HOME 国内

2023.07.01

100mH福部真子 シーズンベストの12秒90でV!「モヤモヤ少し払拭できた」/実業団学生対抗
100mH福部真子 シーズンベストの12秒90でV!「モヤモヤ少し払拭できた」/実業団学生対抗

23年実業団・学生対抗女子100mHで優勝した福部真子(左)

【動画】福部真子と寺田明日香のマッチレース!女子100mHをチェック!

◇秩父宮賜杯第63回実業団・学生対抗(7月1日/神奈川県平塚市・レモンガススタジアム平塚) 日本グランプリシリーズの実業団・学生対抗(2023オールスターナイト陸上)が行われ、女子100mハードルは福部真子(日本建設工業)が12秒90(-0.9)をマークして優勝した。 「リズムはまだまだですが、前半から出られましたし、向かい風で12秒90なら12秒8から7は見えてくると思います」と福部。シーズンベストでの今季初タイトルに「やっと、ですね」と笑った。 昨年はオレゴン世界選手権で準決勝に進出。9月には12秒73の日本記録を樹立してただ1人ブダペスト世界選手権の参加標準記録(12秒78)を突破した。しかし、パリ五輪のファイナルを見据える中で12秒5を切る取り組みをし、その結果、技術が噛み合わずに日本選手権で4位。3位以内で得られた代表内定を逃した。 1週間前に布勢スプリントに出てからは「これで大丈夫かなというくらい休んだ」。これまで「脳も身体も疲れていた」ところがリフレッシュできたことで、「今日は自分のレースができたので、モヤモヤが少し払拭できました」と安堵した。 アジア選手権、アジア大会の代表も逃し、ブダペスト世界選手権は他の選手次第だが出場は厳しい状況にある。そのため、パリ五輪の参加標準記録(12秒77)有効期間が始まった7月はフランス、イタリア、スイス、スペインと覚悟の欧州転戦。「久しぶりに海外のスピード感、追いかける走り。12秒7台くらいは狙っていきたい」。 涙に暮れた日本選手権から1ヵ月。不屈のハードル女王は逆境から再び世界へと這い上がる準備に入る。

【動画】福部真子と寺田明日香のマッチレース!女子100mHをチェック!

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.19

200mVの鵜澤飛羽はフィニッシュ後に転倒し救急車で搬送/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、男子200mは鵜澤飛羽(筑波大)が20秒40(-0.3)で優勝した。 […]

NEWS 走幅跳・橋岡優輝は「次につながる」7m97で4位 パリ五輪標準突破済み/セイコーGGP

2024.05.19

走幅跳・橋岡優輝は「次につながる」7m97で4位 パリ五輪標準突破済み/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、男子走幅跳は張溟鯤(中国)が8m13(+0.4)をマークして優勝した。 […]

NEWS 男子100m坂井隆一郎 ケイレンで最下位も大事には至らず「まだ身体がついてこなかった」/セイコーGGP

2024.05.19

男子100m坂井隆一郎 ケイレンで最下位も大事には至らず「まだ身体がついてこなかった」/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、男子100mで昨年の日本選手権覇者・坂井隆一郎(大阪ガス)は、スタート […]

NEWS 北口榛花 またラストで逆転Vで昨年から10連勝!!「まだちょっと足りない」3年前涙に暮れた国立で貫禄/セイコーGGP

2024.05.19

北口榛花 またラストで逆転Vで昨年から10連勝!!「まだちょっと足りない」3年前涙に暮れた国立で貫禄/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、女子やり投は北口榛花(JAL)が63m45のシーズンベストを投げて優勝 […]

NEWS 女子100mH田中佑美は12秒90の2位「タイムが出たことは評価したい」/セイコーGGP

2024.05.19

女子100mH田中佑美は12秒90の2位「タイムが出たことは評価したい」/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、女子100mハードルで田中佑美(富士通)が12秒90(-0.6)で2位 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top