HOME 国内、世界陸上、日本代表
男子主将・佐藤拳太郎「日本の400mが世界に通用することを見せたい」個人はファイナル、リレーはメダル目指す
男子主将・佐藤拳太郎「日本の400mが世界に通用することを見せたい」個人はファイナル、リレーはメダル目指す

ブダペスト世界陸上日本代表男子主将の佐藤拳太郎(富士通)

日本陸連は8月8日、ブダペスト世界陸上代表選手団の結団式を行い、終了後に男子主将に選出された400m代表の佐藤拳太郎(富士通)がオンライン取材に応じた。

2大会ぶり4回目の世界陸上に挑む佐藤。「歴代の主将は結果でチームを引っ張ってこられた方々。私もまずは日本記録を更新して、日本の400mが世界に通用することを見せたい」と主将としての意気込みを語った。

広告の下にコンテンツが続きます

個人ではファイナル、4×400mリレーでは初のメダル獲得を目指す大会となる。

7月のアジア選手権では、日本歴代2位の45秒00で金メダルに輝いた。「それでも決勝は、まだ最高点ではなかった。課題の残るレースだったので、それを一つひとつ修正しているところ」と現状について口にする。

アジア選手権では予選、準決勝でスタートから80mあたりまでの加速に課題を感じ、決勝では「より骨盤の前傾を強めて加速に乗れるように」とフォームを修正。それが快走につながったという。

そのフォームでのレースは、このアジア選手権決勝の1度だけ。世界陸上に向けて「その走りを常に出せるようにすること」をテーマに掲げる。

広告の下にコンテンツが続きます

本番では、まず予選を「45秒台前半から44秒台を出して着順で通過する」ことを目指し、勝負は世界のスピードが上がる準決勝と見据える。「44秒中盤より早いタイムでないと着順通過は難しい。準決勝で勝負をかけたい」。

個人種目以上に強い思いを持って臨むのが、4×400mリレーだ。昨年のオレゴン世界選手権ではアジア初の3分切り(2分59秒51)を果たし、4位に入賞した。あと一歩届かなかったメダルに向けて、「リザーブも含めて全員の意識のベクトルを合わせることが大切」と話す。

4位メンバーの中島佑気ジョセフ(東洋大)、佐藤風雅(ミズノ)がさらに力をつけ、「過去最強」とも言われる。佐藤は前回は日本で応援する立場だったが、「しっかりと前の順位でついていったことが結果につながった」と見ている。

今回も1走から「上位争いでバトンを渡していくこと」で、「昨年以上の結果を出したい」と佐藤。「誰がどこを走るかはまだわかりませんが、全員が最高のパフォーマンスを発揮できるように準備したい」と力強く語った。

広告の下にコンテンツが続きます

ブダペスト世界陸上は8月19日から27日までの9日間の日程で行われる。

日本陸連は8月8日、ブダペスト世界陸上代表選手団の結団式を行い、終了後に男子主将に選出された400m代表の佐藤拳太郎(富士通)がオンライン取材に応じた。 2大会ぶり4回目の世界陸上に挑む佐藤。「歴代の主将は結果でチームを引っ張ってこられた方々。私もまずは日本記録を更新して、日本の400mが世界に通用することを見せたい」と主将としての意気込みを語った。 個人ではファイナル、4×400mリレーでは初のメダル獲得を目指す大会となる。 7月のアジア選手権では、日本歴代2位の45秒00で金メダルに輝いた。「それでも決勝は、まだ最高点ではなかった。課題の残るレースだったので、それを一つひとつ修正しているところ」と現状について口にする。 アジア選手権では予選、準決勝でスタートから80mあたりまでの加速に課題を感じ、決勝では「より骨盤の前傾を強めて加速に乗れるように」とフォームを修正。それが快走につながったという。 そのフォームでのレースは、このアジア選手権決勝の1度だけ。世界陸上に向けて「その走りを常に出せるようにすること」をテーマに掲げる。 本番では、まず予選を「45秒台前半から44秒台を出して着順で通過する」ことを目指し、勝負は世界のスピードが上がる準決勝と見据える。「44秒中盤より早いタイムでないと着順通過は難しい。準決勝で勝負をかけたい」。 個人種目以上に強い思いを持って臨むのが、4×400mリレーだ。昨年のオレゴン世界選手権ではアジア初の3分切り(2分59秒51)を果たし、4位に入賞した。あと一歩届かなかったメダルに向けて、「リザーブも含めて全員の意識のベクトルを合わせることが大切」と話す。 4位メンバーの中島佑気ジョセフ(東洋大)、佐藤風雅(ミズノ)がさらに力をつけ、「過去最強」とも言われる。佐藤は前回は日本で応援する立場だったが、「しっかりと前の順位でついていったことが結果につながった」と見ている。 今回も1走から「上位争いでバトンを渡していくこと」で、「昨年以上の結果を出したい」と佐藤。「誰がどこを走るかはまだわかりませんが、全員が最高のパフォーマンスを発揮できるように準備したい」と力強く語った。 ブダペスト世界陸上は8月19日から27日までの9日間の日程で行われる。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.16

森井勇磨が初サブ10で8位入賞!パリ五輪代表・大迫傑に先着する殊勲 大迫は13位/ボストンマラソン

ワールドマラソンメジャーズの一つであるボストンマラソンが米国で行われ、S.レマ(エチオピア)が2時間6分17秒(以下、速報値)で優勝した。 東京五輪6位、そしてパリ五輪代表に内定している大迫傑(Nike)が出場。やや気温 […]

NEWS クローズアップ/豊田兼「4年間で一番の目標」ハードル2種目で世界へ 慶大96年ぶりと日本初の快挙に挑戦

2024.04.15

クローズアップ/豊田兼「4年間で一番の目標」ハードル2種目で世界へ 慶大96年ぶりと日本初の快挙に挑戦

パリ五輪に向けた戦いがいよいよスタートした。春のトラック&フィールドシーズンから注目の選手を紹介する。 異色のハードラーが2種目で五輪に挑戦 日本の110mハードルには、泉谷駿介(住友電工)や村竹ラシッド(JAL)、40 […]

NEWS 躍進著しい國學院大 「今季は駅伝で3つとも狙えるところにきている」(前田監督)
PR

2024.04.15

躍進著しい國學院大 「今季は駅伝で3つとも狙えるところにきている」(前田監督)

厳しいトレーニングを可能にするコンディショニングへのこだわり 近年の國學院大學は学生駅伝で毎回のように上位に名を連ね、その存在感を確かなものにしつつある。勢いの原動力は、日々の厳しいトレーニングとそれを可能にするコンディ […]

NEWS 男女混合競歩リレー出場予定の園田世玲奈が病気のため欠場 渕瀬真寿美が入れ替わり出場/世界競歩チーム選手権

2024.04.15

男女混合競歩リレー出場予定の園田世玲奈が病気のため欠場 渕瀬真寿美が入れ替わり出場/世界競歩チーム選手権

日本陸連は4月15日、世界競歩チーム選手権(トルコ・アンタルヤ)の男女混合競歩リレーに出場を予定していた女子の園田世玲奈(NTN)が慢性萎縮性胃炎のため出場を辞退すると発表した。同種目には女子20kmで代表入りしていた渕 […]

NEWS 織田記念のエントリー発表!男子100mは坂井隆一郎、山縣亮太らが激突!三浦龍司が3000m障害に登録、ハードル、やり投ら熱戦の予感

2024.04.15

織田記念のエントリー発表!男子100mは坂井隆一郎、山縣亮太らが激突!三浦龍司が3000m障害に登録、ハードル、やり投ら熱戦の予感

4月29日に行われる織田記念(広島広域公園競技場)のエントリーリストが主催者から発表され、看板種目の男子100mには昨年の日本選手権覇者・坂井隆一郎(大阪ガス)、3月の世界室内選手権60mファイナリストの多田修平(住友電 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top