HOME 国内、世界陸上、日本代表
「もう一発かましたい」コンディション不十分で“生き様”見せた松田瑞生 意地の日本人トップ/世界陸上
「もう一発かましたい」コンディション不十分で“生き様”見せた松田瑞生 意地の日本人トップ/世界陸上

23年世界選手権女子マラソンで13位の松田瑞生(ダイハツ)

◇ブダペスト世界陸上(8月19日~27日/ハンガリー・ブダペスト)8日目

ブダペスト世界陸上8日目のモーニングセッションが行われ、女子マラソンに出場した松田瑞生(ダイハツ)は2時間29分15秒で日本勢トップの13位でフィニッシュした。

2日前の記者会見で話した、「最後まであきらめずに走りたい。私のマラソン人生の生き様を伝えたい」を体現する魂の走りだった。マラソン練習が佳境の段階で脚を痛めたことを明かし、「1ヵ月まるまる練習できなかった」と言う。

中盤までは先頭集団でレースを進めたが、エチオピア、ケニア勢が勝負を動かし始めた24km以降で後退。入賞ラインを目指す14位あたりで粘り抜き、フィニッシュ後はその場に立つことができなくなるほど力を出し尽くした。だが、9位だった前回のように前を追い上げるには至らなかった。

それでも、2時間29分15秒で13位で、8位との差は1分52秒差という結果に、「ベストコンディションであれば入賞できる」という思いがこみ上げる。と同時に、支えてくれた人たちの顔がいくつも浮かんだ。

「スタートラインに立って完走することが当たり前じゃないと、改めて実感しました」

10月15日に控えるパリ五輪選考レース「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」は、当初は出場を明言していた。だが、トレーニングの過程や、大舞台を終えた直後ということもあって、今後について「山中美和子監督と相談したい」と話すにとどめる。

だが、これで自身のキャリアを終わらせるわけではない。「生き様が伝わればうれしいです」と振り返りつつ、松田はきっぱりと語った。「もう一発かましたいです」。次はその言葉を必ず実現させる。

◇ブダペスト世界陸上(8月19日~27日/ハンガリー・ブダペスト)8日目 ブダペスト世界陸上8日目のモーニングセッションが行われ、女子マラソンに出場した松田瑞生(ダイハツ)は2時間29分15秒で日本勢トップの13位でフィニッシュした。 2日前の記者会見で話した、「最後まであきらめずに走りたい。私のマラソン人生の生き様を伝えたい」を体現する魂の走りだった。マラソン練習が佳境の段階で脚を痛めたことを明かし、「1ヵ月まるまる練習できなかった」と言う。 中盤までは先頭集団でレースを進めたが、エチオピア、ケニア勢が勝負を動かし始めた24km以降で後退。入賞ラインを目指す14位あたりで粘り抜き、フィニッシュ後はその場に立つことができなくなるほど力を出し尽くした。だが、9位だった前回のように前を追い上げるには至らなかった。 それでも、2時間29分15秒で13位で、8位との差は1分52秒差という結果に、「ベストコンディションであれば入賞できる」という思いがこみ上げる。と同時に、支えてくれた人たちの顔がいくつも浮かんだ。 「スタートラインに立って完走することが当たり前じゃないと、改めて実感しました」 10月15日に控えるパリ五輪選考レース「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」は、当初は出場を明言していた。だが、トレーニングの過程や、大舞台を終えた直後ということもあって、今後について「山中美和子監督と相談したい」と話すにとどめる。 だが、これで自身のキャリアを終わらせるわけではない。「生き様が伝わればうれしいです」と振り返りつつ、松田はきっぱりと語った。「もう一発かましたいです」。次はその言葉を必ず実現させる。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.21

ゴールドコーストマラソンに川内優輝、小山裕太、川内理江ら日本人選手多数招待! 7月7日開催

7月7日に行われる第44回ゴールドコーストマラソンに先立ち、大会事務局は6月20日、21日に男女の招待選手を発表した。 日本からは男女17人の選手が招待。男子ではパリ五輪マラソンの補欠に選ばれている川内優輝(あいおいニッ […]

NEWS 棒高跳アジア記録保持者・オビエナ シーズンベストの5m97! 砲丸投・ファブリは大会新V/WAコンチネンタルツアー

2024.06.21

棒高跳アジア記録保持者・オビエナ シーズンベストの5m97! 砲丸投・ファブリは大会新V/WAコンチネンタルツアー

6月20日、ポーランド・ビドゴシュチでWAコンチネンタルツアー・ゴールドのイレーナ・シェビンスカ記念が開催され、男子棒高跳ではオレゴン世界選手権銀メダルのE.J.オビエナ(フィリピン)が5m97で優勝した。 6m00のア […]

NEWS 泉谷駿介 パリ五輪メダルに向け「自分の力を出し切れるように」

2024.06.20

泉谷駿介 パリ五輪メダルに向け「自分の力を出し切れるように」

男子110mハードルで今夏のパリ五輪代表に内定している泉谷駿介(住友電工)が6月20日、都内で行われたナイキのイベントに出席。五輪に向けての意気込みなどを語った。 泉谷は昨年のブダペスト世界選手権で5位に入賞。4月20日 […]

NEWS エリヨン・ナイトンの暫定資格停止処分が解除 ドーピング検査陽性反応も「過失なし」で五輪選考会出場へ

2024.06.20

エリヨン・ナイトンの暫定資格停止処分が解除 ドーピング検査陽性反応も「過失なし」で五輪選考会出場へ

6月19日、米国アンチドーピング機構(USADA)は、男子短距離のエリヨン・ナイトン(米国)の暫定資格停止処分を解除することを発表した。 20歳のナイトンは昨年のブダペスト世界選手権200m銀メダリスト。17歳だった21 […]

NEWS 五輪シーズンにキングとクイーンの座に就くのは!?丸山優真、山﨑有紀が連覇に挑む/日本選手権混成

2024.06.19

五輪シーズンにキングとクイーンの座に就くのは!?丸山優真、山﨑有紀が連覇に挑む/日本選手権混成

第108回日本選手権・混成競技が6月22、23日に岐阜メモリアルセンター長良川競技場で行われる。パリ五輪代表選考会を兼ねた一戦の注目選手を見ていく。 男子十種競技の優勝候補は丸山優真(住友電工)。前回は7816点で初優勝 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top