HOME 国内、世界陸上、日本代表
5000m初出場の塩尻和也は予選敗退「勝負する舞台に立てていない」/世界陸上
5000m初出場の塩尻和也は予選敗退「勝負する舞台に立てていない」/世界陸上

ブダペスト世界選手権の男子5000mに出場した塩尻和也

【動画】塩尻和也は男子5000mで世界陸上初挑戦。レースダイジェストをチェック!

◇ブダペスト世界陸上(8月19日~27日/ハンガリー・ブダペスト)6日目 ブダペスト世界陸上6日目のアフタヌーンセッションが行われ、男子5000m予選1組に出場した塩尻和也(富士通)は13分51秒00で18着となり、決勝進出を逃した。 3000m障害では2016年のリオ五輪に出場経験があるものの、5000mでは初の世界選手権出場。序盤からスローな展開となり「ラスト勝負は想定していた」と言うものの、「元々の実力が劣っているので受け身となってしまい、神経を使ってしまいました」。位置取りで苦戦が続き、4000m過ぎからのペースアップに対応することができなかった。 レース後は「一番の収穫は勝負する舞台に立てていないと実感できたこと。年長になってきたので、良い経験とばかり言っていられない」と意気消沈気味だった塩尻。今年は日本選手権でセカンドベストの13分19秒85で初優勝し、好調を示していた。それだけに爪痕を残せなかったことにショックを隠せない。 ただし、下ばかり向いていられない。「種目は絞らず、また世界の舞台を目指したい」と、再挑戦を誓った。

【動画】塩尻和也は男子5000mで世界陸上初挑戦。レースダイジェストをチェック!

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.24

木南記念・男子100mに坂井隆一郎、女子走幅跳に秦澄美鈴! 女子100mHは寺田明日香と田中佑美が出場

大阪陸協は4月24日、5月12日に開催される第11回木南記念(ヤンマースタジアム長居・ヤンマーフィールド長居)の主な出場選手4人を発表した。 男子100mで昨年の日本選手権で優勝を飾り、ブダペスト世界選手権に出場した坂井 […]

NEWS 【学生長距離Close-upインタビュー】悔しさ糧に成長した中央学大・近田陽路 「全員がいい記録を出せるチームに」

2024.04.24

【学生長距離Close-upインタビュー】悔しさ糧に成長した中央学大・近田陽路 「全員がいい記録を出せるチームに」

「自分だけが落ち込んでいるわけにはいかなかった」 箱根以降、近田は自分を見つめ直した。自覚した弱さ、大舞台で力を発揮する選手との違い。「今やらなければならないことは何か」。 まずは走行距離を伸ばした。ポイント練習も、ジョ […]

NEWS セイコーGGP男子5000mに日本歴代8位の伊藤達彦、太田智樹、吉居兄弟、鈴木芽吹ら追加出場

2024.04.24

セイコーGGP男子5000mに日本歴代8位の伊藤達彦、太田智樹、吉居兄弟、鈴木芽吹ら追加出場

男子5000mの出場選手をチェック! (○は既に発表済み) キエラン・トゥンティワテ(タイ) ○佐藤圭汰(駒大) ○遠藤日向(住友電工) キプロノ・シトニク(黒崎播磨) ○塩尻和也(富士通) マシュー・ラムズデン(オース […]

NEWS 新潟アルビレックスRC サトウ食品とクラブネーミングライツパートナー契約「日本の陸上界にとって新たな1ページ」

2024.04.24

新潟アルビレックスRC サトウ食品とクラブネーミングライツパートナー契約「日本の陸上界にとって新たな1ページ」

新潟アルビレックスランニングクラブは4月24日、地元(新潟市)に本社を置くサトウ食品とクラブ初のネーミングライツパートナー契約を締結したことを発表した。契約は3年としている。 同市内で行われた記者会見にはサトウ食品の佐藤 […]

NEWS 世界リレーのエントリーリスト発表 米国男子4×100mRにN.ライルズ! ジャマイカ女子4×100mRは若手中心

2024.04.24

世界リレーのエントリーリスト発表 米国男子4×100mRにN.ライルズ! ジャマイカ女子4×100mRは若手中心

バハマ・ナッソーで開催される世界リレー大会(5月4、5日)のエントリーリストが4月23日に発表された。 4×100mリレーは男子32チーム、女子30チームがエントリー。4×400mリレーは男子32チーム、女子27チーム、 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top