HOME 国内、世界陸上、日本代表
十種競技・丸山優真 世界のキングたちと競演「陸上大好きな自分思い出した」/世界陸上
十種競技・丸山優真 世界のキングたちと競演「陸上大好きな自分思い出した」/世界陸上

大舞台で自己新の7844点と堂々の戦いぶりとなった丸山優真

◇ブダペスト世界陸上(8月19日~27日/ハンガリー・ブダペスト)

ブダペスト世界陸上7、8日目にかけて行われた男子十種競技に丸山優真(住友電工)が出場。今年6月の日本選手権で出した日本歴代6位の自己記録7816点を28点更新する7844点で15位だった。

広告の下にコンテンツが続きます

「楽しかったです!」。2日間、朝から晩まで暑さの中で10種目を終えた丸山は、笑顔で取材エリアに戻ってきた。「死ぬ気で」走った最終種目の1500mは4分32秒01の自己新。世界の『キング』たちに食らいついた。

初日を終えて3936点の17位。2日目の最初となる110mハードルは「13秒を出したかった」が14秒18(+0.1)のシーズンベストタイ。棒高跳でも自己記録を20cm下回る4m60にとどまった。

そうした細かなミスがありながらも、シーズンベストをいくつもそろえて総合得点で自己新。それでも「入賞ラインが8500点。レベルが高すぎて……」。アジア選手権を制してエリアチャンピオンとして臨んだものの、世界の壁を痛感した。

それすらも、丸山にとっては楽しくて仕方がなかった。高校時代から大器と期待され、八種競技で高校記録を樹立するなど結果も残してきた。しかし、日大時代に胸椎分離症で一時は走ることもできず、競技に復帰できるかどうかも見えない時期もあった。

広告の下にコンテンツが続きます

そうした逆境を乗り越えてつかんだ日本代表。「十種競技へのリスペクトをすごく感じて、控え室には個室みたいに一人ひとりベッドがあって、食事もそろっている。混成選手だけの練習スペースやシャワールーム、トレイもある。さすがヨーロッパだなと感じました」。1500mの後は恒例となっている選手全員での写真撮影と『ウイニングラン』。十種競技において、戦い抜いたすべてのキングが勝者なのだ。

「この観客の盛り上がりを東京の世界選手権で実現できるか。そのためには僕がもっと活躍してメディアに取り上げてもえらえるように」

1種目、1種目。自分と戦い、相手と戦う。走る、跳ぶ、投げる。陸上競技のすべてがつまった十種競技。「高校時代から(甲羽)ウィルソン(貴士)たちと勝つか負けるかやり合っていたのが本当に楽しかった。久々な感覚というか、昔の陸上競技大好きな丸山を思い出したんです。それがめちゃくちゃ良かった」。

だからこそ、もう一度ぶつかりたいと思う。「やっぱりもう一回世界に出たい。まだまだこれからだなって。8000点、そろそろ行かないと」。秋にはアジア大会が控えている丸山。「アジアではもう負けないです」。原点回帰した日本のキングが、再び世界に立つために歩き始めた。

広告の下にコンテンツが続きます
◇ブダペスト世界陸上(8月19日~27日/ハンガリー・ブダペスト) ブダペスト世界陸上7、8日目にかけて行われた男子十種競技に丸山優真(住友電工)が出場。今年6月の日本選手権で出した日本歴代6位の自己記録7816点を28点更新する7844点で15位だった。 「楽しかったです!」。2日間、朝から晩まで暑さの中で10種目を終えた丸山は、笑顔で取材エリアに戻ってきた。「死ぬ気で」走った最終種目の1500mは4分32秒01の自己新。世界の『キング』たちに食らいついた。 初日を終えて3936点の17位。2日目の最初となる110mハードルは「13秒を出したかった」が14秒18(+0.1)のシーズンベストタイ。棒高跳でも自己記録を20cm下回る4m60にとどまった。 そうした細かなミスがありながらも、シーズンベストをいくつもそろえて総合得点で自己新。それでも「入賞ラインが8500点。レベルが高すぎて……」。アジア選手権を制してエリアチャンピオンとして臨んだものの、世界の壁を痛感した。 それすらも、丸山にとっては楽しくて仕方がなかった。高校時代から大器と期待され、八種競技で高校記録を樹立するなど結果も残してきた。しかし、日大時代に胸椎分離症で一時は走ることもできず、競技に復帰できるかどうかも見えない時期もあった。 そうした逆境を乗り越えてつかんだ日本代表。「十種競技へのリスペクトをすごく感じて、控え室には個室みたいに一人ひとりベッドがあって、食事もそろっている。混成選手だけの練習スペースやシャワールーム、トレイもある。さすがヨーロッパだなと感じました」。1500mの後は恒例となっている選手全員での写真撮影と『ウイニングラン』。十種競技において、戦い抜いたすべてのキングが勝者なのだ。 「この観客の盛り上がりを東京の世界選手権で実現できるか。そのためには僕がもっと活躍してメディアに取り上げてもえらえるように」 1種目、1種目。自分と戦い、相手と戦う。走る、跳ぶ、投げる。陸上競技のすべてがつまった十種競技。「高校時代から(甲羽)ウィルソン(貴士)たちと勝つか負けるかやり合っていたのが本当に楽しかった。久々な感覚というか、昔の陸上競技大好きな丸山を思い出したんです。それがめちゃくちゃ良かった」。 だからこそ、もう一度ぶつかりたいと思う。「やっぱりもう一回世界に出たい。まだまだこれからだなって。8000点、そろそろ行かないと」。秋にはアジア大会が控えている丸山。「アジアではもう負けないです」。原点回帰した日本のキングが、再び世界に立つために歩き始めた。

男子十種競技日本歴代10傑

8308 右代 啓祐(スズキ浜松AC) 2014. 6. 1 8180 中村 明彦(スズキ浜松AC) 2016. 6.12 8008 奥田 啓祐(第一学院高教)  2022.10. 9 7995 金子 宗弘(ミズノ)     1993. 5.14 7871 松田 克彦(富士通)     1993. 6.12 7844 丸山 優真(住友電工)    2023. 8.26 7803 田中 宏昌(モンテローザ)  2006. 6.25 7788 池田 大介(WIND UP AC)   2009. 8.20 7764 田上  駿(順大M2)    2021. 5. 3 7725 音部 拓仁(富士通)     2015. 7. 5

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.25

衝撃の初マラソン初V!平林清澄の快走にを指導した國學院大・前田康弘監督「妥協しない。努力をしてきましたから」/大阪マラソン

◇大阪マラソン2024(2月25日/大阪府庁前スタート・大阪城公園フィニッシュ) ジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズGSで、パリ五輪代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)ファイナルチャレ […]

NEWS “初代山の神”今井正人 大歓声ラストランに「こんなに幸せなことはない」今後は「一緒に考え、悩み、悔しがれる」指導者に/日本選手権クロカン

2024.02.25

“初代山の神”今井正人 大歓声ラストランに「こんなに幸せなことはない」今後は「一緒に考え、悩み、悔しがれる」指導者に/日本選手権クロカン

◇第107回日本選手権クロスカントリー(2月25日/福岡・海の中道海浜公園) 世界クロスカントリー選手権(3月30日/セルビア・ベオグラード)の代表選考会を兼ねた第107回日本選手権クロスカントリーが行われ、男子(10k […]

NEWS 山形愛羽 室内日本最高の11秒77!あこがれの鶴田玲美を上回る「日本選手権でメダル取りたい」春から福岡大へ/JAG大崎

2024.02.25

山形愛羽 室内日本最高の11秒77!あこがれの鶴田玲美を上回る「日本選手権でメダル取りたい」春から福岡大へ/JAG大崎

◇2024Japan Athlete Games in Osaki(2月25日/鹿児島ジャパンアスリートトレーニングセンター大隅) 国内最大級の陸上競技専門の室内トレーニング施設を舞台に、国内唯一の室内100m公認レース […]

NEWS 豊田兼が60mHで7秒70!日本歴代9位タイでシーズンイン「ハードル2種目でパリを目指したい」/JAG大崎

2024.02.25

豊田兼が60mHで7秒70!日本歴代9位タイでシーズンイン「ハードル2種目でパリを目指したい」/JAG大崎

◇2024Japan Athlete Games in Osaki(2月25日/鹿児島ジャパンアスリートトレーニングセンター大隅) 国内最大級の陸上競技専門の室内トレーニング施設を舞台に、国内唯一の室内100m公認レース […]

NEWS 男子は山口智規が29分16秒で優勝!井川龍人との早大現役・OBラスト勝負を制す/日本選手権クロカン

2024.02.25

男子は山口智規が29分16秒で優勝!井川龍人との早大現役・OBラスト勝負を制す/日本選手権クロカン

◇第107回日本選手権クロスカントリー(2月25日/福岡・海の中道海浜公園) 世界クロスカントリー選手権(3月30日/セルビア・ベオグラード)の代表選考会を兼ねた第107回日本選手権クロスカントリーが行われ、男子(10k […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top