HOME 国内

2023.07.01

100mH福部真子 シーズンベストの12秒90でV!「モヤモヤ少し払拭できた」/実業団学生対抗
100mH福部真子 シーズンベストの12秒90でV!「モヤモヤ少し払拭できた」/実業団学生対抗

23年実業団・学生対抗女子100mHで優勝した福部真子(左)

◇秩父宮賜杯第63回実業団・学生対抗(7月1日/神奈川県平塚市・レモンガススタジアム平塚)

日本グランプリシリーズの実業団・学生対抗(2023オールスターナイト陸上)が行われ、女子100mハードルは福部真子(日本建設工業)が12秒90(-0.9)をマークして優勝した。

広告の下にコンテンツが続きます

「リズムはまだまだですが、前半から出られましたし、向かい風で12秒90なら12秒8から7は見えてくると思います」と福部。シーズンベストでの今季初タイトルに「やっと、ですね」と笑った。

昨年はオレゴン世界選手権で準決勝に進出。9月には12秒73の日本記録を樹立してただ1人ブダペスト世界選手権の参加標準記録(12秒78)を突破した。しかし、パリ五輪のファイナルを見据える中で12秒5を切る取り組みをし、その結果、技術が噛み合わずに日本選手権で4位。3位以内で得られた代表内定を逃した。

1週間前に布勢スプリントに出てからは「これで大丈夫かなというくらい休んだ」。これまで「脳も身体も疲れていた」ところがリフレッシュできたことで、「今日は自分のレースができたので、モヤモヤが少し払拭できました」と安堵した。

アジア選手権、アジア大会の代表も逃し、ブダペスト世界選手権は他の選手次第だが出場は厳しい状況にある。そのため、パリ五輪の参加標準記録(12秒77)有効期間が始まった7月はフランス、イタリア、スイス、スペインと覚悟の欧州転戦。「久しぶりに海外のスピード感、追いかける走り。12秒7台くらいは狙っていきたい」。

広告の下にコンテンツが続きます

涙に暮れた日本選手権から1ヵ月。不屈のハードル女王は逆境から再び世界へと這い上がる準備に入る。

◇秩父宮賜杯第63回実業団・学生対抗(7月1日/神奈川県平塚市・レモンガススタジアム平塚) 日本グランプリシリーズの実業団・学生対抗(2023オールスターナイト陸上)が行われ、女子100mハードルは福部真子(日本建設工業)が12秒90(-0.9)をマークして優勝した。 「リズムはまだまだですが、前半から出られましたし、向かい風で12秒90なら12秒8から7は見えてくると思います」と福部。シーズンベストでの今季初タイトルに「やっと、ですね」と笑った。 昨年はオレゴン世界選手権で準決勝に進出。9月には12秒73の日本記録を樹立してただ1人ブダペスト世界選手権の参加標準記録(12秒78)を突破した。しかし、パリ五輪のファイナルを見据える中で12秒5を切る取り組みをし、その結果、技術が噛み合わずに日本選手権で4位。3位以内で得られた代表内定を逃した。 1週間前に布勢スプリントに出てからは「これで大丈夫かなというくらい休んだ」。これまで「脳も身体も疲れていた」ところがリフレッシュできたことで、「今日は自分のレースができたので、モヤモヤが少し払拭できました」と安堵した。 アジア選手権、アジア大会の代表も逃し、ブダペスト世界選手権は他の選手次第だが出場は厳しい状況にある。そのため、パリ五輪の参加標準記録(12秒77)有効期間が始まった7月はフランス、イタリア、スイス、スペインと覚悟の欧州転戦。「久しぶりに海外のスピード感、追いかける走り。12秒7台くらいは狙っていきたい」。 涙に暮れた日本選手権から1ヵ月。不屈のハードル女王は逆境から再び世界へと這い上がる準備に入る。

【動画】福部真子と寺田明日香のマッチレース!女子100mHをチェック!

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.22

JMCシリーズの順位修正 山下一貴が4位へ、西山、大迫の順位が下がる ブダペスト世界陸上9位のドーピング違反により

日本陸連はジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズⅢ(22年4月~24年3月)の順位に修正があったことを発表した。 昨年のブダペスト世界選手権で9位に入ったジョン・ハキジマナ(ルワンダ)のドーピング違反が11 […]

NEWS ブダペスト世界陸上マラソン9位のハキジマナがドーピング違反失格により、山下一貴、其田健也、西山和弥の順位がアップ

2024.04.22

ブダペスト世界陸上マラソン9位のハキジマナがドーピング違反失格により、山下一貴、其田健也、西山和弥の順位がアップ

昨年11月30日にアスリート・インテグリティー・ユニット(AIU、世界陸連の独立不正監査機関)が、男子マラソンでルワンダ記録を持つジョン・ハキジマナのドーピング違反(禁止物質:トリアムシノロンアセトニド陽性)により23年 […]

NEWS マラソンリレーはF.フォルトゥナート、V.トラプレッティのイタリア2が優勝/世界競歩チーム選手権

2024.04.22

マラソンリレーはF.フォルトゥナート、V.トラプレッティのイタリア2が優勝/世界競歩チーム選手権

◇第30回世界競歩チーム選手権(4月21日/トルコ・アンタルヤ) 世界競歩チーム選手権が開催され、新種目のマラソンリレーはイタリア2(F.フォルトゥナート、V.トラプレッティ)が2時間56分45秒で優勝した。 広告の下に […]

NEWS 堀尾謙介がM&Aベストパートナーズと所属契約 1月に九電工を退部しプロランナーに

2024.04.22

堀尾謙介がM&Aベストパートナーズと所属契約 1月に九電工を退部しプロランナーに

M&Aベストパートナーズは、堀尾謙介と所属契約を交わしたことを発表した。 東京五輪、パリ五輪の代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)に出場している堀尾。兵庫・須磨学園高出身で、中大時代には主力として活躍し […]

NEWS 17歳ミラーが100m9秒97!! 自己記録を一気に0.13秒更新!ブロメルのU20米国記録を破る

2024.04.22

17歳ミラーが100m9秒97!! 自己記録を一気に0.13秒更新!ブロメルのU20米国記録を破る

4月20日に米国で開催されたPURE招待で、17歳のC.ミラー(米国)が9秒93(+1.6)の今季世界最高、U20米国新、U20歴代3位の好記録で優勝した。従来の米国記録は、のちに世界選手権で銅メダルを獲得するT.ブロメ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top