HOME 国内、世界陸上、日本代表
走高跳・赤松諒一が1位タイで決勝へ「全部一発で決めて確実に入賞を」/世界陸上
走高跳・赤松諒一が1位タイで決勝へ「全部一発で決めて確実に入賞を」/世界陸上

男子走高跳で決勝進出を果たした赤松諒一(アワーズ)

◇ブダペスト世界陸上(8月19日~27日/ハンガリー・ブダペスト)2日目

ブダペスト世界陸上2日目のモーニングセッションが行われ、男子走高跳予選A組に出場した赤松諒一(アワーズ)は、堂々の全体トップタイで決勝進出を決めた。

広告の下にコンテンツが続きます

2m14、2m18、2m22、2m25、2m28の5つのバーを、すべて1回でクリア。それもほとんどバーに触れない鮮やかな跳躍を見せ続けた。今季世界リスト1位、2位のムタズ・エッサ・バルシム(カタール)、ジュヴォーン・ハイソン(米国)と並んだ位置での堂々たる予選通過に、「今年は絶対に予選を通るぞと思って臨んだので、全部一発でクリアできたのは本当に良かったです」と笑顔で振り返った。

今大会に向けてより反発力のあるスパイクに新調。ただ、「まともに跳ぶのは初めてだった」ため最初は硬さを感じ、2m18では「つぶれた跳躍になりました」。それでも徐々にアジャストし、「最後のほうは結構合わせて跳べるようになった」と、決勝に向けて手応えを口にする。

初のシニア世界大会出場だった前回のオレゴン大会は、力を出し切れずに予選で敗退。そこから1年で見違えるほどの跳躍を見せる。だが、それは継続してきたトレーニングの積み重ねからの成果だ。

2月のアジア室内選手権では、22年オレゴン世界選手権銀メダリストのウ・サンヒョク(韓国)を抑えて金メダルに輝くと、6月の日本選手権は2m29で初制覇。7月のトワイライト・ゲームスでは2m30に成功し、日本人8人目の大台ジャンパーとなった。

広告の下にコンテンツが続きます

培ってきた力を、世界にぶつける時がやってきた。「確実に全部一発で決めて、自己ベストを出せればいい」と赤松。その先にある「入賞を確実に狙っていきたい」と力強く語った。

決勝は日本時間の8月23日午前2時55分に行われる。

◇ブダペスト世界陸上(8月19日~27日/ハンガリー・ブダペスト)2日目 ブダペスト世界陸上2日目のモーニングセッションが行われ、男子走高跳予選A組に出場した赤松諒一(アワーズ)は、堂々の全体トップタイで決勝進出を決めた。 2m14、2m18、2m22、2m25、2m28の5つのバーを、すべて1回でクリア。それもほとんどバーに触れない鮮やかな跳躍を見せ続けた。今季世界リスト1位、2位のムタズ・エッサ・バルシム(カタール)、ジュヴォーン・ハイソン(米国)と並んだ位置での堂々たる予選通過に、「今年は絶対に予選を通るぞと思って臨んだので、全部一発でクリアできたのは本当に良かったです」と笑顔で振り返った。 今大会に向けてより反発力のあるスパイクに新調。ただ、「まともに跳ぶのは初めてだった」ため最初は硬さを感じ、2m18では「つぶれた跳躍になりました」。それでも徐々にアジャストし、「最後のほうは結構合わせて跳べるようになった」と、決勝に向けて手応えを口にする。 初のシニア世界大会出場だった前回のオレゴン大会は、力を出し切れずに予選で敗退。そこから1年で見違えるほどの跳躍を見せる。だが、それは継続してきたトレーニングの積み重ねからの成果だ。 2月のアジア室内選手権では、22年オレゴン世界選手権銀メダリストのウ・サンヒョク(韓国)を抑えて金メダルに輝くと、6月の日本選手権は2m29で初制覇。7月のトワイライト・ゲームスでは2m30に成功し、日本人8人目の大台ジャンパーとなった。 培ってきた力を、世界にぶつける時がやってきた。「確実に全部一発で決めて、自己ベストを出せればいい」と赤松。その先にある「入賞を確実に狙っていきたい」と力強く語った。 決勝は日本時間の8月23日午前2時55分に行われる。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.13

三段跳世界女王・ロハスが左アキレス腱損傷 五輪連覇の夢ついえる

女子三段跳世界記録保持者のユイマール・ロハス(ベネズエラ)の五輪連覇の夢が絶たれた。 自身のSNSを更新し、病院のベッドにいる写真とともに練習中に左アキレス腱損傷を負ったことを明かし、「パリ五輪には参加できない」と綴った […]

NEWS 女王シファン・ハッサンインタビュー「好奇心を持つこと」「失敗を恐れず前を向いて」挑戦し続けるメンタリティー

2024.04.12

女王シファン・ハッサンインタビュー「好奇心を持つこと」「失敗を恐れず前を向いて」挑戦し続けるメンタリティー

東京マラソン翌日の3月4日、女子10000mとマラソンで世界歴代2位の自己記録(29分06秒82&2時間13分44秒)を持つシファン・ハッサン(オランダ)がインタビューに応じた。 東京マラソンでは2時間18分05秒で4位 […]

NEWS “キング”キプチョゲが語るマラソン「挑戦すること。人間に限界はありません」パリ五輪で目指すのは…

2024.04.12

“キング”キプチョゲが語るマラソン「挑戦すること。人間に限界はありません」パリ五輪で目指すのは…

東京マラソン翌日の3月4日、男子マラソンの前世界記録保持者で五輪2連覇中のエリウド・キプチョゲ(ケニア)がインタビューに応じた。 前日の東京マラソンで、2時間6分50秒で10位。実力を発揮できなかったものの、「東京の街に […]

NEWS 編集部コラム「マラソン大会」

2024.04.12

編集部コラム「マラソン大会」

毎週金曜日更新!? ★月陸編集部★ 広告の下にコンテンツが続きます 攻め(?)のアンダーハンド リレーコラム🔥 毎週金曜日(できる限り!)、月刊陸上競技の編集部員がコラムをアップ! 陸上界への熱い想い、日頃抱いている独り […]

NEWS 世界リレー代表選考会!出雲陸上に飯塚翔太、東田旺洋ら参戦!女子は兒玉、君嶋、鶴田ら激戦必至

2024.04.12

世界リレー代表選考会!出雲陸上に飯塚翔太、東田旺洋ら参戦!女子は兒玉、君嶋、鶴田ら激戦必至

日本グランプリシリーズの吉岡隆徳記念第78回出雲陸上が4月13、14日に行われる。今大会は5月に開かれる世界リレー(バハマ)の代表選考会を兼ねて実施。その先にはパリ五輪も待つ重要なレースとなる。グランプリ種目は男子100 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top