HOME 国内

2023.07.09

田中希実5000m14分53秒60!!!フィンランドで日本歴代3位、5秒も自己新!ブダペスト世界陸上標準突破!
田中希実5000m14分53秒60!!!フィンランドで日本歴代3位、5秒も自己新!ブダペスト世界陸上標準突破!

田中希実(New Balance)

女子5000m日本歴代10傑と田中希実の自己記録

●女子5000m日本歴代
14.52.84 廣中璃梨佳(日本郵政グループ) 2021. 8. 2
14.53.22 福士加代子(ワコール)     2005. 7. 8
14.53.60 田中 希実(New Balance) 2023. 7. 7
14.55.83 新谷 仁美(積水化学)     2020. 9.20
14.59.36 萩谷  楓(エディオン)    2021. 9.26
15.02.48 木村 友香(資生堂)      2021.12.10
15.03.67 弘山 晴美(資生堂)      1998. 8. 5
15.05.37 小林祐梨子(豊田自動織機)   2008.10.18
15.06.07 赤羽有紀子(ホクレン)     2008. 7.13
15.06.66 一山 麻緒(ワコール)     2020. 7.18

●田中希実の自己ベスト
800m 2.02.36=日本歴代5位
1000m 2.37.33=日本記録
1500m 3.59.19=日本記録
3000m 8分40秒84=日本記録
5000m 14.53.60=日本歴代3位
10000m 31分59秒89

女子1500m日本記録(3分59秒19)を持つ田中希実(New Balance)が7月8日、フィンランド・オウルで行われた世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ブロンズの「Motonet GP」の女子5000mに出場した。 1000mを3分04秒、2000mを6分06秒ほどで通過。3000mは9分09秒だった。ラスト1000mは2分50秒を切るハイラップを見せ、14分53秒60と5秒も自己記録を更新する、日本歴代3位をマークしてトップだった。 この結果、ブダペスト世界選手権の参加標準記録14分57秒00を突破。代表選考条件を満たしたため事実上、3大会連続の世界選手権出場を決めた。 田中は5000mでドーハ世界選手権、東京五輪、オレゴン世界選手権に出場。これまでのベストは昨年9月に出した14分58秒60だった。 2日前には同シリーズのヨエンスー大会1500mに出場。4分07秒05のシーズンベストで組トップだった。田中は7月12日からのアジア選手権(タイ・バンコク)の1500mでも代表入りしている。

女子5000m日本歴代10傑と田中希実の自己記録

●女子5000m日本歴代 14.52.84 廣中璃梨佳(日本郵政グループ) 2021. 8. 2 14.53.22 福士加代子(ワコール)     2005. 7. 8 14.53.60 田中 希実(New Balance) 2023. 7. 7 14.55.83 新谷 仁美(積水化学)     2020. 9.20 14.59.36 萩谷  楓(エディオン)    2021. 9.26 15.02.48 木村 友香(資生堂)      2021.12.10 15.03.67 弘山 晴美(資生堂)      1998. 8. 5 15.05.37 小林祐梨子(豊田自動織機)   2008.10.18 15.06.07 赤羽有紀子(ホクレン)     2008. 7.13 15.06.66 一山 麻緒(ワコール)     2020. 7.18 ●田中希実の自己ベスト 800m 2.02.36=日本歴代5位 1000m 2.37.33=日本記録 1500m 3.59.19=日本記録 3000m 8分40秒84=日本記録 5000m 14.53.60=日本歴代3位 10000m 31分59秒89

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.25

P-T-Sミーティング・女子走幅跳で秦澄美鈴が2位 男子200m西裕大が3位/WAコンチネンタルツアー

【写真】現地試合会場での秦の様子をチェック! 5/24 結果 大会名 P-T-S meeting会場 SNP(スロバキア) 秦 澄美鈴走幅跳 6m52 第2位 ご声援ありがとうございました。#住友電工陸上競技部 pic. […]

NEWS 女子10000m競歩・柳井綾音が日本学生新でV3! 「この場で記録を出すことができてうれしい」/関西IC

2024.05.25

女子10000m競歩・柳井綾音が日本学生新でV3! 「この場で記録を出すことができてうれしい」/関西IC

女子10000m競歩の学生歴代10傑をチェック! 女子10000m競歩 44.21.85 柳井綾音(立命大3) 2024. 5.25 44.34.13 岡田久美子(立大1) 2010.10. 4 44.52.90 渕瀬真 […]

NEWS 米国留学の石井優吉が800mで1分46秒22! 日本人男子でサニブラウン以来の全米学生選手権へ

2024.05.25

米国留学の石井優吉が800mで1分46秒22! 日本人男子でサニブラウン以来の全米学生選手権へ

【写真】全米学生選手権出場を決めた石井優吉 M 800m (Quarterfinal) WHAT A RACE🤯 Handal and Yuki drop huge times in the 800 quarterfin […]

NEWS 女子やり投・篠田佳奈が自己新V 57m63で堂々3連覇 「60m近くの感触があった」/関西IC

2024.05.25

女子やり投・篠田佳奈が自己新V 57m63で堂々3連覇 「60m近くの感触があった」/関西IC

◇第101回関西インカレ(5月22日~25日/京都・たけびしスタジアム京都) 関西インカレのT&Fの部3日目が行われ、女子やり投で4年生の篠田佳奈(京大)が4投目に57m63の自己ベストを投げ大会3連覇を飾った。 昨年は […]

NEWS サニブラウン主催「DAWN GAMES」本格始動!小中高100m大会、6月に東西で予選

2024.05.24

サニブラウン主催「DAWN GAMES」本格始動!小中高100m大会、6月に東西で予選

男子100m2大会連続世界選手権ファイナリストのサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)と契約するマネジメント会社UDN SPORTSは、小中高生を対象とした100mの競技会「DAWN GAMES(ドーンゲームス)」を開 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top