HOME 国内、大学、日本代表
男子200m鵜澤飛羽が自己新V 男子5000mは遠藤日向、塩尻和弥がワン・ツーで世界近づく 村山裕太郎、ディーン元気、山本有真もV飾る/アジア選手権
男子200m鵜澤飛羽が自己新V 男子5000mは遠藤日向、塩尻和弥がワン・ツーで世界近づく 村山裕太郎、ディーン元気、山本有真もV飾る/アジア選手権

アジア選手権男子200mで金メダルを獲得した鵜澤飛羽

◇第25回アジア選手権(7月12日~16日/タイ・バンコク)5日目

アジア選手権の最終日がタイ・バンコクで行われ、日本勢は5つの金を含む8個のメダルを獲得した。

広告の下にコンテンツが続きます

午前中に行われた男女20km競歩。男子の村山裕太郎(富士通)は1時間24分41秒で優勝。5km付近から抜け出すと、中国勢などを追い上げを許さなかった。

大学時代に両膝を疲労骨折。一時は練習からも遠ざかったが、ケガが癒えると徐々に実力を発揮。今年2月の全日本競歩能美大会で2位に入り、アジア選手権代表の座をつかんだ。世界一とも言われる“日本の競歩”の看板を背負って臨んだ初の代表レースで見事に結果を残した。

一方の学生の2人で挑んだ女子は梅野倖子(順大)が1時間36分18秒で銅メダルを獲得。内藤未唯(神奈川大)も粘りを見せて1時間37分35秒の4位となり、貴重な経験を積むことができた。

午後は11種目で決勝が行われ、男子200mでは鵜澤飛羽(筑波大)が20秒23(-0.4)の大会新記録で優勝を飾った。「タイムにこだわらず勝ちを狙って臨みました」と話すが、優勝タイムは日本歴代8位タイ、日本学生歴代2位の好タイム。アジア記録保持者の謝震業(中国)や大会記録保持者のフェミ・オグノデ(カタール)を抑えての優勝となり、世界に挑む準備は整った。

広告の下にコンテンツが続きます

また、3位には上山紘輝(住友電工)が入り、世界選手権出場に一歩前進している。

男子5000mは遠藤日向(住友電工)が大会記録まで0.47秒と迫る13分34秒94で優勝。4200mまで塩尻和也(富士通)とのマッチレースとなったが、ラスト2周でスパートを仕掛けて抜け出した。それでも「まだ強さが足りない」と満足はしない。

13分43秒92で2位に入った塩尻とともに、ワールドランキングは上昇する見込みだが、この種目は参加標準記録突破者が増えており、まだ確定とは言い切れない状況。世界と戦うには一層のレベルアップが求められる。

女子5000mの山本有真(積水化学)は15分51秒16で、この種目では日本勢初優勝を飾った。格上の選手を相手に自ら仕掛けての優勝には価値があり、本人も「90点くらい」と笑顔で及第点を付けた。来月の世界選手権に向けては「出るだけじゃなく、しっかり戦えるように挑戦していきたい」と、アジアでの勝利をステップに、さらなる躍進を誓った。

広告の下にコンテンツが続きます

また、男子やり投ではオレゴン世界選手権9位のディーン元気(ミズノ)が実力を発揮。4投目に83m15のシーズンベストも「ピークは世界選手権」とさらなる上積みを目指す。また同期の新井涼平(スズキ)は72m43で5位だった。

このほか、男子棒高跳では柄澤智哉(日体大)が5m51で4位。女子200mでは鶴田玲美(南九州ファミリーマート)が23秒48(+0.1)で4位入賞を果たし、君嶋愛梨沙(土木管理総合)はコーナーでアクシデントが発生し、減速して28秒00の8位に終わった。

女子800mは池崎愛里(ダイソー)が2分04秒21で4位、塩見綾乃(岩谷産業)が2分04秒25で5位とメダルに惜しくも届かず。女子砲丸投では郡菜々佳(新潟アルビレックスRC)が16m02で7位。男子800mは日本記録保持者の川元奨(スズキ)が1分49秒59で8位となった。日本勢の最後の種目となった女子4×400mリレーは久保山晴菜(今村病院)、松本奈菜子(東邦銀行)、青野朱李(NDソフト)、山本亜美(立命大)とつなぎ、3分35秒26で4位に入っている。

5日間の大会がすべて終わり、日本は46種目のうち金メダル16個、銀メダル11個、銅メダル10個の計37個のメダルを獲得。金メダルと総メダル獲得数は参加国中トップに輝いた。メダルテーブルで日本がトップに立つのは1981年の第4回東京大会以来42年ぶりとなる。

広告の下にコンテンツが続きます

日本はアジア選手権を重要視しなかった時期もあったが、世界選手権や五輪への出場要件にワールドランキングが用いられることから方針を転換。トップ選手を積極的に派遣し、選手たちも結果で応えた。

高温多湿、日本と比べて柔らかいトラックなど条件は決して良いとは言えないなかで、各種目でハイレベルな記録が誕生。今大会で得たポイントは今年のブダペスト世界選手権だけでなく、来年のパリ五輪に向けても有効となる。また、学生など若手選手が活躍したことは25年の東京世界選手権に向けても明るい材料となった。

アジアで大きく飛躍した日本が、いよいよ世界に挑戦する。

なお、次回のアジア選手権は25年に韓国・亀尾(クミ)で行われる。

広告の下にコンテンツが続きます
◇第25回アジア選手権(7月12日~16日/タイ・バンコク)5日目 アジア選手権の最終日がタイ・バンコクで行われ、日本勢は5つの金を含む8個のメダルを獲得した。 午前中に行われた男女20km競歩。男子の村山裕太郎(富士通)は1時間24分41秒で優勝。5km付近から抜け出すと、中国勢などを追い上げを許さなかった。 大学時代に両膝を疲労骨折。一時は練習からも遠ざかったが、ケガが癒えると徐々に実力を発揮。今年2月の全日本競歩能美大会で2位に入り、アジア選手権代表の座をつかんだ。世界一とも言われる“日本の競歩”の看板を背負って臨んだ初の代表レースで見事に結果を残した。 一方の学生の2人で挑んだ女子は梅野倖子(順大)が1時間36分18秒で銅メダルを獲得。内藤未唯(神奈川大)も粘りを見せて1時間37分35秒の4位となり、貴重な経験を積むことができた。 午後は11種目で決勝が行われ、男子200mでは鵜澤飛羽(筑波大)が20秒23(-0.4)の大会新記録で優勝を飾った。「タイムにこだわらず勝ちを狙って臨みました」と話すが、優勝タイムは日本歴代8位タイ、日本学生歴代2位の好タイム。アジア記録保持者の謝震業(中国)や大会記録保持者のフェミ・オグノデ(カタール)を抑えての優勝となり、世界に挑む準備は整った。 また、3位には上山紘輝(住友電工)が入り、世界選手権出場に一歩前進している。 男子5000mは遠藤日向(住友電工)が大会記録まで0.47秒と迫る13分34秒94で優勝。4200mまで塩尻和也(富士通)とのマッチレースとなったが、ラスト2周でスパートを仕掛けて抜け出した。それでも「まだ強さが足りない」と満足はしない。 13分43秒92で2位に入った塩尻とともに、ワールドランキングは上昇する見込みだが、この種目は参加標準記録突破者が増えており、まだ確定とは言い切れない状況。世界と戦うには一層のレベルアップが求められる。 女子5000mの山本有真(積水化学)は15分51秒16で、この種目では日本勢初優勝を飾った。格上の選手を相手に自ら仕掛けての優勝には価値があり、本人も「90点くらい」と笑顔で及第点を付けた。来月の世界選手権に向けては「出るだけじゃなく、しっかり戦えるように挑戦していきたい」と、アジアでの勝利をステップに、さらなる躍進を誓った。 また、男子やり投ではオレゴン世界選手権9位のディーン元気(ミズノ)が実力を発揮。4投目に83m15のシーズンベストも「ピークは世界選手権」とさらなる上積みを目指す。また同期の新井涼平(スズキ)は72m43で5位だった。 このほか、男子棒高跳では柄澤智哉(日体大)が5m51で4位。女子200mでは鶴田玲美(南九州ファミリーマート)が23秒48(+0.1)で4位入賞を果たし、君嶋愛梨沙(土木管理総合)はコーナーでアクシデントが発生し、減速して28秒00の8位に終わった。 女子800mは池崎愛里(ダイソー)が2分04秒21で4位、塩見綾乃(岩谷産業)が2分04秒25で5位とメダルに惜しくも届かず。女子砲丸投では郡菜々佳(新潟アルビレックスRC)が16m02で7位。男子800mは日本記録保持者の川元奨(スズキ)が1分49秒59で8位となった。日本勢の最後の種目となった女子4×400mリレーは久保山晴菜(今村病院)、松本奈菜子(東邦銀行)、青野朱李(NDソフト)、山本亜美(立命大)とつなぎ、3分35秒26で4位に入っている。 5日間の大会がすべて終わり、日本は46種目のうち金メダル16個、銀メダル11個、銅メダル10個の計37個のメダルを獲得。金メダルと総メダル獲得数は参加国中トップに輝いた。メダルテーブルで日本がトップに立つのは1981年の第4回東京大会以来42年ぶりとなる。 日本はアジア選手権を重要視しなかった時期もあったが、世界選手権や五輪への出場要件にワールドランキングが用いられることから方針を転換。トップ選手を積極的に派遣し、選手たちも結果で応えた。 高温多湿、日本と比べて柔らかいトラックなど条件は決して良いとは言えないなかで、各種目でハイレベルな記録が誕生。今大会で得たポイントは今年のブダペスト世界選手権だけでなく、来年のパリ五輪に向けても有効となる。また、学生など若手選手が活躍したことは25年の東京世界選手権に向けても明るい材料となった。 アジアで大きく飛躍した日本が、いよいよ世界に挑戦する。 なお、次回のアジア選手権は25年に韓国・亀尾(クミ)で行われる。

【動画】鵜澤飛羽が金メダル、上山紘輝が銅メダルを獲得した男子200m

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.14

大迫傑 GMOインターネットGとの契約は8月末で満了「スケジュール考慮」し継続せず

ボストンマラソンに出場する大迫傑(Nike)が自身のSNSを更新し、GMOインターネットグループとのパートナーシップ契約をを更新しないことを明かした。 大迫は22年秋に同チームとパートナーシップ契約を締結し、チームに参画 […]

NEWS サニブラウン 2レース連続10秒0台!ライルズらを中盤までリードし10秒04

2024.04.14

サニブラウン 2レース連続10秒0台!ライルズらを中盤までリードし10秒04

トム・ジョーンズ招待が米国・フロリダ州で行われ、男子100mにサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)が出場。10秒04(+1.7)をマークした。 昨年のブダペスト世界選手権で100m、200mを制しているノア・ライルズ […]

NEWS 【男子110mH】髙城昊紀(宮崎西高1)14秒32=高1歴代3位タイ

2024.04.14

【男子110mH】髙城昊紀(宮崎西高1)14秒32=高1歴代3位タイ

4月13日、第1回宮崎県記録会の1日目が宮崎市の宮崎県総合運動公園競技場で行われ、男子110mハードルで高校1年生の髙城昊紀(宮崎西高)が14秒32(+0.8)をマークした。この記録は高1歴代3位タイとなる。 髙城は昨年 […]

NEWS 五輪マラソン代表の赤﨑暁が5000mサードベストの13分30秒62 女子3000mは山本有真がV/金栗記念

2024.04.14

五輪マラソン代表の赤﨑暁が5000mサードベストの13分30秒62 女子3000mは山本有真がV/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、男子5000mにパリ五輪マラソン代表の赤﨑暁(九電工)が出場し、13分30秒62と自己3番 […]

NEWS 学法石川高・増子陽太が5000m13分34秒60の高2最高!!「海外の選手にも負けない気持ちで臨んだ」/日体大長距離競技会

2024.04.13

学法石川高・増子陽太が5000m13分34秒60の高2最高!!「海外の選手にも負けない気持ちで臨んだ」/日体大長距離競技会

4月13日、第312回日体大長距離競技会が神奈川県の日体大健志台競技場で行われ、男子5000mの最終組で6着に入った増子陽太(学法石川高2福島)が高校歴代6位、高2歴代最高となる13分34秒60をマークした。 増子は鏡石 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top