HOME 海外

2023.07.28

NTNがブダペスト世界陸上のオフィシャルパートナーに決定! 24年まで開催される世界大会もサポート
NTNがブダペスト世界陸上のオフィシャルパートナーに決定! 24年まで開催される世界大会もサポート

22年オレゴン世界選手権女子35km競歩の様子

世界陸連は7月28日、ブダペスト世界選手権(8月19日~27)のオフィシャルパートナーとして日本のNTNと契約を結んだことを発表した。

2者のスポンサー契約は24年末までとなっており、ブダペスト世界選手権の女子選手のアスリートビブス(ゼッケン)に会社ロゴを掲示するほか、世界ロードランニング選手権(9月30日~10月1日/ラトビア)と世界競歩チーム選手権(24年3月20日~21日/トルコ)などもサポートするという。

世界陸連のセバスチャン・コー会長は「NTNが私たち陸上競技のパートナーに来てくれたことを歓迎します。男女共同参画については我々の重要な柱であり、NTNが女子競技を支援してくれることを嬉しく思います」と感謝の気持ちを述べた。

NTNの鵜飼英一代表執行役 執行役社長 CEOは「創業以来、挑戦し続ける「開拓者精神」と社会とともに発展する『共存共栄精神』の2つの創業者精神を胸に、『新しい技術の創造と新商品の開発を通じて国際社会に貢献する』という企業理念のもと、グローバルで事業を展開しています。世界陸上の協賛を通じて、トップアスリート達の挑戦を応援し、世界陸上競技選手権大会を盛り上げるとともに、スポーツ振興や国際交流に貢献してまいります」とコメントしている。

NTNは1918年に三重県桑名市で創業。機械部品であるベアリング(軸受け)の製造企業として、世界4位のシェアを誇っている。

陸上競技との関わりも深く、1950年に陸上部を創部(当時は東洋ベアリング)。創部当初から日本実業団対抗選手権などでトラックやフィールド種目などで活躍してきた。全日本実業団対抗駅伝には第1回大会から出場を重ね、今年1月には58回目の出場を果たしている。

国際大会では68年メキシコ五輪に鈴木従道と三浦信由が出場。86年アジア大会3000m障害では愛敬重之が金メダルに輝いている。また、昨年のオレゴン世界選手権女子35km競歩では園田世玲奈が9位と健闘。園田はブダペスト世界選手権の代表にも内定している。

世界陸連は7月28日、ブダペスト世界選手権(8月19日~27)のオフィシャルパートナーとして日本のNTNと契約を結んだことを発表した。 2者のスポンサー契約は24年末までとなっており、ブダペスト世界選手権の女子選手のアスリートビブス(ゼッケン)に会社ロゴを掲示するほか、世界ロードランニング選手権(9月30日~10月1日/ラトビア)と世界競歩チーム選手権(24年3月20日~21日/トルコ)などもサポートするという。 世界陸連のセバスチャン・コー会長は「NTNが私たち陸上競技のパートナーに来てくれたことを歓迎します。男女共同参画については我々の重要な柱であり、NTNが女子競技を支援してくれることを嬉しく思います」と感謝の気持ちを述べた。 NTNの鵜飼英一代表執行役 執行役社長 CEOは「創業以来、挑戦し続ける「開拓者精神」と社会とともに発展する『共存共栄精神』の2つの創業者精神を胸に、『新しい技術の創造と新商品の開発を通じて国際社会に貢献する』という企業理念のもと、グローバルで事業を展開しています。世界陸上の協賛を通じて、トップアスリート達の挑戦を応援し、世界陸上競技選手権大会を盛り上げるとともに、スポーツ振興や国際交流に貢献してまいります」とコメントしている。 NTNは1918年に三重県桑名市で創業。機械部品であるベアリング(軸受け)の製造企業として、世界4位のシェアを誇っている。 陸上競技との関わりも深く、1950年に陸上部を創部(当時は東洋ベアリング)。創部当初から日本実業団対抗選手権などでトラックやフィールド種目などで活躍してきた。全日本実業団対抗駅伝には第1回大会から出場を重ね、今年1月には58回目の出場を果たしている。 国際大会では68年メキシコ五輪に鈴木従道と三浦信由が出場。86年アジア大会3000m障害では愛敬重之が金メダルに輝いている。また、昨年のオレゴン世界選手権女子35km競歩では園田世玲奈が9位と健闘。園田はブダペスト世界選手権の代表にも内定している。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.14

4×100mRパリ五輪で悲願の金へ!桐生祥秀「もう一回メダル取りたい」栁田「2走は僕の区間」

日本陸連は7月12日、パリ五輪の男子4×100mリレーの練習を公開した。 今回参加したのは100mで代表入りした坂井隆一郎(大阪ガス)、東田旺洋(関彰商事)、200m代表の鵜澤飛羽(筑波大)、上山紘輝(住友電工)、飯塚翔 […]

NEWS 東大阪大敬愛高が4×800mRで日本新!日本選手権Vの久保凛 2分01秒台の激走に「自信になります」

2024.07.13

東大阪大敬愛高が4×800mRで日本新!日本選手権Vの久保凛 2分01秒台の激走に「自信になります」

7月13日、東大阪市第2回OV30陸上競技記録会が東大阪市のトライスタジアム(花園中央公園多目的競技場)で行われ、女子4×800mリレーに東大阪大敬愛高(大阪)の2チームが出場。北村凜(3年)、朝野流南(2年)、田村実彩 […]

NEWS 五輪代表・樺沢和佳奈 3000m8分53秒99の自己新! 後藤夢も8分台 男子3000mは中野翔太がトップ/ホクレンDC士別

2024.07.13

五輪代表・樺沢和佳奈 3000m8分53秒99の自己新! 後藤夢も8分台 男子3000mは中野翔太がトップ/ホクレンDC士別

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第3戦の士別大会が7月13日に行われ、女子3000mAではパリ五輪5000m代表の樺沢和佳奈(三井住友海上)が8分53秒99の自己新をマークした。 6月末の日本選手権以来のレースと […]

NEWS 男子走高跳のバルシム「パリが最後の五輪」と表明 東京五輪金メダリスト

2024.07.13

男子走高跳のバルシム「パリが最後の五輪」と表明 東京五輪金メダリスト

7月12日、男子走高跳のM.E.バルシム(カタール)が自身のSNSを更新し、「パリ五輪が自身最後の五輪になる」と発表した。 6月に33歳となったバルシムは男子走高跳を長く牽引してきたジャンパー。2010年の世界ジュニア選 […]

NEWS 男子走幅跳・城山正太郎がシーズンベストでV 100mHオープン参加の寺田明日香13秒14/北海道選手権

2024.07.13

男子走幅跳・城山正太郎がシーズンベストでV 100mHオープン参加の寺田明日香13秒14/北海道選手権

7月13日、第97回北海道選手権の初日が網走市運動公園市営陸上競技場で行われ、男子走幅跳に日本記録保持者の城山正太郎(ゼンリン)が出場し、シーズンベストの7m86(+1.7)で優勝した。 昨年の世界選手権代表の城山。今季 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top