenge Cup 2020
特別指定競技会
8月23日(日)       セイコーゴールデングランプリ陸上 2020 東京
9月26日(土)~27日(日) 第104回日本陸上競技選手権大会・混成競技
10月1日(木)~3日(土) 第104回日本陸上競技選手権大会
12月4日(金)        第104回日本陸上競技選手権大会・長距離種目

【関連ページ】
日本グランプリシリーズHP



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com